主婦の不倫相手は「複数」が安全!家庭を守る5つのコツ

主婦の不倫相手は「複数」が安全!家庭を守る5つのコツ
この記事の3つのポイント

 不倫で家庭を壊しちゃ絶対ダメ
 「女は恋にハマりやすい」を自覚
 家庭を最優先!自分主導がポイント

女性、特に「主婦」が不倫する場合、不倫相手が複数いるのってどんなイメージでしょう?

「軽薄」?「ビッチ」?きっと、世間ではろくでもないイメージですよね。

ですが、「家庭を壊さない」を最優先に考えた場合、女性の不倫相手は絶対に「一人よりも複数」の方が良いのです。

今回は、主婦が不倫を楽しみながら家庭を守るための5つのコツをご紹介いたします。

1.主婦の不倫相手は複数作ろう

主婦が不倫する場合、不倫相手が「ひとり」だと身の破滅を呼びやすいです。それはつまり「不倫がバレやすい」「家庭が壊れやすい」ということ。

ここでは女性が「複数」の不倫相手を持つべき理由をご紹介いたします。

「ひとり」だとバレやすいから

主婦が不倫する場合、「相手はひとり」というのがほとんどでしょう。

ですが、ひとりの不倫相手と付き合い続けると「バレやすい」というデメリットがあります。
それは、行動がワンパターンになりやすいから。

たとえば「会う曜日や時間帯」。

だいたい人間の日々の行動パターンは同じですから、「この曜日なら会える」「この時間帯なら会える」というのが決まっていますよね。

それを繰り返していると、夫や家族から「いつもこの時間に外出するな」など記憶されやすくなってしまいます。

また、女性は相手の男性の好みに合わせがちなので、「スカートが多くなった」とか「甘い香水を付けるようになった」など、その他の時との行動の違いが目立ちやすくなります。

また、不倫相手と密会する「場所」も、ひとりの相手とならだいたい同じような所になりがちですよね。

一定の同じ行動を繰り返すということは、それだけ他人の目から認識されやすくなるのです。

不倫は「バレない」のが鉄則ですから、ひとりの相手とワンパターンの行動をとることは極めてキケンと言えるのです。

不倫は「バレない」のが鉄則

女は恋にハマリやすいから

いくら不倫といえど、まったく気持ちの入っていない相手とセックスできる女性は少ないでしょう。

男性は性欲だけでセックスできるけど、女性はある程度「心」を許した相手でないと自分のカラダを預けることはできませんよね。

だからこそ女性の不倫相手は「ひとり」になりがち。

だけどそれがキケンな理由は、ひとりの男性しか見ないでいると深みにハマってしまう可能性が高いからです。女性は「深い心の結びつき」を得ることに悦びを感じますからね。

でも、間違っちゃいけないのは、これは「不倫である」ということ。独身の恋愛とは話が別です。家庭の主婦なら、「深い心の結びつき」を持つべき相手は他にいるはずですよね。それこそ夫や家族でしょう。

本来「これは不倫だ」と割り切るべきところを割り切れなくなってしまうのは、ひとりの相手に恋してハマってしまうからです。

女性は「ワタシは恋にハマりやすい」という自身の習性を自覚した上で、ひとりの不倫相手と深い関係を持つのは避けるべきなのです。

「不満」を分散できるから

ひとりの相手と付き合っていれば、必ずなんらかの「不満」は生じますよね。人間同士の付き合いですから、すべて自分の思い通りの要求が叶う相手などいないでしょう。

不倫でもそれは同じ。ひとりの不倫相手とだけ付き合っていると、そこで生じた「小さな不満」も、解消されることなく蓄積されやすくなります。

ですが、「複数」の不倫相手がいれば、その不満が分散できます。「こっち」に満たされない分は「あっち」に満たしてもらい、「あっち」が叶えてくれないことは、また別の相手に求めれば良いのです。

ひとりの相手に求めすぎると、必ず関係性が悪くなるし、ストレスがたまります。不倫相手を複数持つことで、どの相手ともストレスなく良好な関係を築きやすいのです。

2.優先順位を明確にしよう

家庭と不倫をうまく両立させるためには「優先順位」を明確にすることが大切。

「楽しさ」や「快楽」で盲目になってしまわぬよう、常に冷静に自分の行動を律するようにしましょう。

家庭は何より最優先!

不倫の楽しさにハマってしまうと、ついそちらにばかり心を奪われがちになりますよね。

ですが、自分がこの不倫を楽しめるのは「家庭があるおかげ」だと常に自覚していなければなりません。主婦が最優先させるべきは、当然ながら「家庭」です。

たとえば、不倫相手と会う約束をしていた日時に「家族の用事」が入ってしまったら、迷わず「家族の用事」を取り、不倫の密会はキャンセルしましょう。

「不倫相手に会いたい」「ドタキャンしては不倫相手に申し訳ない」という気持ちが湧くのが正直なところですが、そんなものは二の次です。

何よりも「家庭を優先」が鉄則。家庭を疎かにすることは、自身の身の破滅を呼びかねないことを肝に命じておきましょう。

条件に合わない男は排除

とても好みのタイプで「この人と不倫したい!」思えるような男性が現れたとしましょう。

でも、「旦那と親しい関係にある」とか「相手が希望する時間帯に合わせるには、こちらが無理をしなければならない」など、自分自身の生活を脅かすような条件の合わない男性は迷わず排除しましょう。

既に不倫関係にあった男性の条件が変わってしまった場合も同じです。自分にとって「不倫関係を続けるには無理が生じる」という相手とは付き合うべきではありません。

「タイプである」「付き合いたい」という感情よりも、「バレるキケンが低く安心して付き合える」という条件を優先させる冷静さを持ちましょう。

あなたにぴったりなお相手が見つかる出会い系老舗サイトの口コミを徹底的に調べました。

3.「本気」を感じたら離れよう

不倫が家庭を壊してしまう原因は、どちらかが「本気」になってしまったから、というものが大きいです。不倫に「本気」はNG。

どちらかが「本気」になりそうな予兆を感じたら、泥沼化する前に離れることが必要です。

相手の本気はサラリとかわす

自分は割り切って付き合っていても、不倫相手の男性が本気になってしまうことがあるでしょう。相手男性の「本気」を感じ取ってしまったら、なるべく早く離れるようにしましょう。

たとえば「旦那と別れてよ」と言ってきたり。こちらが家庭を優先することに対して嫉妬してきたり。

「あぁ、この人ちゃんと割り切れていないな」と感じたら、相手の本気が加速する前にサラリとかわして逃げましょう。そして2度と会わない方が良いですね。

「終わり」を宣告すると相手が逆上しそうなら、自然消滅でも良いでしょう。これ以上変な期待を持たせないためには、思わせぶりな関係を続けないことが大切です。

自分の本気を見極めるポイント

「ワタシは不倫には本気にならないぞ!」と心に誓っていても、タイプの男性が現れてしまうと心を持って行かれてしまうこともありますよね。

それでも関係を断ちたくないがために、「本気になんてなってないもん…」と自分に言い聞かせてしまうことがあるかも知れません。

自分の「本気」を見極めるポイントは、「優先順位を守れるかどうか」です。

「不倫相手に会うために家庭の用事をキャンセルしてしまった」
「不倫相手のことで頭がいっぱいで家事が手につかなくなってしまった」

など、「家庭」を最優先に考えられなくなったら、その不倫関係は断ち切るべきです。

「本気になってしまった」ときちんと自覚して、深みにはまる前に自力で脱出しましょう。相手との関係を断ち、「自分が守るべきものは何か」を再確認しましょう。

4.バレないのが愛だと心得よう

主婦が複数の不倫相手を持って、家族を裏切っているという「罪悪感」が沸かないの?と不安に思うかも知れません。

しかし、あなたが不倫することと、家族が傷つくことは本来「別問題」です。大切なのは「家族に知られないこと」。つまりバレないようにすることが愛なのです。

あなたの心は自由

結婚している主婦であっても、「他の男性に抱かれたい」と思うことがあって当然です。あなたの心はあなたのもの。誰に制限されることなく、何を望もうが自由なんです。

ただしその願望を現実に成就させることで「誰かを傷つける」のは避けなければなりませんよね。

たとえば「世界が滅亡すればいいのに」と心の中で思うのは自由ですが、現実に爆弾を作って街なかで爆発させたら、多くの人を傷つけるから絶対にダメですよね。

もし主婦が不倫することで夫や家族が傷つくとすれば、それは「その事実を知るから」です。
「他の男性とセックスしてほしくない」という家族の願望が裏切られるから、家族は傷つくわけです。

ということは、「あなたが不倫すること」と「家族が傷つく」ことは直接的には繋がっていないこと、わかりますよね。

つまり、あなたが不倫していても「バレなければ」家族が傷つくことも無いわけです。

人の心は自由ですから、あなたが不倫したいと思うことに罪悪感を抱く必要はありません。
罪悪感を抱くべきは、「家族が傷つくとわかっていてバレるようなことをしてしまう」ことなのです。

そして「バレない」を優先させるならば、ひとりの相手と不倫するより複数の不倫相手を持って、バレる危険性を分散させるべきなのです。

「認める」ことで傷つくのは誰?

不倫がバレそうになった時、もしくは疑いを持った夫や家族に詰問されたとき、思わず正直に認めてしまいそうになる自分が現れるかも知れません。

正直に不倫を認めることを「誠実だ」と思ってしまうんですね。

ですが、その場合の「誠実」は、決して家族に対してではありません。嘘をつけなくなった自分の苦しさに対する「誠実」です。

だって、不倫を認めてしまった時、傷つくのはいったい誰でしょう?

それは、夫や家族です。不倫を認めることでラクになるのは自分だけなんです。

どんな窮地に陥っても「絶対に認めない」「絶対にバラさない」ことが、夫や家族の気持ちを傷つけないための「愛」なのだと心得ましょう。

「避妊」しない相手とは即別れよう

5.「避妊」しない相手とは即別れよう

当然ながら、不倫セックスで妊娠してしまうことは絶対に避けなければなりません。

複数の不倫相手と付き合う場合、特に避妊は大事。「万が一」のキケンを避けるため、避妊には特に注意が必要です。

「避妊」のきっちりした線引を

こちらが「主婦」だとわかっているのだから当然きっちり避妊してくれるだろう…と、無条件に不倫相手を信じていてはいけません。

「ちゃんと避妊してね」と伝えて「もちろんだよ」という会話を交わしていても、不倫相手が「これくらい良いだろう?」というグレーゾーンを突いてくる場合があります。

「外に出すから」とか「先っちょで触れるだけだから」とか。でも、もちろんそれらの行為はアウト。万が一の可能性がありとてもキケンです。

性器同士が少しでも触れる場合は必ず避妊具を付けるという、きっちりとした線引を守ってもらうよう伝えましょう。

避妊してくれないなら帰る

グレーな行為に対し「キケンだからやめて」と伝えても、不倫相手の男性に「でもこうじゃないと気持ちよくないんだ」と懇願されることがあるかも知れません。

相手の気持ちを思うと、つい「少しくらい…」と許してあげたくなりますが、それは絶対にダメですよ。

主婦のあなたは、絶対に妊娠する可能性のある行為を許してはいけません。不倫相手がきちんと避妊してくれないなら行為の最中に帰るくらいの毅然とした態度でいましょう。

そしてそのような不倫相手とは2度と会うべきではありません。

ひとりの不倫相手に固執すると、「失いたくない」という思いからキケンな行為を許してしまう場合があります。

不倫相手を複数持ち、「自分にキケンを与える男はすぐに捨てる」くらいの気持ちでいることが、結果的に自分の身を守ることになるのです。

「ピル」の利用も検討

「万が一」のキケンを避けるためにも、あなた自身が「ピル」を飲むなど自己防衛する手段をとっておくことも検討しましょう。

しかしピルに頼らず、「きちんと避妊してくれる不倫相手とのみ付き合う」というスタンスは崩さないようにしましょうね。

複数の不倫相手と付き合う場合、相手がどんな人物が見極めが必要ですが「きちんと避妊してくれる」という点だけでも相手の人格がわかる重要なポイントですからね。

まとめ

家庭を守り、安全に不倫を楽しむポイントは、「家庭を最優先する」というスタンスを絶対に崩さないこと。

また、不倫相手に惑わされず「自分主導」でいることも大切です。そのためには、ひとりの不倫相手では「ハマりやすく情に流されやすくなる」のでキケン。

複数の不倫相手を持ち、「家庭最優先」「自分主導」の条件に合わない相手はスッパリ切り捨てるくらいの割り切りが必要なんですね。

女性は恋に流されやすいという自覚を持って、「深みにハマらない」冷静さを保つよう気を付けたいですね。


よく効く増大サプリを本物の口コミから徹底検証

ペニス増大トレーニング方法生の口コミ体験談を基に責任を持って監修する「増大サプリおすすめランキング」大公開!モテる男は知っている本当に実力のあるペニス増大サプリを余すこと無くご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です