必読!不倫旅行をバレずに安心して楽しむための7つの注意点

必読!不倫旅行をバレずに安心して楽しむための7つの注意点
この記事の3つのポイント

現実とかけ離れすぎない設定で
現地では「目立たない」を第一に
何より「バレない」が最優先

不倫相手との旅行…、ドキドキですね。

普段なかなか長く一緒に過ごせないから、きっと特別な思い出になるでしょう。
ですが行動が大きい分、油断してしまうと不倫がバレる可能性も大です。

不倫旅行は「楽しみ」より「バレない」を優先すべき。
バレないという安心感がないと、心から楽しめませんしね!

そんな今回は、不倫旅行をバレずに安心して楽しむための注意点をご紹介いたします。

不倫旅行がバレにくい「言い訳」を

既婚者が「外泊する」となると、配偶者を納得させる「言い訳」が必要ですよね。自分の仕事や生活スタイルに合わせて、もっともバレにくい「言い訳」を選びましょう。

「出張」・「研修」など

仕事柄「出張」「研修」などが普段からある人なら、その日程に合わせるのが一番オススメ。理由が「仕事」であれば、配偶者も納得しやすいです。

この場合、「本当の出張」に絡めるのがポイントです。架空の出張を設定してしまうと、何かの折に配偶者が会社の人と話をしてしまうと一気にバレます。

あくまで「本当の出張」に1泊盛るとか、宿泊先に不倫相手に来てもらう、などがベスト。極力「ウソ」の部分が少ない方がバレにくいですからね。

「仕事絡みじゃあまり楽しむ時間がない」という思いもありますが、お泊りできるだけでも不倫の2人には大きなイベントになる!と考えましょう。

昔の友人と集まる

「昔の友人達と集まることになって~」という言い訳も不倫旅行には使いやすいでしょう。

実家と離れているなら「地元の友達」とか。卒業した大学が他県にあるなら「その当時の友達」とか。「嬉しいな~◯十年ぶりに会える」などと言えば、配偶者も反対しにくいでしょう。

でも、あくまで「配偶者が知らない友人関係」に設定するのがポイントです。

たとえば「同じ大学だった友人」が身近に一人でもいるなら、「同じ大学だった友人で集まる」設定はパスです。配偶者からその友人に「こないだ集まったんでしょ?」なんて話が伝わってしまったらあっさりバレてしまいますからね。

身近な生活にはまったく関わりのない友人関係を設定して、絶対にバレない環境を固めましょう。

友達と旅行

もし、あなたの親しい友人が「協力者」になってくれるなら、その友人に口裏を合わせてもらって「友達と旅行」という設定もアリです。

ただしこの場合「◯月◯日に一緒に◯◯に泊まったことにして」と詳細にお願いしなくてはいけませんから、当然友人には不倫旅行の件を話す必要があるでしょう。不倫に理解のある友人を選ぶ必要がありますね。

また、将来何らかのカタチで友人と仲違いした際に「腹いせで不倫をバラされる」という可能性も出てきます。自分以外の人間が不倫のことを知っている、というのは割とキケンな状態です。

友人に協力をお願いする場合は「心から信頼できる友人」を選ぶようにしましょう。

実家に泊まる

実家から離れて住んでいる人なら「実家に泊りに行く」という言い訳も使いやすいでしょう。子どもがいるなら「孫に会いたがってる」などと言えば本当っぽくなります。

また、実際に子どもを実家の親に預けて、自分は「地元の友達と約束がある」と出かけることもできます。

もちろん実家だと確実に「先日はお世話になりました」と配偶者から親に連絡が行く可能性は高いです。

しかし、親が好んで我が子の外泊を嫁(婿)に教えようとはしないハズ。外泊した件は嫁(婿)には言わないでおいてくれることが期待できます。

不倫旅行の「行き先」は厳選しよう

不倫旅行の「行き先」は厳選

不倫旅行で楽しみなのはもちろん「どこへ行くか」ですよね。しかし、これもできれば「バレない」を優先した選び方を考えたいものです。

「言い訳」と同じ場所にする

不倫は、ウソが多いほどバレやすくなります。なので、旅行の行き先も「言い訳」で設定したのと同じ場所にするのが基本です。

「出張」に絡めたのならそれと同じ場所で。「地元」や「実家」と伝えたのなら、その通り地元へ行きましょう。

まったく別の場所に行ってしまうと「そのシナリオ通りのウソ」をイチから作らなくてはならないのでボロが出やすくなります。

また、配偶者から不倫旅行を疑われていた場合「昼頃急に雷雨あったらしいけど大丈夫だった?」なんてカマをかけられ慌ててしまう可能性も。

できるだけ「ウソ」が少なく済むよう、配偶者に申告したのと同じ場所へ行くのがベストでしょう。

大きな都市の方が人に紛れやすい

「木は森に隠せ」ということわざがありますが、不倫旅行もこれと同じ。人通りの少ない街よりは、人混みの多い「大きな都市」を選ぶ方が無難です。

雑踏の中であれば、ひとりひとりに着目しにくいもの。多くの人の中に紛れていれば、2人の存在も目立ちにくいのです。

人目を避けてコソコソしている姿って、逆に目立ってしまうことありますよね。堂々と大都市の中をかっ歩している方が、不倫旅行だとは気づかれにくいですよ。

離れのある温泉

2人だけでしっぽり過ごしたい…という不倫旅行には「温泉」がやはりオススメ。この場合、「離れ」や「風呂付きの部屋」のある宿で、なるべく外の宿泊客に会わずに済むようにしましょう。

「ファミリーに人気」「修学旅行が多い」などの比較的安価な宿は、それだけ「知ってる誰か」に会う可能性が高くなります。

不倫旅行はちょと奮発して「高級旅館」の「風呂付きの部屋」など選び、2人だけの静かな夜を過ごしたいですね。

不倫旅行の交通手段

不倫旅行では現地に着くまでの「交通手段」にも配慮しましょう。

できれば現地集合現地解散

「バレない!」を極力意識するならば、不倫旅行先までの交通手段は「別々」というのがベストです。

移動中だって、いつ、どこで、誰に見られているとも限りません。

「別々で行って、別々で帰る」なんてちょっと味気ないかも知れませんが、不倫がバレないための細心の注意を払うなら、それくれいの我慢は必要かも知れません。

必ず「言い訳」と同じ手段で

配偶者への「言い訳」の際に申告した交通手段と同じ方法で行くようにしましょう。たとえば「電車で主張先に行く」と伝えたのなら、電車で行くようにしましょう。

ここでレンタカーなど借りて移動してしまうと、後々いろんな「つじつまが合わない」事が出てくる可能性が高いです。

「大雨で電車が遅れた」「事故で高速が規制された」など予想しない展開もありますからね。後で確認された時に「話が合わない」となると一気にバレてしまいます。

電車や飛行機に乗るなら別席で

不倫相手と一緒に「電車」や「飛行機」に乗るなら、必ず「離れた席」や「別の車両」に座りましょう。

隣同士の席に座ってイチャイチャしてしまうと…、思いもよらぬ「誰か」に見られてしまう可能性がありますよ。

不倫旅行のプチ変装アイテム

不倫旅行では、万が一「知っている誰か」に見られてもいいように「プチ変装」しておいた方が安全です。バレにくいポイントは「おおげさじゃない程度」にすることです。

帽子

帽子は「顔」や「髪型」を隠すのに良いアイテムです。できるだけシンプルで特徴の無い物を選びましょう。

ただし「出張に行く」と行って帽子を持って出ると怪しいですからTPOに合わせましょうね。

マスク

使い捨てマスクを持っておくのも良いですね。自宅から持ってくるのが不自然な場合は、途中のコンビニ等で買っても良いし。

最近は季節を問わずマスクを着用している人が多いので、どこでマスクしていても不自然に映ることはありません。

不倫旅行から自宅へ帰る際は、ちゃんと外で捨てて証拠隠滅しておきましょう。

メガネorサングラス

個人の顔の識別の多くは「目」で判断されますから、目元を隠すメガネやサングラスは不倫旅行には最適です。

ただしこれも、自宅から持ち出す際「なんでそれ持って行くの?」と配偶者に怪しまれないよう注意です。

また、「帽子」「マスク」「メガネ」の3点セットで着用してしまうとかえって怪しくて目立ちますから、どれか1~2点に抑えるようにしましょう。

不倫旅行中に電話がかかってきたら

不倫旅行中に電話がきたら

不倫旅行中に、配偶者から電話がかかってきてしまうケースもあります。

「主張」などと申告していた場合は一人のフリをすればOKですが、「旧友と会う、友人と旅行」などと申告していた場合には「お礼を言うから友達に代わって」と言われてしまう可能性もあります。

「代われない」と言うと怪しまれるので、不倫旅行中の配偶者からの電話には「出ない」という選択でOKです。

出張や古い友人との会合の最中なら電話に出れなくても決して不自然ではありません。

「皆で騒いでいて電話に気づか無かった」「飲んでてわからなかった」などと言って深夜になってから折り返しましょう。そして「今は自分以外はもう寝てるから」ということにすれば、もっともらしい言い訳になります。

不倫旅行の証拠は残さない

帰宅後に不倫旅行であったことを悟られないように「証拠」は残さぬよう旅行前から注意しておきましょう。

レシートは破棄

旅行先で払った代金のレシートはその都度破棄するか、最初から貰わないようにしましょう。レシートには「払った金額」の他、「利用した時間」や「何名で利用したか」など詳細に記載されている場合があります。

旅行中のレシートは「財布が重くなるとイヤだから貰わなかった」ことにしましょう。

カード払いしない

普段カード払いが基本の人は、いつもの癖でついカード払いしそうになりますが、不倫旅行では必ず現金払いするようにしましょう。

あとあと送られてくる「利用明細」から不倫がバレるケースは多いものです。

車のETC履歴・ナビ履歴

不倫旅行に自宅の車を使って行く場合は、「ETC」や「ナビ」にも履歴が残ることに注意しましょう。

配偶者に申告した場所と「違う場所」へ行く場合は「ETCは使わない(現金で払う)」「ナビの履歴は消去する」などの点にも気を付けましょう。

香水は避けてもらう

自分ではすっかり証拠隠滅したつもりでも、帰宅した途端に配偶者から「ん?」と気づかれてしまう場合があります。

それが「香り」。

焼肉食べたあとのにんにくのニオイと同じで、本人はわからなくても他人が嗅ぐと一瞬でわかってしまうのが「香り」です。

不倫相手には「香水」「ヘアスプレー」などの強い香りの物は使用しないでもらうようお願いしておきましょう。

また「柔軟剤」にも注意。最近の商品は香りが強いので、くっついているだけでも服に香り移りする場合があります。

「いつもと違う香りがする」配偶者は意外と敏感に察知しますので要注意です。

不倫旅行の思い出話の準備

帰宅後に「行ってきてどうだった?」と配偶者から感想を求められる場合があるでしょう。
とっさに慌てないよう、ある程度思い出話の準備はしておきましょう。

仕事関係なら「ナシ」でOK

不倫旅行の言い訳を「出張」「研修」など仕事関係にしていた場合は、特に多くを語る必要はありません。本当の仕事の部分の感想を少し述べたら、他は「別にないよ」でOKです。

人間、ウソを誤魔化そうとすると「変に饒舌」になってしまう時があります。そうすると配偶者は「よく話してるけど目は泳いでる」状態に勘付いてしまう事が多いのです。

また、話題は多ければ多いほどボロが出やすくなります。いらぬボロを出さないよう、「ずっと会議室にこもってたよ」だけで済ませる方が無難です。

「友人」関連ならミニエピソード作っておく

「地元の友人に会う」「友達と旅行に行く」など、比較的「楽しい感想」が予想される設定にした場合は、それなりに思い出話も創作する必要があります。その場合は「具体的なミニエピソード」を作っておくと良いでしょう。

たとえば「友達が財布落としたんだけど、後ろから来たカップルが拾ってくれてさ~」とか。「地元の友達が子ども2人連れて来たんだけど、お店のお皿割っちゃってさ~」とか。

「たいしたことない」、かつ「ありそうで具体的」なエピソードであるほど、真実味が増します。

旅行の日程をイチから説明するより、ちょっとしたミニエピソードを語る方が配偶者にリアル感を感じさせられますよ。

まとめ

不倫旅行には「バレない」ための注意点がいっぱいですね。

気を遣うことばかりで「せっかくの旅行が楽しめない」とショゲてしまいそうですが、「不倫がバレてしまう」ことの重大さに比べれば、なんてことないはずです。

それよりも、細心の注意を払うことを「不倫旅行を成功させるためのミッション」だと思えば楽しんで実行できるかも?

今後も2人が安心して不倫関係を継続できるよう、素敵な旅行にしたいですね。


よく効く増大サプリを本物の口コミから徹底検証

ペニス増大トレーニング方法生の口コミ体験談を基に責任を持って監修する「増大サプリおすすめランキング」大公開!モテる男は知っている本当に実力のあるペニス増大サプリを余すこと無くご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です