朝立ち(朝勃ち)について徹底解説!精力の基準となる朝立ちの大切な意味とは

効果を実感できるまでの継続期間

思い起こせば10代の頃、毎朝そそり立つようなペニスを目にしていたものですが、年月の経過とともに最近ではめっきりそんな風景を見ることが減ってしまったという男性も多いのではないでしょうか。

男性というもの、朝立ちしたペニスを見れば誇らしくなり単純に自分に自信を持つものですし、逆に朝立ちしない日々が続くととりとめなく不安になってしまいます。

なぜ朝立ちするのか、はたまたしないのか、朝立ちのメカニズムについて詳しく見ていきましょう。

朝立ちのメカニズム

朝目覚めたときにペニスが勃起していることを一般的に朝立ちと呼んでいます。朝立ちの正しい名称は「夜間陰茎勃起現象」。

実は、朝立ちは朝だけでなく夜寝ているあいだ何度も繰り返されています。人間は寝ている間にレム睡眠とノンレム睡眠の2種類の眠りを交互に繰り返しています。

レム睡眠の間は眠りが浅く脳は活発に働いています。一方ノンレム睡眠の間は体も脳もぐっすり眠り休んでいます。

レム睡眠とノンレム睡眠1セットの時間はおよそ90分で、私たちは寝ている間、このバイオリズムを繰り返しています。

夜間陰茎勃起現象は、レム睡眠の時にあらわれ、関連する神経が刺激されることで起こる生理現象です。ですからレム睡眠ごとに夜間陰茎勃起現象が起きていて、寝ている夜中にもペニスは無意識に勃起しています。

エッチな夢を見て朝立ちした、といった話がありますが、必ずしもそういうわけで勃起しているのではないのですね。

朝立ちが起きる意味

生理現象である朝立ちには大切な意味があると、研究者による仮説や研究がなされています。

膀胱がいっぱいになるサイン、夜尿症予防、日中のストレス解消など。なかでも現在もっとも有力視されているのは、朝立ちは勃起力のメンテナンスの意味を持っているという説です。

勃起はペニスの海綿体に血液が流れ込むことで起こるメカニズム。ところが長時間ペニスが勃起をしない状態にあると、血管や海綿体が委縮して柔軟性がなくなり勃起しにくい状態になってしまいます。

また勃起しない状態というのは、ペニスにしっかり血液が流れないことを意味し、血液の流れに伴う栄養素や酸素を受け取れずペニスの細胞組織がダメージを受けることにも繋がります。

レム睡眠のリズムとともにペニスを定期的に勃起させることで、ペニスに栄養素や酸素を潤滑に送り、ペニスの血管や海綿体の健康を維持している仕組みです。

そう考えると、朝立ちは健康な体にとても大切な生理現象であり、若かりし頃の朝立ちにまつわる恥ずかしい体験も無駄ではなかったと思えるのです。

朝立ちしない原因

男性のペニスの健康に大切な朝立ちという現象。加齢とともに朝立ちの回数が減る、ペニスの硬さに変化があらわれるなど、朝立ちについての悩みを持つ方も多いようです。

朝立ちしないイコールED(勃起不全)の疑い?

朝立ちしていないから自分はED(勃起不全)に陥っている、と思うのは少し早計でしょう。前述のとおり朝立ちはレム睡眠ごとに一晩に何度も起きています。

目覚めたときに朝立ちを確認できなくても、実は寝ている間にきちんとペニスが勃起している可能性があります。

スポンサードリンク

また、レム睡眠の割合は、思春期の頃には睡眠全体の30%なのですが、以後、加齢とともにその割合が減少していきます。

学生時代は毎朝ペニスがギンギンだったのに、中高年を迎えて朝立ちの回数が減ったと思うのは、精力の減退ではなくレム睡眠の割合の減少によるものかも知れません。

ちなみに、不眠症など睡眠障害を有する方は、夜間陰茎勃起現象の減少を自覚するようですが、これは不眠によるレム睡眠とノンレム睡眠のバランスが悪さによるもの。ED(勃起不全)ではありません。

ED(勃起不全)の種類

質の良い睡眠をとっているにも関わらず、夜間陰茎勃起現象の減少が見られる場合は「器質性勃起不全」の可能性があります。

器質性勃起不全というのは、自分の体に何か問題があることによるED(勃起不全)を指します。器質性勃起不全の要因として、主に7つの原因が推測されます。

高血圧、高脂血症、糖尿病、動脈硬化、薬剤服用の副作用、外傷に伴うもの、男性ホルモンの減少、です

また朝立ちするものの、いざセックスすると中折れする、途中で萎える、という場合には心因性勃起不全も考えられます。

器質性勃起不全、心因性勃起不全どちらの場合も、専門のクリニックを受診すれば改善できることも多いので、ぜひ信頼できる医師の診断を仰ぎましょう。

朝立ちをしているか調べる方法

寝ている間に数回起きていると思われるペニスの勃起。

どうにか調べたいものの、誰かに徹夜で自分のペニスをチェックしてもらうわけにもいきませんし、ペニスの勃起を見計らって就寝中に起きるのも難しいでしょう。

そんな方に「スタンプ法」をご紹介いたします。まず縦に4~5枚繋がった乾いた状態の切手を準備しましょう。用意した切手を勃起していないペニスに巻いて、端を水で濡らし切手をペニスに添って丸くとめます

切手を装着したまま就寝して、朝起きた時に切手が切れていたら、夜の間に勃起しているというわけです

なお1日目に切手が切れていなくてもすぐにEDと思い込まず、スタンプ法を2~3日続けましょう。EDでなくても毎日必ず夜間に勃起しないことは多々あります。

精力減退やED(勃起不全)に悩んだら

精力減退やED(勃起不全)は、男性の自信に直結する最もデリケートな悩みです。誰にも言えずにひとしれず悩む男性も多いようです。

そんな時になんとか良い解決策はないかと頼りにするのがインターネットの情報でしょう。ネットの世界では、ありとあらゆる情報が氾濫していて、よりよいものを選択する目が必要です。

残念ながら、科学的根拠のないマユツバな情報を流し粗悪品の購入をあおるサイトもあり、そんなサイトに関わってしまったばかりにより深い悩みの渦に落ちてしまう方もいらっしゃいます。

けれどその一方、医学的データやエビデンスをもとにしっかりとした情報や良い商品を提供している善良なサイトも存在します。

今や精力減退を改善できる良質な精力剤もありますし、ED(勃起不全)の治療法もかなり確立されています。

精力減退やED(勃起不全)などの性の悩みに直面している男性、自信喪失し何か助けを必要としている男性に、この記事が何かのお役に立つことができれば幸いです。


よく効く増大サプリを本物の口コミから徹底検証

ペニス増大トレーニング方法生の口コミ体験談を基に責任を持って監修する「増大サプリおすすめランキング」大公開!モテる男は知っている本当に実力のあるペニス増大サプリを余すこと無くご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です