精力剤とバイアグラなどのED治療薬はどっちがおすすめなのか?違いを比較

精力剤とバイアグラなどのED治療薬はどっちがおすすめなのか?違いを比較!

加齢によって年々精力減退を自覚している男性の強い味方と言えばバイアグラと精力剤。

長年どちらが有効な手段なのか?という議論が続くなかで、精力アップスの結論はずばり

・即効性を求めている場合にはバイアグラなどのED治療薬
・自然に元気を保ちたいなら年齢問わず絶対に精力剤や増大サプリ

です。ここではその理由と詳細を説明していきます。

精力剤でじっくりED対策がオススメな理由

精力剤でじっくりED対策がオススメな理由

バイアグラに代表されるED治療薬は、まさに、その当日の行為について、失敗することはないという、絶対的な安心感を与えてくれるものです。

ですが、その確実な実感の裏では、身体の機能の一部を薬の実感で阻害することで勃起を維持させているので、決して健康的な改善方法ではないのです。

一方でペニス増大サプリや精力剤は、身体を医薬品の力で無理矢理勃起させるものではありません。

精力剤の配合成分が、体内の環境を10代、20代の環境と同じ状態に戻すことで、勃起が促されるため、ペニス以外の体内の健康維持にも一役買ってくれるほどです。

もちろんEDの治療は、1日、2日といった短いスパンでは結果が出ません。

重度の勃起不全の場合、2~3ヶ月しっかりと挑む必要がありますが、一度体調を整えることさえ出来れば、またEDになる確率はぐっと下がるでしょう。

何よりも、薬の力ではなく、自分の力で勃てるようになったという自信が嬉しいものです。このような、精力剤とバイアグラ、それぞれの特徴を知り、上手に付き合っていくことをオススメします。

バイアグラよりも圧倒的に精力剤がオススメ!

バイアグラよりも圧倒的に精力剤がオススメ!

簡単に言えば、

・バイアグラは一時的に無理矢理勃起を維持する薬
・精力剤は、体内環境、血管年齢、血流を若い頃の状態に戻し、自分本来の力で勃起を促す薬

としてとらえることができますが、どちらにも共通することは、勃起に必要不可欠な血流は、一酸化窒素の血管内濃度がカギとなる点です。

血管の内皮細胞から一酸化窒素が生成される仕組みは、アメリカの薬理学者ルイス・J・イグナロ博士によって発見されました。その研究の功績によって、博士はノーベル生理学・医学賞を受賞しています。

そして、その一酸化窒素が、勃起に欠かせない、豊かな血流を生み出すことがわかってきました。

つまり、一酸化窒素の血管内濃度が上がる事により、ペニスへの血流が改善され、勃起が促されるという流れです。そして、その一酸化窒素の生成に大きく役立っているアミノ酸が、アルギニンとシトルリンになります。

どちらも精力剤ではお馴染みのアミノ酸ですよね。特にアルギニンは、マカ、高麗人参、クラチャイダムなどの植物性精力剤の原料、マムシ、スッポンなどの動物性精力剤の原料の両方ともに含まれています。

東洋医学で古来より精力の源、滋養強壮に良いと言われていた食べ物が、1998年のノーベル賞受賞により、西洋医学的にもそれらの有効性が実証されました。

現在では、東洋医学は西洋医学とアプローチは違うものの、歴史的にも素晴らしい発見や研究成果を残しているとされます。

精力剤もバイアグラも一酸化窒素が関連

血管の内皮細胞から生成されるこの一酸化窒素が、精力剤とバイアグラの両方ともと、非常に深い関係があります。

精力剤の場合は、その含有物であるアルギニンによって一酸化窒素の生成が促される実感があります。つまり、精力剤を飲むことで、体内の一酸化窒素の生成が促され、濃度が上がって、勃起を保つことが出来るようになるのです。

一方バイアグラなどのED治療薬の場合は、一酸化窒素の生成を手助けするものではなく、生成された一酸化窒素を分解しようとする体内の酵素の働きを、一時的に阻害し、一酸化窒素の分解を抑制することで勃起を維持する薬なのです。

バイアグラ(シルデナフィル)は、生体内で環状グアノシン一リン酸(cGMP)の分解を行っている5型ホスホジエステラーゼ (PDE-5) の酵素活性を阻害する。これが陰茎周辺部のNO作動性神経に作用して血管を拡張させ、血流量が増えることによって機能するとされる

出典:シルデナフィル | wikipedia

バイアグラと精力剤の実感のまとめると

・精力剤は一酸化窒素の生成をアップさせ濃度を高め、勃起に必要な血流を強化
・バイアグラは一酸化窒素の分解を抑制して、一酸化窒素濃度を維持して血流を強化

となります。どちらも一酸化窒素濃度を一定に保つことで、ペニス海綿体への血流弁を開放させますが、精力剤は一酸化窒素を増やし、ED治療薬は一酸化窒素分解を抑えるという点でアプローチが異なります。

一酸化窒素を分解する酵素とは?

EDの原因となる酵素は、基本的に無害です。しかも、EDの方にこの酵素が多くなりすぎているわけでもありません。EDの方の酵素の性質、数が問題なのではなく、一酸化窒素の生成量に問題があるのです。

つまり、バイアグラなどのED治療薬は、一酸化窒素の生成量が少ないという、EDの根本を治しているのではなく、あくまでも一時的に勃起を持続するために酵素を抑制しているのです。

バイアグラの実感のしくみ

・バイアグラは一酸化窒素を分解する酵素を抑制する
・その酵素は一般人でもEDでも同じ
・バイアグラは、一酸化窒素量が足りない人の一酸化窒素を増やすのではない
・分解を阻害することで血流の一酸化窒素濃度を高いままにする
・一酸化窒素濃度が高いと、血管が緩みペニスへの血流も改善して勃起が維持できる

精力剤の実感のしくみ

・精力剤の成分に含まれるアルギニンは、一酸化窒素の生成を促す
・若い頃のように一酸化窒素生成量が増えることで自分本来の力で勃起できる

身体のことを考えてEDと向き合うなら、医薬品成分不使用で、負担が少なく自然な勃起が期待できる精力剤やペニス増大サプリが絶対オススメです。

最新!ペニス増大サプリランキング!

アップス
長期的に継続して精力剤を使用することで、バイアグラで気持ちよく勃起しなかった人でも自然に巨根化してフル勃起できるようになるようです!

つまり、長い目で見るなら圧倒的に精力剤がベストなチョイスといえます。

即効性や裏切りなしのバイアグラの上手な使い方

精力剤や増大サプリは、継続利用で根本的な体質改善をサポートしますが、飲んだその日にフル勃起は期待できません。

スポンサードリンク

その際、その日はどうしても失敗できない!という時のバイアグラは、本当に心強い存在となります。

実際に使用する場合、実感が出るまでの時間、実感の持続時間、副作用の種類などに個人差があるので、ぶっつけ本番ではなく、事前に1、2度バイアグラを試し飲みすることをおすすめします。

具体的には、空腹時に飲んで見て、実感が現れるまでの時間を知っておく。

副作用はどんなものが出るか、場合によっては頭痛薬などが必要になるレベルであるかどうかを知っておく。実感がどれくらいの時間、持続するかを知っておく。

この3つを把握してから本番を迎えるほうが、失敗も減り、セックスを十分に楽しむことができるでしょう。

トラウマやストレスが引き起こす心因性EDとは?

トラウマやストレスが引き起こす心因性EDとは?

心因性EDとは、ED全体の割合としては1割未満と少なく、身体の器官には問題はないのですが、女性へのトラウマやストレスで、勃起できなくなってしまう状態のことです。

精神面が、大きく作用するEDで、うつ病を引き起こしてしまっている方が、併発してしまうことが多いのが特徴です。

「心因性EDかも?」と思った場合は、病院での診察が必要になります。その場合、バイアグラの他に精神安定剤などを処方してもらうケースがほとんどです。

EDのほとんどは、器質性ED

器質性EDは、大多数のEDの原因と言われています。血液の状況が悪い方に起こるEDは、この器質性EDです。

器質性EDは血管が、汚れで細くなり血流が悪くなってしまい、ペニスへの血液の流れも悪くなってしまう状態です。

いわゆる動脈硬化が原因となります。また、血中の脂質の量が多くなる高脂血症になってしまうと、血液はドロドロになり、やはり血流が悪化します。血管の汚れによる動脈硬化、血液自体がドロドロになっている高脂血症が、器質性EDの原因なのです。

動脈硬化とインポの関係

動脈硬化とは、動脈の血管の壁に、コレステロールや中性脂肪が溜まって、血管が詰まったり、硬くなったりしてしまう症状のことです。

血液の通り道である血管の詰まりにより、血液がスムーズに流れなくなります。本来、動脈は弾力性を持っているのですが、汚れが詰まり硬くなって、その弾力性を失う事で、劣化していきます。

血液がスムーズに流れなくなると、酸素や栄養が体の隅々まで送れなくなり、高血圧になります。高血圧になることで、より血管に負担がかかるようになってしまいます。

動脈硬化になると?

動脈硬化は、狭心症、心筋梗塞、脳卒中、脳梗塞、脳出血など、命の危機に直結する症状を引き起こします。

動脈硬化は、こうした重大な症状が起きるまで、恐ろしいことに、ほとんど自覚症状がありません。

強いて上げると、ちょっと疲れやすい、最近太り気味、不摂生が続いている。という、一見誰でも該当しそうなこれらが、初期の動脈硬化の兆候になります。

食後の眠気も動脈硬化のサインと言われています。動脈硬化になるということは、体内に時限爆弾を抱えた状態を意味し、症状が発生した際、最悪死に至ります。

とにかく忙しい現代社会を生き抜く男性陣は、誰もがこの動脈硬化と背中合わせだと思って注意しておくべきです。

動脈硬化の原因

動脈硬化は、食事、運動、睡眠に非常に大きな影響を受けます。特に食事は重要なポイントです。

若い頃は体内で代謝出来ていたアミノ酸の量が減ってしまい、若い頃と同じ食生活を続けているだけで、動脈硬化になってしまうほどです。

一度食生活を見直すことで、EDだけでなく、心臓病や、脳への障害も予防できるので一石二鳥どころか何鳥にもなります。

バイアグラは有効成分「シルデナフィル」の実感で、一維持的に血管を拡張するだけなので、動脈硬化の根本的な解決になりません。精力剤は、動脈硬化を防いだり、修復したりする体内成分、一酸化窒素を生成するために必要な「アルギニン」、「シトルリン」を多く含んでいる、動脈硬化に直接作用する「スーパーアミノ酸」なのです。アルギニン、シトルリンと一緒にビタミンC、ビタミンEを摂取すると動脈硬化への作用は更に良いものになります。

また、前述した通り、この一酸化窒素に対するアルギニンの作用は、1998年にノーベル賞を受賞しているほどの信頼の置けるものです。そこには、EDだけではなく、糖尿病、高血圧、心不全、肝障害などの予防改善実感があります。つまりアルギニンを適量摂取することにより、若々しい身体を取り戻せるということなのです!

器質性EDなら精力剤がおすすめ

バイアグラを使用している時は確かに勃起するのですが、次第に気持ち良くなり、最終的には体力?気力?の減退が原因で、セックスをしたいという性欲自体も減ってしまうという方は意外に多いものです。

なぜならバイアグラで勃起を強制的に引き起こしても、本来の健康な状態でのセックス、性欲ではないためです。

さらに、糖尿病予備軍、痛風予備軍と言われる健康診断の数字もバイアグラで改善するわけもなく、加齢と老化によって確実に身体の調子は悪くなる一方でした。 そんな中で出会った精力剤は、管理人の身体の悩みを、一気にすべて解決してくれるきっかけとなりました!

精力剤は、その日だけ実感があるというものではなく、体調管理をしてくれる健康補助食品。

漢方薬や昔の王族からも愛されているマムシやすっぽん、朝鮮人参、マカなどがバランスよく配合されています。

中でもアルギニンが豊富に含まれていることにより、面倒な運動をすることなく、身体を若い頃の状態に戻してもらえたのです。

ペニス増大サプリはアルギニンの他にシトルリンも豊富に含まれます。もし健康的に、なるべくはやく精力を取り戻したい場合は購入を検討してみましょう。


よく効く増大サプリを本物の口コミから徹底検証

ペニス増大トレーニング方法生の口コミ体験談を基に責任を持って監修する「増大サプリおすすめランキング」大公開!モテる男は知っている本当に実力のあるペニス増大サプリを余すこと無くご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です