不倫ならワンナイトラブが絶対オススメ!一夜の恋の楽しみ方

不倫ならワンナイトラブが絶対オススメ!一夜の恋の楽しみ方
この記事の3つのポイント

後腐れなく気楽に楽しめる
一度きりだからはじけられる
ワンナイトラブでもルールは死守

既婚女性が不倫を楽しむなら、絶対にワンナイトラブがオススメです!

けれど実際には、「え?ワンナイトラブなんて…」と抵抗のある女性が多いでしょう。きっと「1回だけ」という響きに軽薄さを感じてしまうんですね。

ですが、決まった相手との継続的な不倫だとリスクが大きいのも事実…。

そこで今回は、既婚女性にワンナイトラブがオススメな理由と、その楽しみ方をご紹介いたします。

ワンナイトラブのメリット

実は多くのメリットがあるワンナイトラブ。その魅力って?

1.厄介なしがらみが生まれない

やはり「1度だけ!」なワンナイトラブのメリットは、あとあと面倒がないことです。

決まった相手と継続的に不倫をすれば、もちろん「お楽しみ」は継続しますが、それにより「厄介なしがらみ」も生まれます。

何度も会っていれば、人の間には必ず「情」が生まれますよね。これは、いくら割り切って不倫している間柄でも同じです。

「情」ってもちろん互いの関係性を深めるために重要なものですが、これが両者同じ度合いで持てることが少ないんですよね。

つまり、どちらかの「情」の度合いが大きかったり小さかったりするから、それにより「執着」しすぎたり「嫉妬」が生まれたりしてしまう。だから、不倫してる女性って実は苦しんでる人が多いですよね。

世間的には不倫してる女のイメージって「快楽に溺れてるだけ」って感じですが、実際は「報われない恋」に疲労している女性がほとんどです。

せっかく不倫するなら「楽しい」方が良いですよね。不倫して疲れてストレスためるなんてバカバカしいと思いませんか?(ただえさえ家庭だって大変なのに!)

継続的に不倫関係を持って厄介なしがらみを生むよりも、ワンナイトラブで「楽しいとこだけ」を味わう方が精神的にもずっと良いのです。

2.気持ち良くお別れできる

男女の関係って「出会った最初」が一番楽しいですよね!興味を持ち、惹かれ合って、互いの気持ちを確認し合い、肌に触れ合ってベッドイン…。

ワンナイトラブの良さは、その「一番イイ時」だけ味わって終われることです。決まった相手を長く付き合うと、それだけ「馴れ合い」や「飽きる」といったマイナスポイントも発生しますよね。

その点ワンナイトラブは「最高に楽しい!」の思い出だけで終われるんです。もちろん、楽しければ「次もまた会いたい!」と思うでしょう。

一度だけじゃ満足できない場合もあるし、会いたければ何度会うのも構いません。でも実は男女の関係って「また会いたいな~」の想いで止めて置くくらいが一番気持ちよかったりするんですよね。

心にワクワクとトキメキを残したくらいで次の恋に向かうのが、上手な不倫の楽しみ方なんですよ。

3.いろんな男性と楽しめる

ワンナイトラブの良さは、それだけ「いろんな男性と楽しめる」という点も挙げられます。

もちろん男性と違って「ひとりでも多く数をこなしたい!」なんて女性はあまりいないでしょうが、「好みのイイ男」がいれば抱かれてみたいって思うのがホンネですよね?

好みの男性に「求められたい」と思う感情、なにも間違っていないですよ。動物として当然の本能ですもの。

そして「抱く・抱かれる」にも相性があるワケで。

いくらルックスがタイプの男性でも、セックスしてみたら「あれ?」と相性がまったく合わない…なんてこと、ありますよね。

そんな相手と何度も逢瀬を交わすのは時間のムダ。一度限りで終わらせて、次のお相手を探す方がずっと合理的。

セックスだって「やってみなければわからない」ですよね。

いろんな男性とワンナイトラブを試してみて、もしその中で「何度も会いたい!」と思う相手がいれば継続的にお付き合いしたっていい。

ただし最初はワンナイトラブと割り切って、「男を品定めする」くらいに思っていた方が、不倫はずっと楽しめますよ。

オススメのワンナイトラブの楽しみ方

ここでは、ワンナイトラブのオススメの楽しみ方をご紹介いたします。「1回だけ」と割り切ってはじけちゃうのがポイントですよ。

1.好きな「キャラ」を演じる

どうせ一夜限りの不倫相手。せっかくだから「いつもの私じゃないキャラ」に変身しちゃいましょう!

素の自分でいっても全然構いませんが「なりたい自分」になりきっちゃうのが断然オススメです。

普段はサバサバ系なのに、奥ゆかしい淑女キャラになりきるとか。いつもは大人しい系なのに、派手めなお色気系でいっちゃうとか。

「こんな女を演じてみたい」って思うキャラになりきって、ワンナイトラブを楽しんでしまいましょう。

「演じる」って、知らない自分になれてとても気持ち良いですよ。それによって意外な自分の一面も発見できちゃうかも知れません。

「こんな女を演じてみたい」って思うキャラになりきって

2.普段できないシチュエーションを楽しむ

不倫のワンナイトラブですもの。「普段はできないこと」を積極的に楽しみましょう!

できるだけゴージャスなホテルをおねだりしたり。いろんな趣向を凝らした面白いお部屋もありますからね。せっかくだから連れてってもらいましょ!

また、敢えて「屋外」なんてのも刺激的かも知れません。夫には言えないような「プレイ」も、ワンナイトラブのお相手にならおねだりしやすいでしょう。

家での夫とのセックスはマンネリで退屈ですよね。同じ天井ばかり眺めてするセックスでは新鮮味も無いでしょう。

せっかくワンナイトラブで不倫するなら、「普段できないシチュエーション」をどんどん楽しんじゃうのがオススメですよ。

3.後があるように匂わせる

いくら「ワンナイトラブの不倫」と割り切っていても、相手にそれを伝えてはいけません。

一度きりの不倫関係を楽しむためには「後があるように匂わせる」のがポイントです。

お互いが「今日だけ」と割り切っていても同じですよ。「1回だけね」なんてコトバで約束を取り交わすほど興ざめなことはありません。

いくら互いが「一度だけ」と心の中で割り切っていても「次があるような素振り」をするのが恋を楽しむ秘訣。

ドキドキを残しつつ、2度と会わない。これが大人の不倫の楽しみ方です。

ワンナイトラブのルール

いくら「一度きり」の不倫関係であっても、あなたに家庭がある以上、絶対に守らなければならないルールがあります。

これを破ってしまうと、ワンナイトラブどころかその後ず~っとトラブルに巻き込まれる恐れを抱えて生きなくてはなりません。

ワンナイトラブの不倫を楽しむときは、必ず以下の点に注意してくださいね!

1.自分や旦那の「知り合い」は絶対に避ける!

既婚女性が不倫する場合、お相手に多いのが「身近な人物」。

仕事先の関係者だったり、自分や夫の知り合いだったり、こどもの習い事の先生だったり…。

ですが、ワンナイトラブ不倫のお相手に「知り合い」は絶対厳禁。「後腐れ」が発生する可能性が極めて大きいです。

2人が素知らぬ顔をしていても、なんとなく「そういう関係になった者同士」の空気感が漂ってしまう場合があります。

また、あなたが「一度だけ」と割り切っていても、お相手が割り切れずにしつこく連絡してくる可能性もあるでしょう。

下手をすると、お相手が何かのきっかけでバラしてしまう可能性もありますよね。

W不倫だからと安心していても、お相手の夫婦関係が破綻した際に暴露されて「巻き込み事故」に遭うってこともあります。

ワンナイトラブに限らず、不倫相手に「知り合い」を選ぶのはトラブルのリクスが大きいので避けましょう。

2.生活圏内では誰かに見られる可能性大!

ワンナイトラブの不倫を楽しむ際は、必ず「生活圏外」へ出ましょう。間違っても「よく知ってる通り」を通って「よく知ってる店」には行かないように。

「この辺は人があまりいないから」という油断は禁物です。知り合いに1人でも会えばアウトになってしまう可能性がありますからね。

「生活圏外の全然知らない街の方がなんだか不安」ということもあるでしょうが、知ってる街で逢瀬する危険度に比べれば、知らない街の方が断然安心です!

3.シラフの時に見定めるべし!

ワンナイトラブで不倫するきっかけの多くに「酔った勢い」があります。

ですが「不倫のお相手」として選ぶ判断を見誤らないためには、お相手は「シラフ」の時にきちんと見定めておく必要があります。

知人男性と飲みながら夫のことを相談事をしていたら、慰められているうちに酔ってそのまま男女の関係に…、なんてよくある展開ですよね。

お酒が入ると理性より感情が勝ってしまうし、酔うことで目の前の男性が5割増しくらいで素敵に見えてしまったりもするんですよね。

また、単純に体にアルコールが入ることで性的に解放されてしまい、人肌恋しくなってしまう、という理由もあるでしょう。

それらの事情により、一緒に飲むことで雰囲気に流されてワンナイトラブに陥りがちですが、これが後悔の元になるのです。なぜなら、お相手がワンナイトラブ不倫には不向きな場合があるから。

一度だけでは終わらせてくれず、しつこく連絡してくるような男だったり。人妻と不倫したことを得意がってよそで喋ってしまうような男だったり。酒の雰囲気に流されてしまったがために、後で後悔…なんて嫌ですよね。

もちろん、シラフの時にワンナイトラブする相手だと見定めた彼と、セックスの前に一緒にお酒を飲むのは構いませんよ。

ただし最初の判断は必ず「シラフ」の時に行うようにしましょう!

4.必要以上に素性を明かさない!

不倫のワンナイトラブに「深い関係性」は必要ありません。ワンナイトラブの相手に、必要以上に自分の素性を明かすのはやめておきましょう。

とはいえ女性は「話」を聞いてもらうのが大好き。親しくなった男性には自分のこともたくさん話したいし、相手のこともたくさん知りたいと思ってしまいますよね。

特に、夫や家庭に対して不満が多いと、気を許した男性にはつい自分の心情とともに細かいことも話してしまいがち。

もちろん、愚痴を聞いてもらったり、自分の好きな話をアレコレするのは構わないんです。ただ、その話の中に「個人情報」は入れないよう気を付けて話しましょう。

人物の名前はもちろん、会社や町名など。個人を特定できるような情報は入れないようにする注意が必要です。

これも後々のトラブルを防ぐため。ワンナイトラブの相手に個人情報はいりません。必要のない情報は与えないように気を付けましょう。

ワンナイトラブの相手に個人情報はいりません

5.「避妊」は死守!

不倫のワンナイトラブでもっとも気を付けなければならないのが、コレ。あなたが既婚者である限り「避妊」は絶対に死守しましょう!

万が一にも油断して妊娠…なんてことになったら最悪ですよね。しかもワンナイトラブだから相手とはもう連絡がつかない、なんてこともあり得るワケです。

これは女性側だけが負うリスクですから、自分のカラダはしっかりと自分で守りましょう。決して相手まかせにしてはいけませんよ。

挿入される際は、絶対に避妊具を付けてもらうこと!

「ちょっとだけ」なんて許しちゃダメですよ。「ちょっと」の間にも精液が体内に付着してしまいます。避妊してたのに妊娠してしまった、というパターンはこういう油断が原因なのです。

また、あなたの側でピルを飲むなどの対策をしておくと、より安心でしょう。

「男性が避妊具を付けたがらない」というのはよくある話ですが、そんなことに気を遣う必要はありません。

もしも相手がきちんと避妊しないまま行為を続けようとするならば、蹴りのひとつでも入れて中断して帰ってきてしまいましょう。そんな男性とは一度でもセックスしてはいけません。

不倫であっても、ワンナイトラブであっても、それを楽しむためにはルールがあります。女性は自分の身を守るために特に!

また、そのルールを守れないなら不倫には手を出さない方が無難でしょう。

しかし逆に言えば、ルールさえ守れば「不倫」も「ワンナイトラブ」も安全に楽しむことができるのです。

まとめ

不倫でワンナイトラブというと、いかにも「軽薄」で「淫乱」なイメージがありますが、軽薄で淫乱だからこそ、「日常にない楽しみ」を得られるのです。そして、しっかりと「日常」とは区別をつけるというルールを守りましょう。

そのためには「不倫相手」の選定がとても重要。ワンナイトラブをする前に、お相手がどんな付き合いを望んでいるかをリサーチできる環境が望ましいです。

いわゆる「出会い系」サイトであれば、会う前に相手の情報や要望を確認できるので「ワンナイトラブ不倫」をするには最適なお相手を見つけることができますよ。


よく効く増大サプリを本物の口コミから徹底検証

ペニス増大トレーニング方法生の口コミ体験談を基に責任を持って監修する「増大サプリおすすめランキング」大公開!モテる男は知っている本当に実力のあるペニス増大サプリを余すこと無くご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です