EDの原因と対策 インポ改善のための予防法まとめ

EDの原因と対策 インポ改善のための予防法まとめ

ED(インポ)でお悩みの方が一番はじめに必要なのが、あなたの身に起きている勃起不全の原因を知ることです。

一概にEDといえども実は多くの複合要因が絡む事で引き起こされていることが殆ど。

単にEDで勃起できないからバイアグラを使おうと安易に考えるのは危険です。ED治療薬は医薬品であり、少なからず副作用の心配があり、また医師の処方の上での使用が前提です。

ここではあなたのEDの原因を知り、インポを改善するための対策や、ED予防の方法、取り入れるべき栄養素などを紹介していきます。

ED(インポ)とは

「ED」とは健康な男性の勃起不全のことで、以前は「インポテンツ」と呼ばれていました

「ED」とは健康な男性の勃起不全のことで、以前は「インポテンツ」と呼ばれていました(侮蔑的意味が含まれていたためErectile Dysfunction※勃起不全 の頭文字を取ってEDと呼ばれるようになった)。主な原因は身体的な理由の他に、精神的ストレスが原因になるといわれています。

特に問題になるのが、ケガや病気などのはっきりした理由が見当たらない「心因性」のED。精神的ストレスの影響で正常な性行為が行えない状態です。

仕事や家庭で受けるストレスにより、一時的に十分な勃起が得られなくなるというのはよくあることですが、これが慢性的になると、男性は非常に不安を感じるものです。

その事実が更なるストレスとなり、真性のEDとなってしまう方も少なくありません。それどころか、そこから更に悪循環に陥り、鬱などによって日常生活に支障をきたすことも。

日本では現在、40代で2割、50代で4割、60代で8割の方が、性行為中に十分な勃起を得られていないと推計されています。

具体的には日本人男性のおよそ1130万人が、ご自身の勃起に満足できていないのです。

また、若年層でのEDも増加しており、既婚率の低下や少子化の一因になっているともいわれています。

アップス
最近では年齢を問わず満足に勃起が出来ない人が増加。日本における
慢性的なストレス社会が蝕む深刻な問題といえますね。

ED(インポ)の種類

EDには、大きく分けて3つのタイプがあります。

タイプ1 器質性ED(きしつせい)

ケガや病気、手術などによって体がダメージを受けることにより引き起こされる勃起不全のことです。また、加齢による勃起機能の低下も器質性EDに含まれます。

勃起に必要とされる身体的な機能が障害を受けることによって発症するため、元となる病気やケガから回復すれば症状が解消されるケースがほとんどですが、器官や組織が損傷を受け、機能そのものが失われてしまった場合には正常な勃起を得ることは難しくなります。

アップス
器質性のEDとは、ペニス勃起の際に必要な機能がダメージを受けて発症するもの。

加齢での男性ホルモン低下や、血管劣化などが主な原因とはいえ、年齢のせいにして放置するのはやめましょう。実は日々の生活の心がけで防ぐことが可能なのも器質性EDの特徴です。身体の劣化を防ぎ、精力剤などで男性ホルモン分泌を促進してあげれば、解決も可能ですよ。

加齢によるホルモンバランスの変化

齢により男性ホルモンの分泌が減少し、その結果として勃起不全になることは、ある意味自然なこと。

勃起は、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンが「一酸化窒素(NO)」とその標的分子である「サイクリックGMP」を作り出し、これらが神経や血管に作用することで起こります。

また、テストステロンは脳内での「ドーパミン」という神経伝達物質の分泌に深く関わっており、これが減少すると男性は性欲が減退し、性行為そのものに興味を持てなくなるのです。

テストステロンの分泌量には個人差があり、中には40代、50代になっても若い頃と変わらない精力を保っている方もいますが、こちらは稀なケース。一般的に男性の性的欲求は25歳をピークに緩やかに減少していくといわれています。

統計上では、健康な日本人男性の5人に1人が、30歳前後でその衰えを自覚しているのです。

加齢により男性ホルモンの分泌が減少し、その結果として勃起不全になることは、ある意味自然なこと。とくに治療を必要とはしませんが、精力剤などを使用することで一時的に機能を回復させることも可能です。

おすすめ記事:

クラチャイダムゴールドの口コミと効果を徹底解説【クラチャイダムgold対談】

2017.08.12

病気やケガによる身体的ダメージ

陰茎の支配神経や血管、組織などに障害をきたし、勃起が不可能になる。
内臓障害などにより内分泌機能が低下し、男性ホルモンが不足して勃起できなくなる。
といったケースが挙げられます。

年齢別にみると50~60代の男性に多く、「動脈硬化」「糖尿病などの成人病」「泌尿器疾患」などが主な要因となっています。

〈動脈硬化〉
生活習慣などの影響で血管が硬くなる「動脈硬化」も、EDを引き起こす原因となります。
勃起は陰茎の海綿体に大量の血液が流れ込むことで起こります。そのため、動脈硬化によって流れ込む血流が阻害されると、陰茎は十分な血液を得られず、満足に勃起することができないのです。

40代以上の中高年男性は、加齢と運動不足により急激に代謝が落ち、知らず知らずのうちに血管年齢が上がっていることが多いものです。
そのまま症状が進めば「動脈硬化」と診断されることに。勃起不全はその予兆ともいえます。

動脈硬化の予防に一番効果的なのは、何といっても適度な運動を行い、全身の血流を確保すること。特に重要なのが、「第二の心臓」とも呼ばれるふくらはぎです。ウォーキングなどでこの部分の筋肉を収縮させると、周囲の血管がポンプのように働き、下半身に溜まった血液を勢いよく全身に巡らせてくれます。

〈糖尿病〉
生活習慣病の代表格ともいえる糖尿病は、症状が進むにつれて動脈硬化を引き起こすため、ED発症の原因であると考えられています。

糖尿病を引き起こすのは、偏った食生活や不規則な生活。バランスの良い食事を心掛け、睡眠をしっかりとる、適度に体を動かすなど、生活習慣を見直しましょう。

〈泌尿器の損傷や疾患〉
病気やケガにより泌尿器の神経や血管、組織等に障害が起こることで、勃起の機能に不具合が生じるケースです。具体的には、

  • 陰茎やその周辺の組織に、腫瘍などの病変が起こる
  • 同組織が、ケガなどによって損傷を受ける
  • 手術によってそれらの組織が影響を受ける、または取り除かれる

といった場合に起こります。

また、男性ホルモンのほとんどを分泌している精巣がケガや病気によって十分に機能しなくなることで、EDを発症するケースもあります。

アップス
どの項目も生活習慣が密接に関係していますよね。健康的な生活がいかに大切かがわかりますね。

喫煙による血管へのダメージ

日本でEDと診断される男性のなんと80%が、喫煙者

日本でEDと診断される男性のなんと80%が、喫煙者であるという事実をご存知でしょうか。

その原因となっているのが、タバコに含まれている「ニコチン」。この成分は血管を収縮させることで血圧を上昇させるため、「頭がすっきるする」「気分が落ち着く」などの効果を得られます。

しかし血管を収縮させることは、陰茎に流れ込む血流を阻害することに他なりません。喫煙はEDの大きな原因の一つといえるでしょう。

「百害あって一利なし」とはよく言ったものです。EDでお悩みの方は、ぜひ禁煙にチャレンジしてみてはいかがでしょう。

自分の意志では辞めることが難しいニコチン依存症の場合は禁煙外来などを利用するのも手です。

インポ改善には血流の流れを改善することが不可欠です。もしあなたが男の自信を取り戻したいならタバコはすぐに控えるべきです。

アップス
タバコ高いですよね!インポを改善したいならスパッとやめて、浮いたお金で精力剤を買うのが得策ですよ。

原因と対策4 偏った食生活や暴飲暴食

食生活の乱れも、器質性EDの大きな要因となります。

体内のホルモンバランスを正常に保つためには、十分なミネラルの摂取が必須。

ですが、忙しい今時の男性のように外食やコンビニ弁当が多くなると、どうしても米やパン、肉などが食事の中心になってしまい、野菜から摂取されるミネラルが圧倒的に不足してしまうのです。

中でも「セックスミネラル」とも呼ばれる「亜鉛」の不足は、EDと深い関わりをもつといわれています。

まずは野菜中心の食事を意識すること。できれば「亜鉛」を多く含む食材を取り入れることで、効果的にEDを解消できる可能性も。

アップス
亜鉛が多い食べ物の代表格が牡蠣ですよね。牡蠣の精力回復効果は亜鉛から来てるんですね。他にも牛肉やサバなどにも亜鉛が多く含まれています。

もしあなたが、元気を取り戻したいなら、これらの食べ物を積極的に摂取する事をおすすめします。

タイプ2 心因性ED(しんいんせい)

心因性EDの原因とは

心因性EDとは精神的ダメージによって起こる勃起不全のことで、日常生活から受けるストレスや心的外傷後ストレス障害(PTSD)などによって引き起こされます。

日常的にストレスにさらされ続けると、人は自律神経に失調をきたし、正常なホルモンの分泌を維持することができなくなります。

勃起に必要な男性ホルモン「テストステロン」も不足しますので、性行為中に十分な勃起をすることが難しくなるのです。

器質性EDと違い、心因性EDは身体的な事情に関わりなく起こるため、加齢の影響がなく健康的な10代、20代の男性でも発症するのが特徴です。

特に若年層の場合、ストレスに対する耐性が十分でない方も多く、心因性EDは若者に目立って多い勃起不全といわれています。

アップス
心因性EDは結構やっかいです。

オナニーなどが可能なのに、リアルではうまくいかないケースは実は多いです。でもこの場合も湧き上がる精力があれば克服可能。自信を取り戻すためには、なんといってもフル勃起力が必要ですね。

若年性EDとは?

と比べて直接人と関わることが少なくなってきている現代では、対人ストレスに対する耐性が低い

勃起不全は高齢者に多い病気と思われがちですが、現在深刻な問題となっているのは若年者のEDです。

パソコンやスマホが普及し、昔と比べて直接人と関わることが少なくなってきている現代では、対人ストレスに対する耐性が低く、精神的ダメージを受けやすい男性が増えています。

そのため、一人で行うマスターベーションはできても、相手のいる性行為では性的刺激よりもストレスの方を強く感じてしまい、セックスレスになってしまうのではと考えられています。

ただし、どういった事柄から精神的苦痛を受けるかは個人差があり、一概に「こういう状況でEDを発症する」とはいえないのが現実です。

以下に心因性EDの原因となりうるケースをいくつか紹介しますので、参考にして自分のタイプを確認しましょう。

アップス
若くても元気のない男性が増加中!これは深刻です。

二次元に逃げちゃダメ。精力剤や増大サプリを使ってリアルセックスを楽しみましょうよ

心因性EDの種類を知る

心因性EDの種類を知る

①日常生活におけるストレス

先の見通しの立たない生活や、大きな借金。妻や親、子供との不和。仕事上のプレッシャーなど、日常的に受ける強いストレスは、心因性EDを引き起こす大きな要因となります。

特に20代、30代の男性というのは、仕事においても家庭においても大きな変化にさらされることの多い年代。これらの変化が、人によっては大きなストレスとなることもあるのです。

②子づくりへのプレッシャー

子供を儲けるかどうかは夫婦にとって非常に重要な問題ですが、勃起不全に悩む男性にとっては悩みを通り越して大変なストレスになることが多いようです。

性的欲求が不足しているにも関わらず、妊娠を目的とした性行為を「義務」として行わなければならない場合、満足な勃起を得ることは非常に難しいといえるでしょう。

しかも、性行為中に十分な勃起を得られなかったという事実は男性の自尊心を激しく傷つけるものです。それが更なるトラウマとなり、ますます悪循環に陥ってしまうことも少なくありません。

アップス
息子は相当センチメンタル。基本受け手の女性にはわからないことかもしれませんが…ここはしっかり理解してもらいたいですよね。

③不安感

「会社を突然リストラされるかもしれない」
「夫が・妻が、浮気をしているんじゃないか」
「子供が学校でいじめに遭うのでは」
「自分は誰にも必要とされていないのかもしれない」

人が不安を感じるポイントは、実に様々です。他人から見ればどうということのないようなことでも、当事者にとっては夜も眠れないほどの大問題であることも。

特に不眠を招くほどの不安感は、EDの大きな原因となり得ます。

④心的外傷後ストレス障害(PTSD)

非常に強い恐怖を感じたり、ショックな出来事に直面したりすると、心の傷が後々まで残り、その場面が突然ありありと蘇るフラッシュバックなどの症状に悩まされることがあります。

これは心的外傷後ストレス障害(PTSD)と呼ばれるもので、睡眠障害や食欲不振などの身体的変化を伴うため、自律神経の働きを阻害し、EDを発症させる原因となります。

⑤幼少期に虐待など

強いストレスを受けることで、成長してからEDを発症することも。時間が経過しているために、原因を特定することが難しいケースが多いようです。

⑥性的トラウマやコンプレックス

意に染まない性行為を強要されたり、もしくはバカにされたりといったことが原因で、行為そのものに恐怖感や嫌悪感を感じるようになり、EDを発症してしまうケースもあります。

⑦バーチャル依存

専門的には「テクノ症候群」と呼ばれる症状で、パソコンやスマホなどのバーチャルメディアに没頭するあまり、現実社会とうまく関われなくなってしまうというものです。

ある種の「中毒」になることで自律神経の失調を招き、パソコンやスマホへの強い依存、他者への興味の欠如など、様々な症状を示すように。

性的興味の対象も二次元の世界に求めることが多くなり、生身の女性に興奮を覚えることができない「バーチャルED」という症状が起こることもあるようです。

アップス
AVの見過ぎや、二次元ばかりでオナニーしまくるのは危険。ED街道まっしぐらですよ。VRエロ動画なども控えるべきでしょう。

⑧妻に対する勃起不全

にだけは性的欲求を持つことができないという男性も多い

世間には、女性に対する興味を失ったわけではないのに、妻にだけは性的欲求を持つことができないという男性も多いようです。

一般的にはこれを「妻だけED」と言います。

人間の本能に『種の保存』という項目が存在する以上、自分の遺伝子をより確実に残すため、男性の性的興味が様々な女性に向かうのはむしろ当然なのかもしれません。

が、社会生活を営む上では常識というのもある程度重要になってきます。誰彼かまわず関係を持つというのは、あまりまともな行為とはいえないでしょう。

となると、夫の「妻だけED」という症状は非常に問題。離婚に発展するケースも少なくないといわれています。

アップス
日本人は特にパートナーに対してのスキンシップが少ないと言われますね。

風俗や不倫では元気なのに、妻には…という男性は確かに多いですね。家庭を守らなければならないプレッシャー+妻からの心ない一言に耐えている男性も多数でしょう。日本社会においては「妻だけED」ももはや文化的側面といえるのかも知れません。

●心因性EDへの対策その1 十分な睡眠
精神的ストレスによって引き起こされる心因性ED。その予防に一番重要といえるのは、何といっても「十分な睡眠」です。

正常な勃起にとって重要なのは、「男性ホルモン(テストステロン)の分泌」と「自律神経の正常な働き」。この二つは、体が欲する睡眠を十分にとることで初めて整うのです。

●心因性EDへの対策その2 ストレスの発散
日常で感じる不安を一時忘れてしまえるほど没頭できる趣味を見つけることは、ストレスの解消に大きく役立ちます。

激しく身体を動かすようなものだとより効果的。取り組んでいる間は不安を感じる余裕もありませんし、不眠解消の一助にもなります。

もちろん、集中して手先を使うような作業でもOK。工作のように時間を忘れて没頭できるものなら、十分ストレスを解消してくれます。

注意したいのは「インターネット」や「買い物」、「賭け事」など、依存性の高い方法を避けること。これらに没頭しすぎると、新たな問題を招き更なるストレスや不安を背負い込むことにもなりかねません。

●心因性EDへの対策対策その3 心療内科の受診

心療内科などの専門医は、症状がこじれる前に受診することで大きな改善を得られるケースもある

EDをなんとか解消しようと様々な方法を試しても、必ず効果が得られるとは限りません。それどころか、努力が報われなかったことで新たなストレスが生まれてしまうという悪循環に陥ることもあります。

そんな時には、プロに頼るというのも1つの手段。心療内科などの専門医は、症状がこじれる前に受診することで大きな改善を得られるケースもあるようです。

アップス
一人で悩むよりも専門医に相談するほうが、より確実に早く治癒することができるでしょう。

ここは恥ずかしがらずに。あなたの自信を回復させる手段として思い切ってみましょう。

タイプ3 混合性ED(こんごうせい)

器質性と心因性の混合型勃起不全のことで、実は一番多いといわれているのがこのタイプのEDです。

心と体の両方に原因があるため、特定するのが非常に難しいといわれており、解消までに長い時間を要するケースも見られます。

焦らずに、自分の心と体をじっくりと見つめて原因を特定し、一つ一つ対処していくことが大切です。

アップス
EDの原因は複合的な問題である事が多いですよね。

単に精力が出ないだけではないんです。まずは焦らずに、日々の食生活を改めて健康を意識、そしてストレスなども発散しつつ、精力剤を利用して根本的な精力の基礎を強化しましょう。

そうすれば自然と自信も漲り、ED克服も視野に入ってきますよ。

テストステロンを増やすサプリメントや精力剤を利用する

精力剤やサプリメントを効果的に利用しましょう。

すでにEDでお悩みの方にとって、その解消に効果のある栄養素を、普段の食事だけで十分に摂取するのは難しいものです。

そんな時には、精力剤やサプリメントを効果的に利用しましょう。

精力剤には、テストステロンの分泌を活発にするアルギニンなどの成分がタップリ含まれています。

一方で精力剤などのサプリメントは、男性ホルモンの分泌に必要な栄養素がより高い効果を発揮するよう最適な種類や量に調整され、配合されています。

どちらも手軽に効果を実感できると評判の商品がたくさん発売されていますので、試してみる事をおすすめします。

その際には精力剤よりもペニス増大サプリを利用して、最短で精力回復をめざしませんか?

男性ホルモンの分泌を促進させる栄養素とは

EDの解消に必要不可欠なのが、男性ホルモンである「テストステロン」。
このホルモンの分泌量を増やすためには、以下の栄養素を十分に摂取する必要があります。

亜鉛

ミネラルの一種で、たんぱく質の合成に欠かせない栄養素。精子の生成やテストステロンの分泌に深く関わっており、「男性ホルモンといえば亜鉛」と認識されていることも多い。
含有量の多い食品は海苔・牡蠣・レバー・納豆・卵など。
体に蓄積されない栄養素であるため、常に摂取する必要がある。

おすすめ記事:業界最大級の有効成分配合

アルギニン

アミノ酸の一種。血管を拡張させる作用のある一酸化窒素を発生させる。血行を促進することで代謝を上げるため、動脈硬化や生活習慣病の予防に役立つといわれている。
男性ホルモンの分泌にも深く関わっており、テストステロンの生成に不可欠。

おすすめ記事:

アルギニンの効果は?ED改善+ペニス増大力を徹底検証!有効活用で男の自信奪還

2017.08.26

ただし、アルギニン単体で力を発揮することはなく、次に挙げるシトルリンと一緒に摂取する必要がある。

おすすめ記事:ダントツのアルギニン量配合

バイタルアンサーの口コミと効果をレビュー【バイタル対談】

2017.08.13

シトルリン

アルギニンとの相互作用で働く成分。やはりアミノ酸の一種で、血管の拡張など体内での作用もほぼ同じである。
シトルリンも単体では体内に吸収されないため、アルギニンとセットでの摂取が必要。しかし通常の食事では困難なため、バランスよく双方を配合したサプリメントが人気を集めている。

おすすめ記事:業界最大級のシトルリン配合

マカ

主に南米で栽培されている植物。健康な体を維持するために必要な5大栄養素をバランスよく含み、特にアミノ酸やミネラル・ビタミンの含有量が豊富。滋養強壮や毎日の栄養補給はもちろん、精力剤としても重用されており、「天然のバイアグラ」とも呼ばれている。
ホルモンバランスや自律神経の働きを調整し、正常に保つ働きがあるため、器質性・心因性どちらのEDにも効果が期待できる。

おすすめ記事:マカの2倍のアルギニン量配合

クラチャイダムゴールドの口コミと効果を徹底解説【クラチャイダムgold対談】

2017.08.12
これらの成分がしっかり含まれた精力剤や増大サプリを継続利用する事でインポ予防となりますので、積極的に利用していきましょう!

 


よく効く増大サプリを本物の口コミから徹底検証

ペニス増大トレーニング方法生の口コミ体験談を基に責任を持って監修する「増大サプリおすすめランキング」大公開!モテる男は知っている本当に実力のあるペニス増大サプリを余すこと無くご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です