旦那のセックス下手すぎ…!絶望を乗り越える3つの方法

旦那のセックス下手すぎ…!絶望を乗り越える3つの方法
この記事の3つのポイント

 我慢してたら女が枯れちゃう
 セックスは結局「センス」
 男選びは「適材適所」

旦那のセックスが下手すぎる…。これは女性にとって絶望的な悩みですよね。

それ以外は「良い旦那」なのであれば離婚事由にまで当たらないし、かと言って一生こんな気持ちよくないセックスしか出来ないのかと思うとトホホでしょう。

そんな今回は、「旦那のセックスが下手すぎる」と悩むあなたへ、その絶望を乗り越えるための方法を3つご紹介いたします。

「ガマン」してるだけじゃ女が枯れてしまいますからね!

1. 旦那にレッスンする

旦那さんのセックスが下手なのであれば、「上手」になってもらえば良いワケですよね。

放っておいても「上手」にはなりませんから、ここはあなたが手を引いて旦那さんをレッスンしちゃいましょう!

「ヘタ」は絶対言っちゃダメ!

不倫は自分の人生で大切にすべき「優先順位」をきちんと自覚

セックスの下手な旦那さんをレッスンする際「あなたが下手だから…」というのは絶対に言っちゃダメです。

旦那さんの男としてのプライドを傷つけてしまうし、そんなことを言う女性のために男は頑張ろうとは思えません。

旦那さんとの夫婦関係を良好に保つためには「今のセックスをもっと良くしたいから」という理由で誘うようにしましょう。

一緒にレクチャーAVを観る

旦那のセックスが下手と言っても、どう下手なのかはいろいろあるでしょう。

その中でも「前戯がとても雑」だとか、「力まかせで痛いばかり」だとか、女性のカラダと気持ちを考えない「男性本位」なセックスだと、女としては嫌気が差しますよね。

そんな旦那さんには「AVを一緒に観よう」と誘ってみましょう。

もちろん普通のAVではなく、「レクチャーもの」や「女性視聴向けに作られたもの」。要するにそれをお手本にしてもらうわけです。

「AVなら旦那の方がしこたま観てる」でしょうが、きっと旦那さんが観ているのは「男性本意」なモノばかりですよね。男性側に都合よく作られたストーリーで、乱暴に扱っても女優さんは感じてる演技してる…みたいな。

そういったAVを観ているせいで、旦那さんは「こんな扱いの方が女は感じる」と勘違いしているのかも知れません。

「レクチャーもの」や「女性視聴向けに作られたもの」なら、「どうすれば女性が気持ち良くなれるか」をじっくり教えてくれます。男性が自己満足するためのAVとは違うから、少しは女の気持ちがわかってくれるかも知れません。

もちろんこの方法を実践するには「あなたが前もってオススメのAVを選んでおく」ことが必要になります。今はネットから視聴できる動画もたくさんありますからね。

「どうして欲しいか」全部伝える

「旦那にAV観ようなんて誘えない!」「前もって自分でAVを選ぶなんてできない!」という女性もいるでしょう。

その場合は「あなた」自身がお手本となって旦那さんを導いてあげましょう。

旦那さんとのセックスの際、不満に感じるところがあれば、ひとつひとつそれを口に出して伝えましょう。

不満として伝えるのではなく、「もっと◯◯して欲しい」と可愛くおねだりする感じで伝えると旦那さんも喜ぶはず。

またその際の指示も、細ければ細かいほど旦那さんは助かります。

女性の感じるツボだって人それぞれだから、他の女性は喜んだのにあなたには効かない、ってことだってあるわけですよね。

「私はこうして欲しい」を細かく伝えないと、旦那さんだってどうしていいかわからないのかも知れません。

黙って不満に思われていては旦那さんもショックです。「だったら言ってよ」と思われているかも知れませんしね。

「もっと◯◯して欲しい」を具体的に伝えて、あなたが最も気持ちよくなれるポイントを旦那さんに教え込んでいきましょう。

結局は「センス」!?

レクチャーもののAVを観てセックスのやり方を勉強してもらったり、「もっと◯◯を◯◯して」とあなたの細かい要望を伝えたり…。

それによって旦那さんがコツを得て「あなた好みのセックス」をしてくれるようになれば万々歳です!

でも、旦那さんなりに頑張ってくれたけど「やっぱり下手なまんま」ということも、もちろん有り得ます。

セックスも結局は「センス」です。

経験が少なくてもセンスが良くて上手な人もいるし、どんなに場数をこなしてもセンスが無くて下手な人もいるし…。

旦那さんが「あまりセックスのセンスが無い男性」だった場合、いくらレクチャーされても「要領を得ない」ということもあるでしょう。

その場合は、あまり無理強いしない方が良いかも知れませんね。「できない相手」に「できるよう求める」のは、お互いストレスになるし家庭不和の原因にもなります。

何度かレッスンを試してみて「上達しないなぁ…」とあなたが感じる場合は、旦那さんを無理にセックス上手に仕立てようとすることは、あきらめた方が良いかも知れません。

2. 離婚する

旦那がセックス下手だからって離婚なんて…と思うかも知れませんが、女性にとって「満足させてくれない旦那」と一生を共にするのは苦痛ですよ。

別れない限り一生悩む

あなたが旦那さんに求めるのは、もちろんセックスだけではありませんよね。「優しい人柄に惹かれて」とか「経済力があるから」など、結婚相手に選んだ際のその他の要素は大きいでしょう。

「セックスは下手だけど、そればかりが目的じゃないし…」と思ってしばらくはやり過ごせるかも知れません。でも、その不満は少しずつ蓄積されていきます。

そして旦那さんと別れない限りその不満は一生続きます。だって、セックスの下手な旦那さんと一生一緒にいても、その不満が解消されることは「決して」無いからです。

また「もともと性欲があまり無いからいいや」とか、「子育てに追われていてそれほどセックスしたいと思わないし」と思う女性もいるでしょう。

でも、それは「今だけ」かも?

女性の性欲は30~40代にピークを迎えると言います。男性が若い頃に性欲を爆発させるのと違って、女性は中年期に性欲が盛んになるんです。

「求められるから応じるだけ」だった時にはそれほど気にせずに済んだ「旦那の下手さ」も、自分が求めて満足を得られなかった時には…まったく違う感想を抱くはずです。

それこそ「私にはこの先ずっと快感を得ることは無いのか」と絶望しちゃうかも。

「一生満足させてくれない旦那」としかセックスできないのは、あなたの「女」を枯らしてしまうことになるでしょう。

「女」として生きることをあきらめないのであれば、セックスの下手な旦那とは離婚する、という選択肢も充分検討すべきです。

ただし「他に失うもの」をよく考える

旦那のセックスが下手で満足を得られないことを理由に離婚を考えるのはアリですが、当然ながら「それによって失うもの」もよく考えなくてはなりません。

たとえば子どもがいるなら当然「父親を失う」意味は大きいでしょう。
旦那さんの経済力に頼って生きているなら、それに代わる収入のアテが必要になります。

「性生活が不満」という動機は重要とは言え、実際に離婚を考える場合には失うものの多さに足踏みしてしまうのも事実かも知れません。

3. セフレを作る

男性に求めるものも「適材適所」であれば、皆がストレスフリーで済む

「旦那をセックス上手に育てる」「離婚する」という方法は、実際には難しい場合も多いでしょう。

実は旦那との夫婦仲を維持したまま「セックスの不満」を解消できる方法があります。
それが「セフレを作る」ことなんです。

セックスの上手な人がサクッとみつかる出会い系ならPCMAX。セフレづくりの定番サイトを徹底的に調べました。

「適材適所」が一番イイ

「主婦がセフレを作る」なんて、抵抗を感じてしまう女性も多いかも知れません。でも、不満が生まれるメカニズムをよく考えてみてください。

「セックスの下手な旦那に満たしてもらおうとする」から不満になるんですよね。「セックスの上手な人としたいけど、旦那と離婚するわけにはいかない」から我慢してストレスを溜めるんですよね。

つまり、「求めても叶わないことを求める」から不満が生じるんです。だったら「欲求を叶えてくれる相手」に「求める」のが一番理にかなっています。

「性欲を満たして欲しい」という欲求は「セフレに叶えてもらう」。「夫婦関係を維持して平穏な家庭を保ちたい」という欲求は「旦那にかなえてもらう」。

つまり男性に求めるものも「適材適所」であれば、皆がストレスフリーで済むのです。

「セックスだけ」と割り切るのがコツ

しかし、いざセフレを作ろうとしても「うまくいかない」という女性は多いのです。なぜなら女性は「感情的になりやすい生きもの」だから。

つまりセフレの男性に対して、必要以上に「情」を持ってしまうことが多いんですね。

主婦がセフレを作る場合、「セックスだけ」と完全に割り切ってしまうのがコツです。相手に対して「性的満足」以外のものを求めてはいけません。

とは言え、女性は「性欲のみ」で男性のカラダを受け入れることは難しいですよね。「この人になら抱かれてもイイ」という精神的な許容がない限りカラダを許す気にもならないでしょう。

だからこそ女性が「セックスだけ」のセフレを作るのは難しいと考えがちですが、そこは自分の「自覚」次第です。

良いセックスは「女」として生きるためにもちろん大事。そのためにはセフレに多少の感情移入をすることも必要です。

だけど、「妻」や「母」としての人生はもっと大事。そのためにはきちんと「自覚」してセフレはあくまでセフレと割り切る意識を常に持つことが必要。

つまり、もしも「妻」や「母」としての立場が脅かされるようなことがあるならば、お気に入りのセフレであっても「いつでも捨てられる」くらいの心持ちでいることが大事です。

「重い不倫」にハマってしまうのは絶対にNG。

自分の人生で大切にすべき「優先順位」をきちんと自覚し、セフレに対して一時的な感情におぼれてしまわないよう「器用な女」でいるのがポイントですよ。

セフレは「複数持ち」がベスト

主婦がセフレを作る場合、「セックスだけ」と割り切るためには「複数持ち」がベストです。

「セフレとは割り切った付き合いを…」と思っていても、ひとりの相手と長く付き合うとどうしても「情」が湧いてしまうのは、人間として仕方ありません。

「情」が湧いてしまうと、失うのが怖くなりますよね。そんな感情が湧いてしまった後にお別れすることになると自分の精神的ダメージが大きくなってしまいます。

「割り切り」の意識を保つためには「セフレは複数持つ」ようにして、意識を常に分散させましょう。

そして「ハマりそう」「厄介なことになりそう」な気配を感じたセフレはすぐに切るようにします。

中には「切るのが惜しい」相手も出てくるでしょうが、「他にもセフレはいるし」と思えば割り切りも幾分ラクになるというものです。

相手探しは「出会い系」で

セックス下手な旦那を持つ主婦が、セックス目的でセフレを作る場合、相手探しは「出会い系」がベストです。

「割り切り」が大事な主婦にとって、なるべく「しがらみ」を残さない相手を選ぶべきだからです。

間違っても「知人」「友人」の中からセフレを作ってはいけませんよ。

セフレはあくまで「セックスの下手な旦那の代わりにあなたを満足させてくれる相手」であるべき。それ以上の意味や役目を持つ相手を選んではいけません。

あなたにとって相手を「面倒」だと感じたり、あなたの家庭にバレてしまいそうな状況になった場合に「すぐに切ろうと思えば切れる関係」である必要があります。

出会い系であれば「あなたの生活圏」から離れた場所での出会いを求めることもできるから「知り合いの目撃情報でバレる」といった可能性も少なくなります。

また、「セフレだと思って付き合ってたのに相手は本気だった」なんていうのも困りますよね。出会い系であれば、最初に「どんな付き合いを望んでいるのか」で相手を選択できます。

こちらが主婦でセフレが欲しい旨を伝えていれば、その希望に応じられる男性だけをセレクトできるんです。

旦那と平穏な家庭を維持しつつ、性の満足を得るために出会い系でセフレを作る。

セックス上手の旦那さんに恵まれなかった女性たちの中には、そうやって人生の「美味しいトコ取り」をうまくこなしている人も多いんですよ。

まとめ

夫婦に大切なのは、もちろん「愛と信頼」であり、セックスばかりではありません。

だけど、そのセックスを通して築き上げる「愛と信頼」だって、夫婦にはありますよね。不満ばかりの下手なセックスに「ひたすら我慢」する一生を送るのは、もったいないです。

このまま女として枯れたくないですよね。だったら一人で我慢するのはやめましょう。

どうすれば「女」としての自分が一番喜ぶ生き方ができるか、勇気を持って選択してみてくださいね。


よく効く増大サプリを本物の口コミから徹底検証

ペニス増大トレーニング方法生の口コミ体験談を基に責任を持って監修する「増大サプリおすすめランキング」大公開!モテる男は知っている本当に実力のあるペニス増大サプリを余すこと無くご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です