エナジードリンクの実感力は?アルギニン配合量比較で見るエナジードリンクランキング

エナジードリンクの効果は?アルギニン配合量比較で見るエナジードリンクランキング

エナジードリンクといえばレッドブルやモンスターエナジーを思い浮かべるのでは?

コンビニなどでも手軽に買えるエナジードリンクには「アルギニン」が配合されていることも多く、精力回復も狙えます。

ここではサクッと買えて素早くやる気を引き出すエナジードリンクを精力ドリンク目線でランキング!

アルギニンパワーを上手に利用して「ここぞの時」に自信を持って望みましょう。

L-アルギニン量で決めるエナジードリンクランキング

アルギニン量以外に実感の目安となるカフェイン量にも注目してみましょう!

モンスターエナジー 355ml

モンスターエナジー
・アルギニン 444mg
・カフェイン 40mg

第1位はコンビニなどでよく見かけるモンスターエナジー。444mgのアルギニンを配合しています。ただし、444mgといっても0.44gでありすぐに勃起するほどの量ではありません。

レッドブル 250ml

レッドブル
・アルギニン 250ml
・カフェイン 80mg

第2位は王道エナジードリンクのレッドブル。250mgのアルギニン量を誇ります。内容量が少ない割に多くのアルギニンを含んでいます。1缶あたり39gの糖分が含まれているため、ガツンとした疲労回復実感が味わえるのも特徴です。

ミラクルエナジーV 250ml

ミラクルエナジーVエナジードリンク
・アルギニン 130mg
・カフェイン 8.8mg

変わり種として激安飲料を展開するサンガリアが製造しているミラクルエナジーVを第3位にノミネート。
アルギニン量は意外にも多くその量1本130mg。Amazonなどでまとめ買いすれば1本あたりの価格が100円を切るというコスパの良さもポイントです。カフェイン量は他のエナジードリンクと比べるとかなり控えめのため、幅広い年齢層をターゲットにしているのかもしれません。

ロックスター 250ml

ロックスターエナジードリンク
・アルギニン 120mg
・カフェイン  80mg

コンビニなどでたまに見かけるエナジードリンクです。すっきりした味わいで飲みやすいのが特徴。アルギニン量は120mgですが、マリアアザミなどの肝臓をケアするハーブ系成分も配合しています。

番外編ドリンク検証

強強打破 50ml

強強打破
・アルギニン 150mg
・カフェイン 500mg

エナジードリンクではないものの、眠気覚ましドリンクの強強打破にも多くのアルギニンが含まれています。驚くべきはカフェイン量!1本あたり500mgものカフェインが含まれており、アルギニンとセットで一時的な気分高揚が狙えそうです。精力ドリンクとして利用してみるのもありでしょう。

RAIZIN 200円 185ml

RAIZINエナジードリンク
・アルギニン 0mg
・カフェイン 27mg

リポビタンDの大正製薬が製造するエナジードリンクです。分類はエナジードリンクなのですが、アルギニン配合量は0mg。ショウガベースのすっきりした味わいで糖類ゼロでカロリーゼロで気分をリセットしたい時に向いています。

エナジードリンク業界はペニス増大サプリや精力剤同様に激戦です。

新商品が出ては消えを繰り返す中、モンスターエナジーとレッドブルの2強が引っ張る構図ですね。

モンスターエナジーとは

ロング缶で飲みごたえのあるエナジードリンク。アルギニン量はダントツの444mg!さらに高麗人参などの強壮系成分を多く含まれることから、精力ドリンクとしての実感も見込めます。

モンスターエナジーはモンスタービバレッジ社(英語版)が販売する主力商品の栄養飲料で、北米では幾つかの風味が700ミリリットルなど各種容量と容器で販売されている。

日本ではアサヒ飲料が、モンスターエナジー、モンスターカオス(30%混合果汁入り)、モンスターエナジーアブソリュートリーゼロ、ウルトラ、[2]モンスターM3の5種を2012年に独占発売している。なお原材料にタウリンを用いる米国オリジナルレシピは日本の薬事法で医薬部外品に分類され、清涼飲料水として扱えないためLアルギニンに替えている。

出典:モンスターエナジー | wikipedia

レッドブルとは

最も有名な元祖エナジードリンクと言えるレッドブル。アルギニン量は250mgですが、カフェイン量が80mgと大量のため、シャキっとしたい時に力を発揮するエナジードリンクです。

レッドブルは、主にカフェイン、アルギニン、ナイアシン、パントテン酸を含みパフォーマンスを発揮したい時のために開発された。
出典:レッドブル | wikipedia

最も気軽に入手でき、レッドブル同様に市民権を得ている代表的なエナジードリンクといえばモンスターエナジーでしょう。

アルギニン量もダントツで、カフェイン量も相まってここぞの時に気分的に盛り上げてくれるはずです。

エナジードリンクに多く含まれるL-アルギニンに期待できる実感とは

エナジードリンクに多く含まれるL-アルギニンに期待できる実感とは

L-アルギニンは簡単にまとめると以下の4つの実感が期待できると言われます。

1.成長ホルモンの分泌促進

L-アルギニンは成長ホルモン分泌を促して、筋肉の疲労回復や肌の健康維持をサポート。筋トレや運動の際に摂取するのに適しています。

脂肪の代謝を促すのでカラダの引き締めにも役立ちます。

2.精力回復や性機能の改善

マカやクラチャイダムなどにも豊富に含まれるアルギニン。アルギニンは精子増産もサポート。

一酸化窒素生成を促し、血流改善や勃起力を高める環状グアノシン一リン酸を活性化する働きもあります。

3.疲労回復

アンモニア増加を抑えることで疲労回復をサポート。

アルギニンは血中のアンモニア濃度を下げるといった実験結果もあるようです。

4.免疫力を高める

免疫細胞マクロファージを活性化させて免疫力を高めるとされます。マクロファージとは白血球の一種で細菌やウイルスに立ち向かいます。

免疫力アップの力を生かして、感染症予防のための点滴にもアルギニンが利用されているようです。

アルギニン量の1日摂取目安は?

成人の場合、1日に2gから9gのアルギニン摂取で一酸化窒素の生成や成長ホルモン分泌をサポートすることができると言われています。

体重や体質によって個人差がある数値ですが、2,000mg以上のアルギニン摂取を目安にするとよいでしょう。

アルギニン2,000mgと聞くと相当な数値に感じますね。増大サプリでも1日2,000mg以上のアルギニン量を摂取できるサプリは限られてきます。

ただし、アルギニン意外にシトルリンが含有されている場合はシトルリンがアルギニンと同様の働きをサポートしますので、一概に2,000mgのアルギニンが含まれていないと実感が出ないわけではありません。

最もアルギニン量の多い精力剤のバイタルアンサーで1日あたり1,600mgのアルギニンが摂取できます。

なおバイタルアンサーはアルギニン意外にもシトルリンやトリプトファンなどのアルギニン同様の実感が期待できるアミノ酸をたっぷり含んでいます。

アルギニンを多く含む食品

五訂食品成分表からみる食品のアルギニン含有量(100g中)

・味噌:910mg
・納豆:940mg
・油揚げ:1500mg
・エビ:1800mg
・大豆:2800mg
・鰹節:4000mg
・高野豆腐:4100mg

これを見ると食品に含まれるアルギニン量はかなりの量なんですね。全般的に大豆製品はアルギニン量が多いのが特徴です。

またアルギニンは魚介類に豊富に含まれます。マグロやエビ、カツオなどから手軽に摂取することができるので、日頃の食生活で魚介類を意識して取り入れることで、アルギニンパワーの恩恵が受けられます。

そして比較するとエナジードリンクのアルギニン量はそこまで多くないのがわかります。エナジードリンクのアルギニン含有量は数字のトリック的なものもあるでしょう。

ですが、日頃毎日高野豆腐を食べるわけにもいきませんよね。エナジードリンクは手軽にアルギニン補給をする意味では重宝できる存在と言えます。

エナジードリンクの飲み過ぎには要注意!

エナジードリンクの飲み過ぎには要注意!

手軽に購入でき、飲めばシャキッとするエナジードリンクですが、手軽さゆえに過剰に使用してしまう危険もあります。

実際にエナジードリンク中毒になる人も後を絶たず。用量を超えての使用は健康被害にもつながりかねませんので注意が必要です。

カフェイン中毒に注意する

1日のカフェイン摂取目安は、国や体重によってさまざまですが、エナジードリンクによるカフェインの過剰摂取による健康被害も報告されています。

カフェインの過剰摂取について

エナジードリンクを多用して死亡した男性について、解剖を担当した医者がカフェイン中毒死と判断したとの報道がありました。この件が示すように、特定の栄養・機能成分を添加した食品や飲料の過剰摂取には注意が必要です。

出典:農林水産省

そのため精力回復実感を狙って1日に何本も飲むことは控えましょう。

精力回復実感を狙うのであれば、エナジードリンクよりも精力剤やペニス増大サプリを使用するのが安全・安心ですしコスパにも優れています。

ちなみにカフェイン量参考値は以下の通りです。

レッドブル(250ml缶)1本 80mg(32mg/100ml)
コーヒー1杯 40~180mg
栄養ドリンク系1瓶 30~80mg
お茶1杯 50~80mg
コーラ1缶 30~50mg

エナジードリンク1本あたりのカフェイン量は他の飲料と比較しても多くはありません。ただし上記の通り、手軽さでつい使用量が増えてしまう恐れがあるので使用には十分な注意が必要です。

糖分に注意する

糖分の取りすぎには要注意!

エナジードリンクの多くは大量の糖分が含まれています。

モンスターエナジーやレッドブルは100mlあたり10gほどの糖分が含まれています。小さな缶の中に500mlのコーラと同様以上の糖分が含まれている商品もあるようです。

エナジードリンクが他のジュースに比べて特別に糖分が多いわけではありませんが、くせになって1日に何本も飲んだ場合、肥満や糖尿病リスクもあることを意識しておきましょう。

エナジードリンクと精力ドリンクの違いとは?

エナジードリンクと精力ドリンクの違いとは?

エナジードリンクの主な目的は大量のカフェインや糖分で血糖値を速やかにあげて眠気などを覚ましたりするのが目的でしょう。

精力回復成分のアルギニンが含まれて入るものの、精力回復実感はサブ要素でしょう。清涼飲料水の延長なのがエナジードリンクでジュースとして利用にも適していますね。

一方で精力ドリンクは、その名の通り精力回復を狙った商品です。そのため強壮成分を濃縮したものが多く、カフェイン量は控えめで、内容量も少なめです。

アルギニンの副作用

アルギニンなどのアミノ酸は強アルカリ性のため、過剰摂取すると胃や腸などの消化器官の粘膜を荒らす恐れがあります。

また、血管拡張作用があるため頭痛を引き起こす場合もあるようです。

適量であれば大きな副作用の心配はないとされますので、用量は必ず守って使用しましょう。

リポビタンDはアルギニンが入っていない

疲労回復実感が期待できる栄養ドリンクといえばリポビタンDが有名ですが、リポDにはアルギニンが含まれていません。

その代わりリポDの代名詞とも呼べる「タウリン」が含まれています。

タウリンもアルギニン同様に疲労回復実感が期待できる成分。リポビタンDは、より強力な医療薬成分であるタウリンが含まれているためにアルギニンを含む必要がないのかもしれません。

なお海外のエナジードリンクは「アルギニン」ではなく「タウリン」が使われている場合が多いです。アメリカ版モンスターエナジーでもタウリンが使用されています。

タウリンとは

タウリンは肝機能の回復実感が期待できる成分です。これはアルギニンにはない実感です。

タウリンは肝臓内の中性脂肪を排出したり、解毒作用や血糖値の正常化をサポートし、疲労回復を促すとされます。

なおタウリンは医薬品成分で、日本では清涼飲料水であるエナジードリンクには含めることができません。

諸外国ではタウリンを含んだ形で販売されるが、日本では清涼飲料水としての規格の下で製造・発売されているためにタウリンを使用することができず、アルギニンなどで代用されているがタウリンと同等の作用はしない。

出典:タウリンの実感 | wikipedia

アルギニン配合量比較で決めるエナジードリンクランキングまとめ

エナジードリンクのアルギニン配合量はペニス増大サプリや精力剤と比較するとけして多いものではありません。

アルギニンの実感を期待して使用するよりも、大量のカフェインによる実感で一時的な気分の高揚を狙うほうがよさそうです。

精力回復実感を狙うのであれば、精力ドリンクやサプリメントが適しています。

もしあなたがセックスに自信がなくてエナジードリンクを検討しているのであれば、迷わずに精力剤を使ってみることをおすすめします!


よく効く増大サプリを本物の口コミから徹底検証

ペニス増大トレーニング方法生の口コミ体験談を基に責任を持って監修する「増大サプリおすすめランキング」大公開!モテる男は知っている本当に実力のあるペニス増大サプリを余すこと無くご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です