不倫セックスで女度アップ!婚外恋愛で女がキレイになる理由

女は不倫でキレイになる!結婚しても「もてる女」でいる秘訣
この記事の3つのポイント

 相手に求められてる感が快感を誘発
 夫とは異次元の快感を得ることができる
 欲求を開放して身体も心も素敵になれる

不倫の醍醐味といえば、やはり「夫以外の男性とのセックス」でしょう。

日常から開放され「夫以外の男性」と楽しむ秘密の逢瀬は、女性にこれ以上ない快感をもたらします。

実はこの「非日常の快感」が、女性をとびきり美しくするって知っていましたか?

今回は、不倫セックスが女性をキレイにし、女度をアップさせてしまう理由をご紹介いたします。

不倫セックスの良さ

ではまず不倫セックスは女性にとってどんな風に「イイ」のか?ご紹介していきます。

1.「背徳感」による快感がハンパない

求められるHは燃える

普通のセックスと「不倫セックス」との違いは、やはりこれです。

「いけないことをしている…」という背徳感。これが女性の歓びを格段にアップさせます。

人は「これは正しい」と教えられたことよりも「これはダメ」と言われたことほど興味を持ってしまう生き物です。

小さな子どもって「これはダメよ!」なんて親から言われたことは必ずやりたがりますよね。

学生時代に「ちょっとワルな男の子」に惹かれてしまうのも同じ心理からと言えるでしょう。そして大人になっても、これは同じです。

「不倫はダメ…」「夫以外の男の人に抱かれるなんてダメ…」そう思えば思うほど、実際に抱かれた時の快感はひとしおなんです。

「いけないワタシ」に興奮しちゃう、という感じですね。

2.「求められてる感」で快感アップ

不倫セックスで女性が感じてしまう理由のひとつに「相手に求められてる感」をより感じてしまうから、というものがあります。

不倫の逢瀬の場合、セックス抜きに会うということはほとんどありませんよね。不倫相手と会う=セックスするために会う、と言っても過言ではないでしょう。

つまり、不倫相手とは食事をしようがデートをしようが、会った瞬間から「その後のセックス」を意識しているワケです。

「この人はワタシとセックスするために時間を作って会いに来てくれた」そう考えるだけで女性のカラダには熱いものが込み上げます。

食事をしていても、おしゃべりをしていても「この人はワタシを抱くために来たんだ」と彼と目が合うたびに実感するでしょう。

不倫相手と会っている間ずっと「求められている」感が意識を支配するのです。

女性にとって、「男性から求められている」という感覚はそのまま「感度」に直結します。

不倫セックスが女性に格別な快感をもたらすのは「男に求められる女なワタシ」をより意識できるからなのです。

3.ホルモンの働きで女性らしいカラダに

セックスするとホルモンの働きで女性らしいカラダに

「気持ち良い」と感じたセックスの際、女性の脳に分泌される女性ホルモンがあります。
主なものは以下の4つ。

  • エストロゲン
  • ドーパミン
  • フェニルエチルアミン
  • オキシトシン
  • これらはすべて、女性が女性らしくあるための重要な役割を果たしています。それぞれについて少し説明いたしますね。

    ・エストロゲン
    別名「恋愛ホルモン」とも呼ばれるエストロゲンには、肌の水分量や皮脂量の調整をする働きがあります。エストロゲンが豊富に分泌されると肌や髪にハリが出てツヤツヤにしてくれます。

    また、エストロゲンの働きにより女性は丸みを帯びた女っぽいカラダつきになると言われています。胸を大きくしウエストは細くするという実感があるのです。

    ・ドーパミン
    別名「快楽ホルモン」とも呼ばれるドーパミンは、快感を伝達する神経伝達物質。快感や幸せを感じると分泌される、一種の脳内麻薬です。

    「気持ち良い」と感じるセックスをすると、これがドバドバ分泌されてますます興奮状態になります。

    興奮状態になると交感神経が刺激され、頬が紅潮しイキイキした目になるので、魅力的で色気のある女性になります。

    ・フェニルエチルアミン

    恋をしたり、性的興奮を覚えたときに脳内で分泌される「恋の媚薬ホルモン」。

    フェニルエチルアミンには食欲を抑える実感があります。「好きな人のことを考えると食事もノドを通らない…」なんて状態は、このホルモンの働きのせいかも知れません。

    自然とダイエット実感を生んでくれる女性に嬉しいホルモンなんですね。

    ・オキシトシン
    幸福感を与えてくれる「幸せホルモン」オキシトシン。

    セックスすると女性の脳内にオキシトシンが分泌され、これが疲れを癒やしたり気持ちを安定させたり、心地よい幸福感をもたらす実感があります。

    また別名「愛情ホルモン」とも呼ばれており、これが分泌されるとパートナーに対する愛情が深くなると言われています。

    セックスで快感を得ることで、以上のような脳内ホルモンが分泌され、これが女性をより魅力的に美しくさせるのです。

    不倫セックスで女としての快感を得ることは、カラダの内側から「キレイ」を呼び起こすと言えるでしょう。

    4.体型や下着に気を遣うようになる

    不倫セックスの良さは、女性に「女としての自覚」をもたらすことにもあります。

    「誰にも見られないし」という意識でいると、インナーにも気を遣わなくなってしまいますよね。

    外見は着飾っていても、中に着る物は「どうせ人には見えない」と思って手を抜いてしまいがち。ブラやショーツが多少ほころびていても「ま、いっか」で済ませてしまったり。

    また、体型にしてもそう。ちょっとお腹のお肉がプヨってるなぁと感じても「見せる相手」がいなければ、あまり気にならなくなってしまいますよね。人前で脱ぐ必要がないから、体型カバーできるチュニックなど羽織って誤魔化してしまったり。

    でも、不倫しているとそうはいきません。

    不倫相手の前で脱がされると思えば、できるだけ色っぽい下着を身につけていたいと考えるから、下着選びにも余念が無くなります。

    また、不倫の彼に裸を見られると思えば、お腹のお肉なんて絶対に許せなくなります。

    ムダ毛のお手入れにだって気を抜けなくなりますよね。

    不倫セックスにより「男に見られる」という意識を欠かさないでいると、女性は自分のカラダに気が抜けなくなるから自然と体型や下着にも気を遣うようになるのです。

    夫のセックスとの違い

    不倫すると下着にも気をつけるようになる

    「セックスなら夫とすればいいんじゃないの?」という考えもあるでしょう。

    ですが、夫とするセックスと、不倫相手とのセックスは格段に「得られる快感」が違います。次はその理由について説明いたします。

    1.未知の世界にチャレンジできる

    不倫セックスの良さは「未知の体験をすることができる」点にあります。

    「今まではちょっと怖くてできなかったコト」や「興味はあるけどやるチャンスがなかったコト」などに積極的にチャレンジできるのです。

    たとえば、やったことのない珍しい体位を試すとか、使ったことのない「道具」を使ってみるとか…。

    夫とのセックスの場合、そういうことに興味があっても「言えない」ことが多いでしょう。

    親しい関係だからこそ「淫乱だと思われたらどうしよう…」とか「軽蔑されて嫌われるかも知れない…」などの恐れってありますよね。

    また、男性は自分の彼女や妻には「貞淑さ」を求めますが、不倫相手の女性に対しては「大胆さ」「淫乱さ」を求める傾向にあります。

    だから女性も不倫相手の前でなら、大胆に自分の欲求を出しやすいのです。

    2.開発されやすい

    夫とのセックスで相性バツグン!という女性なら良いですが、多くの女性は「夫とのセックスに満足していない」「夫で感じた経験があまり無い」という人がほとんどでしょう。

    でもそれは仕方のないこと。セックスの相性で結婚相手を選ぶ人はあまりいませんからね。

    たいがいは「経済面」「性格」「人柄」で結婚相手を選びますから、結婚後のセックスに不満が残るのは仕方がないことなのです。

    そのためか、不倫セックスにより「開発された」という女性は多いのです。

    不倫セックスにより、今まで到達したことの無かった快感を得たり、意外な自分の「快感ポイント」を発見したり…。

    夫とのマンネリのセックスでは得られなかった「新しい自分」を発見しやすいのです。

    2.ホテルや車・屋外など刺激が楽しめる

    夫とのセックスは「ほぼ自宅」ですよね。

    毎日見ている部屋の景色の中でのセックスは、新鮮味もないでしょう。

    その点、不倫相手とのセックスはいろんな場所を選べます。

    「お金がかかる」という理由で夫とは行けないラブホテルも、不倫相手とならアチコチ選んで楽しめます。鏡張りだったり、透明窓のお風呂だったり、自宅ではありえないシチュエーションに、気分が高まるのは間違いないですよね。

    また、ホテルまでガマンできない!と車の中や屋外でセックスしてしまう場合もあるでしょう。「誰かに見られたら…」と思うことでますます興奮度がアップするはずです。

    セックスを楽しむためには「シチュエーション」は大事!

    夫のセックスとは違い、不倫セックスではさまざまなシチュエーションが楽しめるのも魅力です。

    3.エッチなことも言えちゃう

    不倫セックスはエッチなことも言えちゃう

    セックスの途中で女性が興奮することのひとつに「エッチなセリフを言う」なんてのもありますよね。

    普段は恥ずかしくて言えないようなセリフをセックス中に言ってしまうことで、すごくエッチな気分になってしまう…という経験、女性ならあるでしょう。

    でも、自宅で夫とセックスする場合「照れちゃって言えない」てことも多いはず。

    馴れ合いな関係だからこそ、今さら面と向かってエッチな言葉を言うなんて恥ずかしいですもんね。

    また、近くで子どもたちが寝ている場合は、あまり声を出したら子どもが起きちゃう、なんて心配があったりもするでしょう。

    その点、不倫相手とのセックスでは淫乱な自分を開放して、タガが外れたようにエッチな自分になれちゃいます。

    大きな声で感じちゃってもいいし、「◯っちゃう!」と叫んでみたっていい。

    「◯◯して欲しい…」なんて夫には恥ずかしくて言えないようなお願いも、不倫相手にならおねだりできてしまうのです。

    まとめ

    不倫セックスのポイントは、夫の前では出せない欲求を開放して「女の悦び」を思う存分堪能することです。

    セックスを思い切り楽しむことで、あなたのカラダ中がどんどん「女」になるのです。

    彼のために体型や下着に気を遣い、分泌される女性ホルモンによって内側からさらに女性らしい美しさを得られるのです。

    あなたの周りの「奥さん」で、とても魅力的で色っぽい女性がいたら、もしかして彼女も「不倫セックス」でキレイになっている一人なのかも…?

    最近はスマホひとつで出会いが手に入る時代ですからね。

    ちょっとした好奇心が、あなたの「オンナ」を目覚めさせてくれるかも知れません。


    よく効く増大サプリを本物の口コミから徹底検証

    ペニス増大トレーニング方法生の口コミ体験談を基に責任を持って監修する「増大サプリおすすめランキング」大公開!モテる男は知っている本当に実力のあるペニス増大サプリを余すこと無くご紹介します。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です