アルギニンの実感力は?ED改善+ペニス増大力を徹底検証!有効活用で男の自信奪還

アルギニンの効果は?ED改善+ペニス増大を徹底検証!有効活用で男の自信奪還

アミノ酸の一種である「アルギニン」は、その優れた血流改善実感により、EDに悩む男性にとって救世主ともいえる成分。

しかも勃起不全の改善だけでなく、ペニスを増大させる実感も期待できるんです!

アルギニンを豊富に含む食品には肉類や海老などの魚介類、大豆製品などがありますが、それらを食べることで十分な量を摂取することができるのか?

マカやクラチャイダムといった植物に豊富に含まれ、様々なサプリメントや精力剤の原料として配合されているけれど、どんな商品を選べば良いのか?

高い実感が期待できるだけに、ぜひ積極的に摂取したい「アルギニン」ですが、実感的な摂取方法が分からない、という方も多いのではないでしょうか。

そこでここでは、アルギニンの効率的な摂取方法と共に、ペニス増大実感との関連性について紹介していきます。

アルギニンとは

筋肉増強や免疫力強化に欠かせない、準必須アミノ酸の1つ
筋肉増強や免疫力強化に欠かせない、準必須アミノ酸の1つ。血管を拡張させる一酸化窒素を発生させて血行を促進、動脈硬化や生活習慣病の予防・改善に寄与します。

また、男性ホルモン・テストステロンの生成に不可欠な成分でもあり、男性機能の回復に高い実感を発揮することでも知られています。

ただし、アルギニン単体では体内でその力を発揮することができないため、十分な実感を得るためにはシトルリンなど別のアミノ酸と同時に摂取する必要があります。

おすすめ記事:

シトルリンは男の自信を取り戻す必須成分!ペニス増大以外の驚異の作用とは?

2017.08.20

100年以上前から注目されるアルギニン

1886年にドイツの研究者によって発見されたアルギニン。当時から、マカやクラチャイダム、ヨヒンビンやムイラプアマなどの植物に含まれるアルギニンが男性機能の回復や滋養強壮実感があることはよく知られていました。

1998年には更に研究が進み、アルギニンには一酸化窒素を生成し、血管を拡張させる作用があることが解明されました。つい20年ほど前のことです。

この研究を行った3人の研究者はノーベル医学生理学賞を受賞しており、アルギニンの血流改善作用の解明が人類にとっていかに重要な発見だったかが伺えます。

おすすめ記事:ダントツのアルギニン量配合

バイタルアンサーの口コミと実感力をレビュー【バイタル対談】

2017.08.13

アルギニンの主な実感

血流を改善することによって様々な実感を発揮するアルギニンですが、特に注目されているのが以下の作用です。

  1. 血管拡張実感による動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞の予防・改善
  2. 成長ホルモンの分泌促進による筋肉・骨の成長
  3. 体質改善による免疫力アップ
  4. 代謝機能向上による肥満の予防・改善
  5. 毛細血管の血流改善による薄毛の予防・改善
  6. ペニスへの血流量増加・男性ホルモンの分泌促進による男性機能の回復

その他にも、不妊症や認知症の予防、コラーゲンの生成促進による美容面への実感なども期待されており、様々な研究が進められています。

アルギニンの作用とEDの改善実感

アルギニンの作用とEDの改善実感

アルギニンがED(インポ)の改善に実感的と言える理由は以下の通りです。

その1 血流促進作用

血流と勃起のメカニズム

勃起は大量の血液がペニス内部の陰茎海綿体に流れ込むことで起こり、海綿体の性脈が圧迫されることで維持されます。

要するに、ペニスにどれだけ多量の血液が速やかに流れ込むかが、十分な勃起を得るためのカギになるということ。

そのため、血液がドロドロで流れが悪かったり、血管が老化して血流が滞っていると、ペニスは硬く勃起することができずEDを発症してしまうのです。

アルギニンの血管拡張作用とは

アルギニンの最も注目されている作用は血管拡張実感。体内で一酸化窒素を生成し、血管を広げて血流を促進します。

大量の血液を必要とする勃起にとって、血流の確保は最重要項目。そのため高い血行改善実感を持つアルギニンは、EDの改善に必要不可欠な成分と言われているのです。

血流改善によるED解消および体質改善実感

EDはストレスや過度な自慰行為、生活習慣の乱れなどによって引き起こされるといわれていますが、具体的な原因として最も多いのは「血流の悪化」です。

一般的に、男性が勃起不全を自覚するようになるのは40歳前後と言われていますが、これは加齢によって全身の血流が悪化するため。実際、EDの発症率は40歳から増え始め、50~60代の日本人男性では2人に1人がEDであるとのデータも発表されています。

この年代の男性には仕事や家庭での責任が重くのしかかり、過度なストレスや多忙ゆえの運動不足、食生活の乱れ、更には加齢による身体機能の低下により、血流の悪化を招きやすい状態にあるといえます。血流の悪化は勃起の大敵。40代以上の男性にEDで悩む方が多いのも無理はありません。

そこで期待されるのが、アレルギン。強力な血管拡張作用でペニスへのスムーズな血流を促し、硬く力強い勃起を実現してくれます。

スムーズな血流を維持することは、即ち健康な体を維持するということ。血流の悪化した状態を放置してしまうと、EDばかりでなく動脈硬化や脳梗塞などの成人病を発症してしまう危険まであります。

アルギニンの強い血流促進実感は、EDの予防・解消はもちろん、体質改善による様々な病気の予防に期待されています。

その2 ホスホジエステラーゼ5の抑制実感

アルギニンは勃起のコントロールに関係する成分の分泌に作用します。

ペニスを収縮させるホスホジエステラーゼ5の抑制

「サイクリックGMP」と「ホスホジエステラーゼ5」という物質をご存知でしょうか。

平たく言えば、

サイクリックGMPの分泌=勃起スイッチON
ホスホジエステラーゼ5の分泌=勃起スイッチOFF

という働きを持つ物質です。

男性が性的に興奮すると、ペニスの海綿体の中で一酸化窒素が放出され、サイクリックGMPの分泌が活発になります(勃起スイッチON)。

一方、射精後の体内ではホスホジエステラーゼ5が分泌され、ペニスは収縮します(勃起スイッチOFF)。

この2つの物質が互いに正常に作用していれば、ペニスは健全な勃起を維持することができます。しかし何らかの原因でバランスが崩れ、ホスホジエステラーゼ5の分泌量が過剰になると、勃起スイッチのON/OFFがスムーズに行えずEDを発症すると考えられています。

アルギニンとサイクリックGMP

血行促進作用で知られるアルギニンですが、勃起のONスイッチである「サイクリックGMP」の生成にも深く関わっています。

サイクリックGMPは、勃起を抑制するホスホジエステラーゼ5の働きを阻害する物質。すなわちアルギニンの摂取量が十分であれば、ホスホジエステラーゼ5の作用が抑制され、サイクリックGMPが勃起ONスイッチとして最大限の実感を発揮できるということです。

しかもアルギニンには血管拡張作用もあるため、勃起に必要な量の血液を十分に確保することが可能。サイクリックGMPが ONにしたスイッチを切らずに、勃起を継続させることができます。

性行為の終了まで十分な勃起を維持するため、アルギニンはまさに欠かせない物質なのです。

アルギニンの作用とペニス増大実感

アルギニンの作用とペニス増大実感

男性にとって勃起不全と同じくらい気掛かりなのが、ペニスのサイズ。

男性にしても女性にしても、性交時の快感はよほどの短小でない限り、ペニスの大きさで悩むほどの影響を受けません。

ですから最後まで十分な勃起力を維持できるのであれば、一般男性が感じているほどのサイズにそれほどこだわる必要は無いのです。

スポンサードリンク

が。それでもやはり、小さいよりは大きいほうが…と感じる男性は多いようです。

確かに、ペニスが大きいほうがより深くインサート可能で、女性の中イキのためにもある程度のサイズは必要といえます。

AV男優ほどの立派なものは必要ではないものの、粗チンではダメという事ですね。

十分な勃起を繰り返すことでペニスのサイズアップを実現する

血流促進作用とホスホジエステラーゼ5の抑制作用によって強力に勃起を後押しするアルギニンですが、ただ大量に摂取したからといってすぐにペニスが増大するわけではありません。

アルギニンにはペニスのサイズ自体を大きくする作用は無いのです。

とはいえ、アルギニンを摂取することで血流が改善され、勃起を抑制するホスホジエステラーゼ5の働きが阻害されれば、勃起時のペニスは不調時よりもはるかに硬く、大きくなります。

ペニス内部の海綿体は非常に伸縮性のある組織ですから、それまでとは違う大量の血液を吸収することを覚えれば、ペニス自体のサイズを増大させることも十分に可能であると考えられています。

関連記事:

血流促進によるペニスの増大

ペニスの増大には、以下の3つの条件を満たす必要があるといわれています。

  1. 海綿体への血流の増加
  2. 海綿体の血管の拡張
  3. 海綿体の細胞分裂の活発化

アルギニンに強い血管拡張作用及び血流促進実感があることはよく知られており、もちろんそれはペニス内部の海綿体にも作用します。

また、血行が改善されることにより栄養素や酸素が速やかに細胞に運ばれるため、代謝機能が上がり、海綿体の細胞分裂(成長)も活発になります。

ペニスの成長に欠かせない成長ホルモンと男性ホルモン

男性のペニスのサイズは、第二次成長期を迎える11歳頃からの約5年間で大きく変化します。いわゆる思春期とよばれる年代ですが、この時期の男性の体は成長ホルモンを盛んに分泌して男性的な身体的特徴を獲得していきます。

成長ホルモンと共に分泌されるのが、男性ホルモン・テストステロン。約2000人の男性を対象として行われた研究により、この物質の分泌量がペニスのサイズに大きく関係していることが分かっています。

アルギニンとテストステロンの深い関係

ペニスのサイズに大きく影響するテストステロンですが、その分泌を活発にしてくれるのがアルギニンです。

テストステロンは精巣で分泌されますが、精子の生成に深く関わるアルギニンには精巣の活動を活性化する働きがあります。精巣の活動が活発になれば、そこで分泌されるテストステロンも増加するため、ペニス増大への寄与が期待できるのです。

アルギニンで成長ホルモンの分泌をサポート

男性機能の回復実感で大きな注目を集めるアルギニンですが、他にも重要な役割を担っています。代謝機能の低下した大人にとって非常に重要な物質である「成長ホルモン」の分泌に、アルギニンが深く関わっているのです。

成長ホルモンは筋肉量や骨密度の維持、新しい細胞の生成などに関わる物質で、思春期をピークに徐々に減少していくのですが、アルギニンにはそれを促すソマトスタチンという物質の働きを抑制する実感があるのです。

アルギニンを実感的に摂取するには

アルギニンを実感的に摂取するには

血行促進作用やホスホジエステラーゼ5への抑制実感、テストステロンや成長ホルモンの分泌促進など、アルギニンにはEDの解消やペニス増大に寄与する様々な実感があることを説明してきました。

それでは、どうしたら無駄なく実感的にアルギニンを摂取することができるのでしょうか?

アルギニンの推奨摂取量は?

通常は成人の場合2,000mg~9,000mg/日。EDの改善やペニスの増大を期待して摂取するのであれば、少なくとも3,000mg~10,000mg/日程度のアルギニン摂取が必要とされています。

とはいえ、この量を通常の食事のみから摂取するのは非常に困難。アルギニン欠乏症を発症する人がいるほど、現代人に不足した栄養素であるといえます。

アルギニンをたっぷり含む強力サプリを選んでランキング!

アルギニンを豊富に含む食材

男性機能回復に欠かせない物質であるアルギニンは、アミノ酸の一種です。様々な食材に含まれており、通常の食事からも摂取することが可能です。

含有量の多い食品は、鶏ささみ・豚ロース肉・車海老・枝豆くるみなどです。

ただし食品に含まれるアミノ酸は、そのまま体内に吸収される「遊離アミノ酸」とは別のもので、「食品のアルギニン含有量」=「アルギニンの摂取量」になるわけではありません。

ですから、含有量だけを見て食品を選んでも、想定量通りにアルギニンを摂取することはできないのです。

サプリメントの利用で実感的にアルギニン摂取を

そこで便利なのがサプリメント。手軽に十分な量のアルギニンを摂取できるとして、医師も利用を推奨しています。

人気の商品をいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

おすすめ記事:

クラチャイダムゴールドの口コミと実感力を徹底解説【クラチャイダムgold対談】

2017.08.12

中でもヴィトックスαは、アルギニンの体内への吸収率を上げるために様々な工夫がされており、お勧めのサプリメントです。

こだわったのはアルギニンと併せて配合する成分と配合量。アルギニンは単体で摂取しても体内で力を発揮することのできない成分で、オルニチンやフェニルアラニンなど、他のアミノ酸と同時に摂る必要があります。

ヴィトックスαは、それらのアミノ酸をバランスよく配合し、効率よく体内に吸収できるよう調整されているのです。

他にも100種類以上の有効成分を同時に配合。カプセルの錠剤を処方通りに飲むだけで、手軽かつ実感的に必要十分な量のアルギニンを摂取することができます。

インターネットで注文すれば、今なら「1箱プレゼント」のキャンペーン中です。アルギニンのサプリメントを使ってみたいという方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

アルギニンの美容実感

男性機能回復への高い実感で注目を集めるアルギニンですが、美容面でも無視できません。アルギニンは数あるアミノ酸の中でも特に強い保湿実感を持ち、肌荒れ防止に力を発揮することが分かっています。

また、強力な血行促進作用によるくすみやたるみの解消、肥満防止など、アンチエイジングや健康面への寄与にも期待が持てます。

そのため男性用のみならず女性用の商品も次々に開発され、アルギニンを配合したサプリメントは今や一大市場を築いているのです。

アルギニンの副作用

アルギニンは天然のアミノ酸であり、安全性の高い成分であることが確認されています。推奨量の3倍以上である30,000mg/日を摂取したとしても問題はありません。

ただし、用量を無視してサプリメントなどを大量に摂取するのは問題です。早く実感を実感したいと、ついつい余計に摂取したくなる方も多いのですが、アルギニンを一度にたくさん摂ったところで実感が強く現れることはありません。

錠剤を大量に飲んだ結果下痢になった、などの例も報告されていますので、必ず用法・用量を守って利用しましょう。

アルギニンの実感まとめ

EDやペニスのサイズなどの人には言えない悩みを抱える男性にとって、希望の星ともいえる「アルギニン」。

ここでは、その実感や摂取方法、お勧めのサプリメントなど、その魅力についてを存分に紹介してきました。

まずはここで覚えた知識を活かし、実際に使用してみましょう。

アルギニンを上手に解消して、男の悩みを解消する事で充実した生活を取り戻しましょう!


よく効く増大サプリを本物の口コミから徹底検証

ペニス増大トレーニング方法生の口コミ体験談を基に責任を持って監修する「増大サプリおすすめランキング」大公開!モテる男は知っている本当に実力のあるペニス増大サプリを余すこと無くご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です