不倫のきっかけは十人十色!既婚者出会いのはじまりまとめ

不倫のきっかけは十人十色!既婚者出会いのはじまり まとめ
この記事の3つのポイント

 不倫する人たちの特徴がわかる
 よくある出会いのきっかけとは
 不倫は冷静に!燃え上がり注意

今あなたは不倫の渦中にいる、あるいはパートナーに不倫をされて悩んでいる立場でしょうか。特定の交際相手や結婚相手がいるにも関わらず、彼や彼女を裏切って不倫の世界に身を投じる人は決して少なくありません。皆何を思って、そして何をきっかけに不倫を始めるのでしょうか。今日は人々が何をきっかけに不倫を始めるのかということにスポットを当ててみましょう。

不倫に陥る人たちの特徴とは?

通常の善悪の価値基準や倫理性を持ち合わせていれば、人は不倫とは程遠い人生を歩むことでしょう。

しかしあなたの周りでも不倫の話題が身近になっている通り、性善説だけでは語れないのが人間の色恋沙汰です。

そもそも動物学的観点からすると男はハンター。自分の子孫を多く残したいという本能が備わっています。また女性も良い男の子供を生みたい、という本能が備わっています。その本能を理性で抑えられるか否かが境界線になります。

実際に不倫の世界に飛び込む人達には「不倫体質」とも言うべき特徴が備わっていることも少なくありません。あなたやあなたの周りの不倫経験者はこの様な特徴を持ち合わせていませんか?

自分はモテると思っている

本当にモテるのかはさておき、本人は自分のことが大好きで周囲の異性から好かれていると思っている、とってもハッピーな思考回路で人生を楽しんでいるタイプの人です。

こういうタイプは明るくポジティブで、異性のことが大好きなので簡単に人に声をかけたり、声を掛けられるとひょいひょいとついて行ってしまいます。後先考えずに、今さえ楽しければ良いと楽天的に考えています。

両親や親戚、友達も不倫体質

人間は自分の周囲の人の影響を知らず知らずに大きく受けて育ちます。周囲の人の言動を常によく見ています。

自分の身近に不倫をして大変な修羅場になった人がいるのを見た記憶というのは、良くも悪くも強烈に心に残っています。

それを反面教師とすれば良いのですが、何故か魔力に吸い寄せられるように、自分もそのネガティブワールドに足を踏み入れがちになるのです。

不倫が身近すぎて善悪の感覚が麻痺することも原因になっているようです。両親が離婚していると子の離婚率が上がることにも近い現象と言えます。

向上心やドキドキが止まらない人

向上心が止まらない。一見素晴らしい人のように感じますが、そうではありません。

良きパートナーや配偶者を見つけたにもかかわらず、それを一旦手に入れてしまうと安心して次から次へとより良い相手を見つけたくなってしまうフロンティア精神に溢れるタイプの人です。そ

のうちその向上心がスリルを伴うようになり、遊び感覚やストレス発散のはけ口となってしまった時は相手の気持ちなど二の次ですから、最悪の結末を迎える場合も少なくありません。

その溢れんばかりの向上心を仕事や趣味などのスキルアップに注いで欲しいものです。

この他にも、例えばテレビでドロドロの恋愛ドラマを見過ぎている人や、現在のパートナーに全く魅力を感じなくなったりセックスレスになっているタイミングで理想的な人に出会ってしまったというような人も不倫に陥りやすいタイプと言えるでしょう。

不倫のきっかけは様々

不倫のきっかけはあの日あの時あの場所で・・・

では実際に不倫が幕開けするきっかけにはどのようなものがあるのか考えてみましょう。

不倫のきっかけは勿論十人十色ですが、ここでは以下の5つをご紹介します。

社内不倫

これは非常によくあるケースです。男性上司の誘いを断るに断れない若い女性社員が、上司の言いなりになっているうちに不倫関係に陥ってしまうというのがよくある構図です。

上司は職権乱用とも言えますが、部下のほうも頼れる憧れの上司という感情を持ちやすいため、持ちつ持たれつになりがちです。

社内不倫のきっかけになりやすいシチュエーションとしては、残業で二人きりになった時や社内の飲み会で良い気分になり二人で二次会に消えて行ったというパターンが多いです。

社内でも二人の噂が次第に広がり、いずれ配偶者にもバレて会社に乗り込んで来られるという修羅場も多々起こります。

結果的に社会人、人間としての信頼を失い自主的に会社を去らなければいけない雰囲気になってしまうのがオチとなります。

SNSやゲーム、出会い系サイトで

見知らぬ異性と気軽に会話ができ、互いの価値観のすり合わせを経て実際に出会うことが出来る、まさに時代を反映したこれらの1ツール。

そもそもこれらを利用して異性とで合おうとしている時点で目的意識が強く不倫の確信犯です。

ネット上でやりとりしている内容にも事実ではないことが多く、実際に会って付き合いしばらくしてから「実は結婚していて・・・」と白状する場合が多いようです。

真剣に付き合っていた方としてはたまったものではありません。

大切な時間とお金、そして精神を盗まれたも同然となりますから不倫を仕掛けたほうは相手にも、そして配偶者からも訴えられる可能性があります。

とはいえ、中には真剣交際を考えいるユーザーもいたりと、サービスを見極めることでよい出会いを見つける事は可能です。

同窓会への出席

何十年ぶりかに出会う同級生たち。昔、淡い恋心を寄せていた子がこんなに立派に、素敵な大人に成長したのかという感慨深い思いが、一気に不倫のきっかけとなって花開きます。

会うことのなかったこの何十年の時間を取り戻すかのように互いに燃え盛ってしまうのが、このタイプの不倫の非常に危険なところ。

客観性と冷静さを失って駆け落ち、なんていうことも珍しくはありません。また、少し時間が経って落ち着いた時に猛烈に後悔するのもこのパターン。

ドラマチックに思っているのは本人たちだけで、周囲からするとこんな迷惑なことはありません。全てを失った時に後悔しても遅すぎるのです。

保育園への送迎時

子供が2~5歳くらいというのは可愛い時期でもあり、同時にとても手のかかる時期でもあります。

心身共にくたくたに疲れ切っている時に、保育園に子供を送迎していたら、素敵なお父さん、或いはお母さんを見つけてしまった、毎日会ううちに会うことが楽しみになり子育ての悩みなどを話すようになっていくうちに、「じゃあこれから一緒に出かけませんか」という流れになってしまうのです。

同じような悩みを共有する人というのは、連帯感や安心感を依存心に変化させてしまいます。

また子供を保育園に送った後の解放感が、自分自身を一気に甘やかすスイッチを押します。可愛い子供を悲しませることにつながるということなど、頭から飛んでしまうのです。

同窓会で出会う

元彼元彼女、または元夫元妻との禁断不倫

「こんな奴、もう一生会わない!」と思って離婚したはずの元夫婦。

時を経て再婚をしてはみたものの、段々としっくりこなくなって悶々とする日々を送りながら、「そういえばあいつ、今頃どうしてるかな」「元旦那だったらもっと私のためにいろんなことをしてくれていたよな」「元嫁ならこんな時こう言ってくれただろうな」などと、過去のことを懐かしく思い出し、同時に後悔や愛おしさを伴った不思議な感情が湧き上がってきます。

また会いたいな、そう思ってSNSで見つけた瞬間が、禁断不倫のきっかけとなります。

離婚時の憎悪はどこへやら、久々の再会はまるで渇いたスポンジが水を一気に吸うかのように心を満たし、互いに反省の言葉を連呼して自分自身の罪悪感を慰めているうちにいつしか不倫のドツボにはまってしまいます。

一般的には、ハマりすぎてバレを招き、結果最もハッピーエンドとは程遠い不倫パターンとも言えます。

とはいえ、裏をパートナー以外では最も気のしれた中という事もあり、冷静に気持ちをコントロールできるなら理想的な不倫相手ともとれますね。

さいごに

思った以上に身近に不倫の種があることをどのように思われましたか?

皆さん自身、あるいはパートナーも少なからずこれらに近い不倫のきっかけを経験しているのではないでしょうか。

いずれにせよ不倫は当事者間だけでなく、正式なパートナーや周囲の人間関係に莫大な悪影響をもたらしますので、自分の様々な状況を客観的に、冷静に考えられる思考回路だけは失わないように。

バレない不倫を続けたいなら、あなたのパートナーにも、そして不倫相手の双方にも相手の人生を思い遣った行動ができるようにすることが大前提です。


よく効く増大サプリを本物の口コミから徹底検証

ペニス増大トレーニング方法生の口コミ体験談を基に責任を持って監修する「増大サプリおすすめランキング」大公開!モテる男は知っている本当に実力のあるペニス増大サプリを余すこと無くご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です