職場不倫は危険?同僚女性と不倫するメリット・デメリット

職場不倫はキケン?同僚女性と不倫するメリット・デメリット
この記事の3つのポイント

 職場不倫は楽なようで楽ではない
 別れたあとの後始末が超大変
 職場不倫は相当の覚悟が必要

不倫と言えば職場!というほど、不倫カップルの出会いの場は職場であることが多いでしょう。

やはり一日の大半を過ごす場所で、男女に「恋愛感情」が芽生えやすいのは当然かも知れません。

しかし職場での不倫にはメリットもあるけれど、デメリットも多いのが事実。

今回は、職場で同僚女性と不倫する際のメリット・デメリットをご紹介いたします。

職場同僚との不倫のメリット

まずは良い部分から。確かに職場不倫は楽といえば楽なのですが…。

1.就業後に落ち合いやすい

職場不倫の良さは、互いの行動を把握しやすい点にあるでしょう。

互いの勤務時間を把握できるので、「就業後の約束」がしやすいというメリットがあります。

退社時間が同じであれば、無駄に「待つ時間」を持つ必要がありません。

職場が違う女性と不倫する場合、退社時間に差があれば、どちらかが待つことになります。これだけでも待つ方はストレスが溜まりやすいものです。

また、女性は少し時間があると思うと、入念にお化粧直しをしたり、服を選び直したり…と無駄な時間を挟んできます。それにより待ち合わせ時間を遅らせて来ることも多いでしょう。

就業後の逢引きは時間との戦いだというのに、それを理解しない女性の行動にイライラさせられることもあるでしょう。

その点、職場の同僚女性の場合「仕事が終わったら30分後に!」などと約束すれば逢引きがスムーズに行くというメリットがあります。

2.身近なので意思疎通しやすい

同僚女性との職場不倫のメリットは、意思疎通がしやすい点にもあります。

たとえば「急な残業で今日は会えない」となった場合、職場が違う女性だと信じてもらえない可能性があります。

女性は「会えない」と言われると必要以上に疑心暗鬼になる生き物です。

特に不倫の場合「本当は家に帰って家族サービスするのでは」「私より奥さんを優先したのでは」などと変に疑われ、それにより関係性がギクシャクして疲れてしまうことも多いでしょう。

その点、職場の同僚であれば、残業が本当であることを理解してもらえます。

また、「業務が多忙で疲れている」「体調不良なので今日は帰って寝たい」など微妙な心身の状態も、直接顔を合わせられる環境であれば理解が得やすくなります。

3.「同僚だから」と言い訳しやすい

職場の同僚である、ということはそれだけ「一緒に行動していても不自然でない」という言い訳に使うことができます。

一緒に並んで歩いているところを誰かに見られても「たまたま会ったので話をしていた」と言えば怪しまれずに済むでしょう。

また、2人で食事したり飲んだりしているところを目撃されても「彼女の仕事の相談に乗っていた」ということにすれば、有り得ない話ではありません。

彼女にもひと演技打ってもらい「話を聞いて欲しいと泣き付かれて困っちゃったよ」と相談に乗る優しい同僚ぶることも可能です。

「会社の同僚」という「接点」を周囲に認知されているので、社外で一緒にいるところを見られてもさほど不自然な言い訳にならずに済むというメリットがあります。

4.他の男の影を察知しやすい

彼女と離れている時間が長いと、他の男が彼女を狙っていないか心配になることもあるでしょう。

魅力的な女性であれば、いつ自分との不倫関係を終わらせ他の男のものになってしまうかわかりません。不倫という負い目があると、彼女を束縛する権利を持てないのがもどかしいところです。

その点、彼女が職場同僚の場合、他の男の影がないか察知しやすいというメリットがあります。

社内で彼女を狙っている男がいれば、その情報も入ってきやすいでしょう。また、彼女が他の男に心惹かれ始めた場合、彼女の行動や視線、顔色などからいち早くそれを察知しやすい環境と言えます。

あなたの職場での「地位」や「立場」によっては、「悪い虫」を早期に退治することもできるでしょうね。

5.一日中好きな女性と居られる

「好きな女性の姿をほぼ1日中目に入れることができる」というのも、職場不倫の大きなメリットのひとつです。

もう妻には感じなくなった「淡い恋愛感情」を、勤務中にも感じて楽しむことができます。

誰にも知られぬように、2人だけのアイコンタクトを楽しむこともできるし、資料室や給湯室に隠れて、こっそりキスを交わすという楽しみもあります。

場合によっては残業と称して2人で居残りし、書類倉庫で秘密のセックス…なんて危険な遊びも楽しめるでしょう。

職場が同じであれば、一日中好きな女性と恋愛を楽しむことができるのです。

職場不倫は危険!

職場同僚との不倫デメリット

メリットが多い職場同僚との不倫ですが、その分「リスク」も多くあります。
ここでは同僚女性との不倫のデメリットをご紹介いたします。

1.身近にいる分バレやすい

「お楽しみ」の代償は、やはりバレやすい点にあります。

2人がそれとなく目を合わせた時に生じる独特の雰囲気を、周囲が敏感に察知してしまうことが多々あります。

「疑惑」を感じた同僚たちは「確信」を得るために証拠探しを始めます。

人間は「他人のスキャンダル」が大好きですから、ひとたび噂にでもなれば2人の言動は周りに逐一チェックされてしまいます。そのため、バレてないと思っているのは2人だけ…という状況がほとんどなのです。

また、不倫相手が身近にいると、ついイタズラ心が湧き上がってしまうものです。ちょっとしたイタズラで、給湯室で彼女のスカートに手を入れた瞬間を誰かに見られでもしたら…、完全にアウトですよね。

注意はしていても、つい「油断」が生じる瞬間があるものです。

勤務中も性欲を刺激する相手が身近にいるというのは、逆にデメリットであると言えるかも知れません。

2.女性が同僚に相談する可能性がある

女はすぐに「他言」する生き物です。特に不倫相手が若い独身女性の場合、あなたとの「不倫の悩み」を周囲の誰かに相談してしまう可能性が極めて高いです。

あなたの名前は出さないまでも、つらい恋をしている状況を他人に聞いてもらいたくなるのです。

職場不倫の場合、相談を受けた側は話を聞くうちに「相手が誰だかおおかた見当がついてしまう」というデメリットがあります。

また、相談ではなく「自慢」として不倫関係を言いふらす女性もいます。

あなたが他の女性社員に人気があったり、社内で地位のある人であるならなおさら。「◯◯さんはこんな風に私を口説いてきた」と、相手女性があなたとの関係を周囲に自慢してしまう可能性があります。

「家庭」を持たない若い独身女性は、守るべきものがない分他言しやすいので特に注意しましょう。

合意の上だったにも関わらず「既婚男性に弄ばれた」と被害者意識を募らせている場合もあります。被害者意識があると、女性の口はますます開きやすくなります。

女性の口は、男が想像する以上に「軽い」ということを念頭に置いておきましょう。

3. 女性に「嫉妬」されると仕事がしにくい

不倫相手が同じ職場にいると「嫉妬」されて仕事がやりにくくなる、というデメリットもあります。

特に嫉妬深い女性の場合、あなたが業務で他の女性と話をしているだけで「鬼のような形相で眺めてくる」ということがあるでしょう。

不倫している女性は、「奥さん」を除いては彼の中で私が一番なのだと納得することで心の平静を保っている場合が多いのです。ですから、その座を脅かすような「他の女」の存在は決して許せません。

仕事で必要な会話をしているだけなのに、勝手にいじけて機嫌が悪くなるので業務に差し支えるということも出てくるでしょう。

また、「妻」に対しても、もちろん嫉妬してきます。何かの用事で自宅から電話がかかってくるなど「妻」の影が見えようものなら、機嫌を悪くして問いかけにも応じなくなったりします。

「嫉妬」が業務にまで支障をきたす状態になると、職場の不倫はマズかった…という後悔になりかねません。

4.バレると仕事に影響が出る

2人の関係がどこかでバレてしまい、不倫が会社や上司に知れ渡ってしまう危険性もあります。

職場不倫のデメリットは、バレたらそのまま仕事に影響してしまう、という点です。

最悪の場合、あなたが左遷で遠くへ飛ばされる可能性もあるでしょう。その場合、家族にも言い訳が立ちませんよね。

相手が若い独身女性の場合、結婚までの腰掛けとして会社に居る場合もあります。そういう女性は身軽ですので、不倫がバレればさっさと退職してしまうという道も選ぶことができます。

しかし既婚者のあなたが簡単に会社を辞めるわけにもいかないでしょう。

「不倫して飛ばされた人」というレッテルを貼られたまま会社生活を送るのは、さぞかし辛いものとなるのは容易に想像できます。

職場不倫は危険がいっぱい

5.別れたあと職場で気まずい

不倫関係が永遠につづくワケではありません。関係がこじれたり、互いの熱が冷めたり、いろんな事情で不倫はいつか終わりを迎えます。

その際、相手女性が相変わらず同じ職場にいるというのは、なんとも気まずいものです。穏便な別れならまだしも、修羅場の末の別れともなれば、職場で毎日顔を合わせなければならない日々は地獄です。

悪い女性だと、過去の関係をネタに「脅し」をかけてくる場合もあります。「不倫をバラす」という「爆弾」を抱えた女が会社内にいるのは最悪ですよ。

「バラされたくないでしょ」を常套文句に、仕事のあらゆる面で優遇されることを求めてくるかも知れません。

同じ職場の女なんかに手を出すんじゃなかった…と後悔しても、時すでに遅しなのです。

まとめ

職場同僚との不倫は、「楽しい時」には最高ですが、「そうでなくなったとき」には地獄なのです。

大きすぎるリスクとデメリットを考えれば、同僚女性には手を出さない方が良いと考える方が賢明でしょう。

しかし男たるもの「楽しみ」は得たいですよね。

リスクを最小限に抑えつつ不倫を楽しむには、やはり相手は「日常生活に関与しない女性」が一番です。

生活圏が違う女性や、自分の素性を知らない女性など。

そんな女性と出会うチャンスは、あなたの手元のスマホにあります。

リスクの塊を背負う必要は無いんです。

あなたと同じように「リスクは避けたい」と思う女性は、スマホの向こうで待っていますよ。


よく効く増大サプリを本物の口コミから徹底検証

ペニス増大トレーニング方法生の口コミ体験談を基に責任を持って監修する「増大サプリおすすめランキング」大公開!モテる男は知っている本当に実力のあるペニス増大サプリを余すこと無くご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です