不倫の別れで最悪な結末を迎えないための5つのセオリー

不倫の別れで最悪な結末を迎えないための5つのセオリー
この記事の3つのポイント

様々な不倫の結末パターンが分かる
ハマり過ぎないようにするコツとは
最悪な結末に陥るタイプの人とは

テレビで頻繁に取り上げられる芸能人の泥沼不倫や離婚劇。「ゲス不倫」は最近の流行語にもなっています。

不倫の昼ドラも大人気で、自分の不倫を重ねてその結末にハラハラドキドキしている人も多いのではないでしょうか。不倫の結末は良くも悪くもあなた次第。

最悪な結末だけは迎えたくないですよね。今日は不倫の結末についてじっくり考えてみましょう。

1.不倫の結末は人それぞれ

「不倫の結末」と聞くと、何となくハッピーエンドは想像し辛いというイメージがありませんか。芸能人の不倫騒動や事件報道などのマイナスイメージが、私たちの中に強く印象に残っていることが原因です。

しかし実際のところは上手に不倫をして愛を育み、ハッピーエンドを迎えているカップルも少なくありません。最近話題の某国の若き大統領も、ハッピーエンドを迎えたひとりです。当事者達がどの様な結末を思い描きながら日々を過ごしているかによって、大きく変わってきます。

「ケセラセラ(なるようになるさ)」というスタンスでいる不倫カップルは、大抵上手くいきません。地に足が着かない人生になってしまいます。

今一度、あなたの不倫の結末の展望をこの機会に考えてみましょう。

「このままズルズルと不倫を続けるだけでいい」

「いつかは離婚してこの人と一緒になりたい」

「飽きたらまた次の人と不倫したい」

など、様々な展望があるでしょう。つまり良い結果、或いは当たり障りのない結果にしたいと思っている人が殆どではないでしょうか。

そして「最悪な結末」だけは避けたい、と誰もが思っています。そのために具体的な対策をしているでしょうか。

最悪な結末を迎えないために、早いうちから精神面も行動面も対策をしている必要があります。この準備具合によって不倫の結末、ダメージが大きく変わってきますからしっかり意識を高めてください。

2.不倫の最悪な結末パターンとは

では具体的に、私たちが恐れる最悪な結末を迎える不倫にはどんなパターンがあるのか、考えてみましょう。

最悪な結末の中でも特に最悪なパターンは命に関わってくる結末、つまり自殺や殺人です。不倫がきっかけで精神が崩壊し本人が自殺してしまったり、相手や相手の配偶者を殺してしまったり、という事件は度々起こっています。

不倫が周囲にバレるどころか、人生そのものが終わってしまいますから、後には虚無感しか残りません。

次に酷いのが「家庭崩壊」です。不倫がバレたことによって正式な配偶者などから慰謝料を請求されたり裁判を起こされ、離婚に発展します。

膨大なお金や時間を失い心身共に消耗するのみならず、これまで築いてきた信頼関係や人間関係が一気に崩れることで、仕事を失ったり自己破産する人も多くいるようです。

また、何ともタイミング悪く我が子に不倫現場を見られたら最後、子供の心に大きく傷が付き一生トラウマになることでしょう。子供にとっては人生観を一変させる出来事であり、これは大きな罪です。

不倫による「病気」も深刻な問題と言えるでしょう。不倫相手から性感染症などが感染すれば、心身共に大きなダメージを受けますし治療費もバカになりません。

ましてやHIVに感染などしたら一生背負っていくことになります。更にそれらの病気を正式な配偶者にもうつしてしまったら、修羅場になること間違いありません。

また不倫によって身体ではなく精神的な病気になる場合もあります。気が弱いタイプの人の場合、気苦労が多くいつまでも報われない不倫を続けることで精神を病み、鬱病になったり薬に依存するようになってしまうことも多いようです。

不倫相手との間に子供が出来た場合も、様々な修羅場が待っています。まずは生むか生まないかの問題、生んだ場合の養育費や配偶者との話し合い離婚するか否かや生まれてくる子供の人生に対する大きな責任など、一生をかけて背負っていくべき事態が起こります。

このようにいろいろな結末が起こり得ますが、自分の満足よりも人、つまり不倫相手や配偶者、家族たちのことをまず大切に思い遣った言動をし皆をなるべく傷つけない方法で、という思いを大事にしていれば、周囲からの逆風もより小さくなることでしょう。

不倫の際の性病対策は万全に。

3.不倫をこじらせる人の5つの特徴

では、不倫でこのような最悪な結果を招くのはどのようなタイプの人が多いのでしょうか。皆さんの周りには仕事や人間関係で何かといつも問題を起こしがちな「こじらせ人間」がいませんか?

そのようなこじらせ人間は、恋愛に於いても必ずと言って良いほど、様々な事件を起こしがちです。不倫をこじらせる人の特徴を見てみましょう。

1.妄想タイプ

良くも悪くも想像力豊か過ぎるタイプです。自分勝手に解釈し「○○さんはこう思っているに違いない」「○○さんと私はこうなるに決まってる」とストーリーを作ってしまいます。

不倫愛に浸かっている自分自身に酔ってしまったり、悲劇のヒーロー、ヒロインを気取ってしまうのもこのタイプ。世界が全て自分中心に回っています。

客観的に自分を見ることができないので、相手に愛想を尽かされていても気付きません。付き合っているととても疲れますし、良い結末は考えられません。

2.依存タイプ

自分に自信がないため、人間や買い物、お酒やギャンブルに依存して自分の精神の安定を保とうとするタイプです。幼少期に十分な愛情を得られなかった人に多く見られる特徴です。

不倫相手に依存するため相手のちょっとした表情や態度の変化を気にし過ぎたり、執着心が強いため相手を束縛したり粘着質な態度をとってきます。

想いが一方的に強くなってしまうので、相手のために何でもしてあげるし、何でも買ってあげるし、全て言いなりになるという関係性に陥ります。

そこにつけ込んで搾取する悪い人間もいますが、普通の人であれば愛情が重すぎて降参となります。カップルの両方が依存タイプだと共依存となりいつまでも不倫が止められない関係になります。

3.競争タイプ

自分に自信があり、自分磨きも熱心に行っているタイプですが度を超すと不倫相手にもその家族にも危害を及ぼすタイプです。

プライドや競争心が高いので、相手の配偶者に対しての敵対意識が非常に強く、すぐに自分と比べて相手の至らなさや劣っている点を見つけては声高に語って、優越感を感じています。

もしも不倫相手が自分を悪く言ったが最後、逆上して不倫相手を脅してくることもあるほどの気の強さです。不倫を配偶者にバラすぞという勢いにまでなってしまう可能性があります。

結局は自分のことしか考えていない自己中人間なので、信頼関係など築きようがありません。

4.豹変タイプ

自分の喜怒哀楽をコントロールすることができないのが豹変タイプです。自分の思い通りに行かなければすぐに怒ったり泣いたりします。

また嬉しいことがあると人一倍、いや人十倍くらい喜びます。スイッチの入りどころがイマイチ分かりにくく、ひどい時は抑えが効かないためパニックになった時に何をしでかすかわからない恐ろしさがあります。

逆に普段非常におとなしくて寝暗な感じで、自分の気持ちや感情をあまり表現しない人も、実はこの豹変タイプであることが多いです。

我慢して貯め込んでしまうので、爆発した時のエネルギーが大きくなります。

5.性欲タイプ

性欲が強すぎて不倫を繰り返すタイプです。自分の心と性欲が大きく乖離しているのでコントロールが効かずに次第に危険も顧みなくなります。

不倫相手に対しては愛情ではなく身体を求めているので、相手の配偶者に嫉妬することもありません。

本人はそれで良いかもしれませんが真剣に不倫をしている相手からするとたまったものではありません。

また良く言えばフロンティア精神が旺盛、悪く言えば飽きっぽいので、すぐに次の相手を探し求めます。根っからの不倫体質ですから、性感染症のリスクも最も高く、不倫相手にも配偶者にも危険が及びます。

4.不倫中に持っておくべきマインドセット

何となく分かってはいるけれど、どうしても目を背けたくなってしまう不倫の最悪な結末。そして自分自身と相手が持つ良からぬ性格や癖。

見て見ぬふりをしてダラダラとしているうちに、ある日ふと油断をしてスイッチを押してしまう場合があります。

もしもあなたに本当に今の不倫相手と最終的に結婚をして家庭を築くという強い意志、目的があるならば恐れずに前に進むのみです。

必ずうまくいくと信じて、細かな計画や作戦を実行していきましょう。

しかし特に先の将来のことは真剣に考えておらず相手もどう考えているのか話し合ったことがないカップルです。

「ただ今だけ楽しければ良い」「不倫そのものが楽しいだけ」というカップルならば、待ち受ける最悪な結末と心の軽さはあまりにもかけ離れていますから、めくるめく修羅場を迎える前にしっかりと持っておくべきマインドがあります。

恋愛はよく「好きになったら負け」と言われます。本来は恋愛に勝ち負けはないのですが、打算的な恋愛や自分の欲を満たすためだけの恋愛の場合は勝ち負けがあると考えることができます。

片方が身も心も、大事な時間やお金もたくさん捧げて、もう一方が楽をする。こういう構図を勝ち負けという言葉で片付ける場合があります。

男女の恋愛は気持ちのベクトルが同じ方向で同じ強さに向いている必要がありますが、時が経つにつれ様々な状況や気持ち立場の変化が生まれてくるのは多少は仕方のないこと。

増してや不倫関係であれば次から次へと障壁画立ちはだかりますから様々な労力がかかります。

もしもあなたがこの不倫を不毛なものだと分かりながら続けているならば、この「好きになったら負け」という言葉を忘れないでください。

追うよりも追われる方が楽なのです。相手のことを好き過ぎてのめり込んでいくと、相手の悪いところが見えなくなり、言いなりになり、気持ちの乱高下が多くなって、ドタバタの不倫劇になりがちです。

不倫そのものにあまり期待をし過ぎず相手にハマり過ぎないで、割り切ったドライな関係を続けた方が上手くいきますし、本気度が低い分、別れる時もさっぱりと別れることができます。

相手を熱狂的にさせないためにも、そして後から逆恨みなどされないためにもあなた自身も相手に期待させ過ぎないような言動をすることが大切です。

つねに日頃から後腐れのない関係を築く事を意識してください。

また先述のように、不倫をこじらせるタイプの人と交際をするのは危険ですから、人を見抜く目を養って相手を吟味することも忘れないでください。そこには冷静さが必要になってきます。

不倫の別れにこじれないように!

5.不倫の上手な終わらせ方

この不倫はこのままだと最悪な結末が待っている、と分かってしまったら、出来るだけ早くこの不倫関係に上手に終止符を打ちましょう。

一番良いのは「相手に上手に嫌われること」です。常に具合悪そうにしたり身体を不潔にしたり、宗教やオカルトにはまって精神的におかしくなっているように演じるのがおすすめです。

つまり相手に「ああ、この人と不倫を続けていたらこっちまでおかしくなってしまうな」と思わせ、生理的に受け付けられなくなるような流れに持って行くのです。

逆に下手なやり方は相手を怒らせる別れ方です。もっともらしく相手を責め立てたり、人格否定してから別れを切り出すと逆上した相手は何をしてくるかわかりません。

また自然消滅を狙うのもNGです。よほど名前や職業や住んでいる所など自分の素性を全く知らせずに不倫をしていたなら良いですが、ある程度知られている場合は、相手の想いの強さによってはどこまでも追ってくることも考えられます。

逆上された場合にはWEB上で何を書きこまれるかも分かりません。そこから事が大きくなり、最悪の結末につながって行く可能性が大いにあるのです。相手を絶対に怒らせない、変に刺激しないように十分注意しましょう。

まとめ

不倫の真っ最中というのは心がいっぱいいっぱいで、結末のことを考えたことがないカップルが多いものです。

しかし現実問題として、いつかは何らかの形で良くも悪くも結末がやってくるものが不倫です。

結末が近づいてから対策を考えるよりも、早いうちから自分の頭の中で今の不倫をきちんと定義して下さい。

ある程度の方向性や想いの強弱や割り切り方について思い巡らせておくことが最悪な結末を迎えないための賢い大人の不倫の仕方です。


よく効く増大サプリを本物の口コミから徹底検証

ペニス増大トレーニング方法生の口コミ体験談を基に責任を持って監修する「増大サプリおすすめランキング」大公開!モテる男は知っている本当に実力のあるペニス増大サプリを余すこと無くご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です