フル勃起しない原因は心因性と器質性の2種類!具体的なED対策方法まとめ

フル勃起しない原因は心因性と器質性の2種類!具体的なED対策方法まとめ

いざ女性とのセックスを前にしてペニスがフル勃起してくれないという経験のある男性は意外と多いものです。性欲はあるのにペニスがフル勃起しない。

その要因はさまざまで、専門のクリニックでも原因を特定するのは難しいそうです。

フル勃起しない原因としては、心の問題と体の問題が考えられます。ではフル勃起しない原因と対策方法について見ていきましょう。

フル勃起しない原因【心の問題】

人間は日々の暮らしのなかでさまざまなストレスを抱えていて、セックスの際にうまく勃起できない要因となります。

ストレスの内容としては、家族や仕事面での人間関係、また過去のセックスでのトラウマなどが挙げられます。ペニスを勃起に導くためには、何よりリラックスすることが大切。

エッチな画像を見る、女性のエロい声を聞く、パートナーから性感帯をタッチされる、など、五感に性的刺激を感じるとで、脳の中枢からペニスの勃起の指令がなされて、フル勃起状態になります。

このように勃起は脳と密接に関係しているので、ストレスや悩みなどで脳がほかのことを考えていると、この勃起のシステムがうまく作動しません。

では、心の問題によるED、心因性のEDについて詳しく見てみましょう。

1.ストレス(自律神経失調症)によるED

忙しい毎日、会社での人間関係などでストレスを抱え精神的に疲れていると、ペニスの勃起が妨げられることがあります。

セックスの際にも、ストレスの原因や悩みを頭が思い出してしまいセックスに集中できず性欲が減退して、中折れする、途中で萎えるなどしてしまうのです。

多くの場合、心とともに体も疲れていて、心身両面からくるEDを「混合性ED」と呼びます。心と体の疲れが限界に達すると自律神経失調症を発症することがありさらに深刻です。

自律神経失調症になると、体の機能が狂い、体調の悪化や勃起できない状態になります。私たちは自律神経の働きにより、交感神経と副交感神経を交互に作用させています。

このうち勃起するのは副交感神経が優位にあるリラックス状態の時です。そして、射精をする一瞬だけ交感神経優位になります。心因性EDの改善にはなにより心と体の休息が必要です。

ストレスの要因となる仕事や人間関係を排除できれば一番良いのですが、多くの場合、転職や辞職などは簡単にはできません。

ストレスをまったくゼロにするのは難しくても、少しでもストレスを和らげる工夫をしましょう。書籍から人とのコミュニケーション術を学ぶ、マインドを強化して免疫力をアップさせる、精力サプリを取り入れる、生活習慣を整える、といった方法がおすすめです。

ストレスがたまっているなと感じたら、休日に一人旅してみる、仕事とまったく関係のない趣味を作って没頭する、などして心身共にリフレッシュしましょう。

疲れているからと、一日中だらりと過ごしていると逆実感。アクティブな休日ライフでストレス解消を目指しましょう。

2.妻だけED

妻だけEDという言葉をご存知でしょうか。フル勃起できるポテンシャルはあるものの、マンネリ化により妻では勃起できない状態のことで、最近、一部テレビや雑誌などで取り上げられて話題になったワードです。

いわゆる慣れにより、妻を見ても脳が性的興奮を感じられなくなる現象。妻だけEDを解消するためには、ラブホや旅館でトライする、大人のおもちゃを使ってみる、など非日常を演出して日常生活とのラインを引くことが有効です

。また妻にちょっとエッチな下着をつけてもらうのもひとつでしょう。自宅だともうひとつ元気にならないペニスも、ラブホテルでは何度もできるという例もあります。

3.セカンドセックス

EDで経験がない、あるいは以前のセックスからかなり間が空いている、などのシチュエーションで緊張してしまうのはやむを得ないこと。

この緊張から勃起がスムーズになされない、中折れする、といったセカンドセックスEDが引き起こされます。セカンドセックスEDの改善には、何よりセックスや女性への慣れが大切です。

信頼できるパートナーと巡り合い、セックスの回数を重ねていきましょう。

4.若年性ED・バーチャルED

若年性ED・バーチャルEDも、若年層に多い症状です。前述の若年性EDは主に経験不足などによるものですが、バーチャルEDはその逆とも言えます。

アニメの世界に陶酔し、二次元のキャラクターに恋している状態で、生身の女性に魅力を感じられないのです。アニメの世界というのはフィクションであり、登場する女の子は理想のままにかわいく描かれています。

ですが実際に女性とお付き合いすると、けんかしたり幻滅したり思い通りにいかないことだらけ。そして現実世界のリアルな女性に性的興奮を得られなくなります。

この場合は、二次元のアニメの世界から遠ざかることが先決。現実の女性とぶつかりながらも向き合うことが大切です。

5.コンドームED

コンドームEDは、セックスの際にコンドームを装着した瞬間にペニスが萎えてしまう症状です。セックスの流れのなかで、コンドームをつけるという行為は一瞬現実にひき戻り理性が呼び起こされる動きです。

そのため頭が冷静になりペニスも萎えてしまうのです。セックスの際にはコンドームを女性につけてもらう、部屋を暗くする、など、なるべくセックスの一環としてコンドームを装着するとよいでしょう。

6.経済的な悩みに起因するED

経済的な悩みからフル勃起できなくなることもあります。経済的な悩みというのは、人の脳を疲弊させるもの。セックスしていても、借金や支払いなどが頭を巡り、勃起を阻害するのです。

この場合、抱えている経済的な問題を少しでも改善して、心にゆとりを持つことが近道です。

7.妊活ED

妊活EDは、まさに子供を授かりたいというプレッシャーから勃起できなくなる症状です。親族から不用意に発せられる言葉や妻が一生懸命妊活に取り組む姿から、逆にペニスが萎えてしまうことがあります。

自分の気持ちを妻に伝えて、焦らずになるべく自然に妊活にいどみましょう。本来勃起できる状態なので、心の持ち様などで改善できるでしょう。

8.膣内射精障害

膣内射精障害は、性機能障害のひとつです。遅漏など膣内で射精できない症状を指します。膣内射精障害の原因は下記のものがあります。

間違ったオナニーの習慣化

膣内射精障害の原因のひとつが間違ったオナニーによるものです。例えば、床オナと呼ばれる、床に陰茎を擦りつけるやり方や、必要以上に強くペニスを握るやり方です。

オナニーによる強力な刺激に慣れていると、いざペニスを膣に挿入しても膣圧を弱くしか感じられず、刺激不足で膣内で発射できなくなります。

膣内で射精できるように、床オナなどの刺激の強い自慰行為をやめましょう。

スポンサードリンク

過度の飲酒

お酒は百薬の長、ですが過度な飲酒は勃起を妨げる要因となります。勃起は脳からペニスに神経伝達がなされ起こるのですが、お酒を飲みすぎると肝心の脳が麻痺してしまいます。

さらに飲酒は軽い麻酔をしているのと同じような状態を引き起こし、皮膚感覚を鈍らせ、ペニスへの快感も少なくなります。

酔っている時にうっかり足をすべらせて転んでも、あまり痛みを感じにくいのはこのためです。酔いがさめて起きてみたら、結構な怪我だったという経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

遅漏

遅漏は膣内射精障害の代表的なものです。前述の間違ったオナニーや緊張などによりイクことができない状態です。

緊張

人は、緊張状態にあると交感神経が優位に立ちます。勃起は副交感神経が優位の時に起こるので、交感神経が優位になる緊張状態では、勃起できません。女性とのセックスの回数を重ねることで、緊張せずにセックスを楽しめるようになるでしょう。

2.加齢による男性ホルモン・テストステロンの減少

男性ホルモンのテストステロンの減少も勃起を妨げる要因のひとつです。テストステロンは男性が男性らしくあるためのホルモンで、男性らしい筋肉や骨格、内臓の形成し、男性の性機能を司っています。

そのため体内でテストステロンが減少すると、性欲が減る、精子の生成が減るという現象が起こります。フル勃起するためには、前述の動脈硬化とテストステロンの減少を食い止めることが大切です。

特に現代人は脂質や炭水化物や脂質、ミネラル、ビタミンなどの必要栄養素が不足している傾向にあります。

ミネラルやビタミンには抗酸化作用がありエイジングケアにもってこいです。フルーツや野菜に多く含まれますので、積極的に摂取しましょう。

3.筋量不足

日々の仕事に追われている、寒くて億劫、など年齢を重ねるにつれ、運動不足に陥りがちです。運動不足は、血流の低下や筋肉不足、さらには肺機能の低下を招き、勃起を妨げる要因のひとつになります。

大腿四頭筋や大腿二頭筋といった下半身の大きな筋肉には、ペニス周辺の血流を促進する役割があり、この筋肉が不足すると血流が低下して勃起しにくくなります。

さらに、ジョギングなどを代表とする有酸素運度を長い間しないままでいると肺機能が低下していきます。一見関係ないようですが、肺とペニスには密接な関係があり、酸素の取り込みがよくないと、勃起力が低下します。

会社でのエレベーター移動を階段に切り替える、休日に軽くジョギングする、など日常生活に無理なく適度な運動を取り入れるとよいでしょう。

4.悪い食生活

食生活と精力は切っても切り離せない仲。野菜やフルーツなどを食べないで偏食を続けていると、精力が減退し勃起しにくくなります。脂っこい外食ばかりなのもよくありません。

悪玉コレステロールが増えて動脈硬化に繋がります。健康な精子をつくるためには亜鉛、アルギニン、セレン、ビタミン群といった栄養素が必要です。

健康的な食生活を心掛けながら足りない部分はサプリで補うとよいでしょう。

5.睡眠不足や睡眠サイクルの乱れ

不規則な生活などにより睡眠サイクルがばらばらの状態を続けていると、自律神経が乱れます。自律神経は、まさしく生命の司令塔。体内で心臓などの内臓を動かしています。

ですから自律神経のバランスが崩れると、体調も崩れ勃起しにくくなります。別の側面からみてみると、勃起は副交感神経が優位の状態で起こります。

自律神経がバランスを失い、交感神経が優位になるばかりだと勃起できません。生活サイクルを整えて、質の良い睡眠をとりましょう。

6.喫煙

タバコに含まれるニコチンにより、血流が悪くなり血圧が上がります。血流の悪化は勃起を妨げます。

なおニコチンは体内に取り込まれてからおよそ3時間血管内を巡り、その後少しずつニコチン濃度が低下して正常な血圧に戻ります。ですからセックス直前の喫煙はおすすめできません。

7.飲酒

酒は百薬の長とも言われ、適量の飲酒であればリラックス実感を得ることができ勃起しやすくなります。

ただし過度な飲酒は禁物です。皮膚や神経の感覚が麻痺してペニスの感度が下がります。

その結果、勃起しにくくなる、セックスの最中に中折れする、といった状態を引き起こします。自分に合った量のアルコールを楽しみましょう。

8.過度なオナニー

過度にオナニーをして射精していると、睾丸内の精子の量が減ってしまいます。そして肝心の本番のセックスの時に精子の量が足りないという事態になります。

男性は睾丸内の精子の量が多いほど、射精欲や性欲が湧きますから、セックス時のフル勃起のために、オナニーの回数を減らしましょう。

フル勃起のためのED治療薬について

フル勃起しないとお悩みの方にはED治療薬の存在があります。日本ではバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類のED治療が認可されています。

ED治療薬は保険診療外の扱いで、薬の価格はだいたい1錠1,300円〜1,500円、診察料を含めると1万円を越えるようです。

またED治療薬は医薬品であり、顔のほてり、動悸、鼻づまりといった副作用の可能性があります。ED治療薬を服用すると、だいたい30分〜1時間くらいで急速に血流がアップして勃起力が高まります。

もちろん唐突に勃起するわけではなく性的刺激により勃起しますのでご安心ください。ED治療薬は専門のクリニックや泌尿器科を受診して処方されます。

ただし現在では、ED治療薬をネット通販で手に入れることができます。「あんしん通販薬局」というサイトがあり、日本で認可済みのED治療薬の通販をしていますので、病院に行くのは抵抗があるという方におすすめです。

フル勃起のためにの精力サプリメントについて

前述のED治療薬は副作用が心配、経済的に難しい、そんな方にもおすすめできるのが、精力サプリです。ED治療薬のような即効性はありませんが、持続した精力を維持できます。

サプリにもよりますがだいたい月数千円のコストです。またマカやクラチャイダム、シトルリン、スッポンといった自然由来の成分からなっていて、副作用の心配もあまりありません。

なかでも「海乳EX」は牡蠣を主成分とし、精子量アップや性欲アップに実感的。体の奥底からムラムラした性欲が湧いてきて、オナニーやセックスをよりよいものにしてくれます。

また「マカ&クラチャイダム12000」は、疲労回復や勃起力アップに実感的です。カチカチの硬いペニスで女性を喜ばせることができるでしょう。

「VITOX」はペニスサイズアップを目指す方におすすめのサプリです。VITOXには精力増強に有用な成分がなんと100種類も配合されています。

1ヶ月でペニスの長さが1センチ長くなったという喜びの声もあります。力強い勃起だけではなく、ペニスの増大にも実感的でおすすめしたいサプリです。


よく効く増大サプリを本物の口コミから徹底検証

ペニス増大トレーニング方法生の口コミ体験談を基に責任を持って監修する「増大サプリおすすめランキング」大公開!モテる男は知っている本当に実力のあるペニス増大サプリを余すこと無くご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です