不倫クリスマスの過ごし方!憂鬱を吹き飛ばす5つの提案

不倫クリスマスの過ごし方!憂鬱を吹き飛ばす5つの提案
この記事の3つのポイント

 イベントにうまく紛れ込もう
 プレゼントは「物」より「思い出」
 不倫そのものがイベントと心得よ

不倫カップルにとって、クリスマスはなんとも複雑なイベントですよね。楽しみたい気持ちがある反面、ユーウツに感じてしまう人も多いはず。

そんな今回は、不倫カップルのクリスマスの過ごし方について5つのご提案をいたします。年末最大のイベントだからと言って「気負いすぎず、そこそこ楽しむ」がポイントですよ。

1.クリスマスの逢瀬に使える「口実」

「クリスマスに会いたい!」と思ってもなかなか難しいのが不倫カップル。だって既婚者がクリスマスの夜に外出なんて、怪しいばかりですからね。

そんな中でもクリスマスに外出するためには「もっともらしい口実」が必要です。

忘年会

年末のこの時期、一番「あり得る」口実がコレでしょう。ただし忘年会と言っても仕事関連ではなく、個人の集まりでの忘年会です。

会社の忘年会がクリスマス当日だなんて「どんだけ空気読まない会社だ」って話になりますからね。会社に1本電話を入れればすぐにバレてしまいますし。

「独身ばっかの友達が集まる忘年会」に、ちょっと顔を出してくる、というのがもっともらしい言い訳になるでしょう。

酔った独身の友達が「お前ばっかり家庭に帰るのはズルい!」と言ってなかなか帰してもらえなかった、なんてありそうな話ですよね。少しくらい遅くなっても、「みんな酔って絡んできてさ」でなんとか誤魔化せるでしょう。

「なんでそんなのに参加しなきゃいけないの」とパートナーに言われる可能性が高いので、あくまで「ちょっと顔出すだけのつもりだった」ことを強調しましょう。

職場のイベント

「職場」を持ち出した方が説得力が生まれるようなら、職場関連のクリスマスイベントに参加するために外出、という口実もアリでしょう。

ただし「会社(公式)のクリスマスパーティー」等と嘘をついてしまうと、家族が会社の人と話す機会があれば「そんなものない」と即バレします。

なので「上司や先輩主催の個人的なイベント」や「取引先などちょっと遠い関係先のイベント」などに設定しましょう。

独身の上司が「クリスマス飲み会」を企画してしまったから顔を出さないわけにいかない、とか。

関連会社や取引先の「クリスマスパーティー」があって、普段お世話になってるから参加せざるを得ないとか。

これなら万が一家族が会社の人と話して「そんなの知らないよ」と言われたとしても「自分だけが個人的に誘われたイベントだから」で誤魔化せるでしょう。

仕事・残業

現代はお盆やお正月であっても「仕事です」というのが珍しくない時代。クリスマスの夜に「残業」であっても、不思議な話ではありません。

クリスマスに不倫相手と会う口実に「普通に仕事だから」という言い訳を使っても問題ないでしょう。

ただし、仕事や残業を口実に使うには、普段から「その時間帯に仕事や残業をしている」という前提が必要です。クリスマス当日だけ急に残業なんて不自然ですからね。

相手の事情も理解してあげよう

既婚者はクリスマスに不倫相手と会うためにさまざまな口実を考える必要がありますが、不倫相手も既婚者の家庭事情を理解してあげる姿勢が必要です。

いろんな口実を考えて会おうとしてくれても、パートナーが疑い深い相手な場合、なかなか信用してもらえないこともあります。「やっぱりクリスマス当日には会えない」とか「会えても1時間だけ」など言われることもあるでしょう。

そんな時、スネるのは簡単です。「やっぱり家庭が一番なんだ」とか「会ってもらえない私の気持ちは考えてくれないんだ」とか。

ですが、家庭を持っている人間は、そんなに「自由」ではないんです。本人はクリスマスに興味が無くても「子どもが楽しみに待っている」のかも知れません。なにより、下手な嘘をついて外出すれば、不倫がバレてもう2度と会えなくなるかも知れません。

スネてワガママを言っても、既婚者からすれば「なんでわかってくれないんだ」と面倒に思われるだけです。それは自分が見限られることを意味します。

クリスマスに会えない既婚者の事情も理解してあげる姿勢を持つことも、不倫関係では大事なことです。

2.不倫クリスマスを楽しむ「場所」

クリスマス不倫デートにはテーマパークのイベントがおすすめ

クリスマスと言えど、基本的に不倫カップルは「いつも通りの密室で会う」のが基本です。

とは言え…街中にネオンがキラキラ輝いてロマンチックな聖夜。やっぱりせっかくだから2人でお出掛けしてクリスマスムードを楽しみたいですよね。

ここでは不倫カップルがクリスマスの夜を楽しめるオススメの場所をご紹介します。

ジャズBARなどのイベント

クリスマスの夜は、お酒を飲める場所でもさまざまなイベントが催されています。生バンドの演奏などが楽しめるジャズBARで、ネオンと音楽に酔いながら2人の時間を満喫するのもオススメです。

もちろんイベントとなると周囲の人の目も多くなりますが、かえって人に紛れる方が目立ちにくくなるというメリットもあります。知人に会わないためには、生活圏からは離れた場所を選びましょう。

また、できるだけ質の良いBARであるほど、周囲の人達も周りに干渉しないというルールを守ってくれます。

テーマパークのイベント

テーマパークなどでも夜のクリスマスイベントが開催されていますよね。「不倫カップルだから…」と普段は行けないテーマパークに、この際思い切って行ってしまうのもテです。

オススメの理由はやはり「人が多くて紛れやすいこと」。また、「皆がクリスマスムードに浮かれていて気づかれにくいこと」です。

ただし、もちろん「知人に目撃される」可能性はありますから、軽い変装は必須。でもまさか不倫カップルがクリスマスにテーマパークのイベントに来るなんて思わないでしょうから、万が一目撃されても「似てる人がいた」で済むことが多いはず。

こんな時だからこそ大胆な行動をとって、思い出に残るクリスマスにしましょう。

眺めの良いホテル

外出が危険な不倫カップルは、やはりホテルでの密会が必須になるでしょう。その場合は、せっかくですから窓からクリスマスの夜景やイルミネーションが見える部屋を厳選しましょう。

部屋の中にいても、充分外のネオンや雰囲気を楽しめる場所はありますからね。眺めの良いホテルの部屋で、不倫相手と2人でワインや小さなケーキを楽しむのも良いですね。

3.不倫相手に最適なクリスマスプレゼント

クリスマスの楽しみと言えば、やっぱり「クリスマスプレゼント」。贈る方も贈られる方も、ドキドキしてしまいますよね。

相手が独身なら何でもOK

不倫相手が独身なら、男女問わずプレゼントは基本的になんでもOK。もらって困る、という物はほとんどありません。相手が女性の場合なら、やはり喜ばれるのは「アクセサリー」です。

ただえさえ不倫という不安定な関係の中で、彼にもらったアクセサリーを身に付けるというのは、彼女の心の支えになります。

クリスマスにアクセサリーをもらった、というだけでもロマンチックな記念に残りますからね。

避けた方が無難なもの

ただし、「ペアリング」などお揃いの物をプレゼントするのは要注意。相手に過度な期待を抱かせてしまい、「将来的に私を選ぶ意思があるのだ」と誤解されかねません。

その意思がない場合は、たとえおねだりされても「ペア」のアクセサリーは避けた方が良いでしょう。

また「香水」などのフレグランス系も、クリスマスプレゼントとしてはピッタリですが不倫相手に贈る場合は要注意。

「パートナーと同じ香水にして不倫がバレないための工作かな」などいらぬ憶測と嫉妬を呼びことになります。

4.既婚者へのクリスマスプレゼントは「ナシ」が基本

不倫相手が既婚者の場合、残念ながらプレゼントは「基本的にナシ」です。クリスマスを一緒に過ごした思い出がプレゼント…というのが一番無難です。

品物は証拠に残るため、既婚者は「貰っても持って帰れない」場合がほとんど。

特に「この時期」に、パートナーが見たことのない物を持っていると「いつ誰にもらったの」となりトラブルに発展する可能性が極めて高いのです。

中でも「これだけは絶対NG」なプレゼントは以下の3つです。

手作り品

もともと器用な人なら、「セーターやマフラーを編む」「革細工やデコ製品を作る」のが趣味という方もいるでしょう。

その場合、特に深い意味なく自作の手作り品をプレゼントしようという発想になるかも知れません。でも、クリスマスに手作り品を贈るのは絶対NGです。

あなたが念を込めていなくても、貰った相手は念が込もっていると感じてしまいます。

また、パートナーに見つかってしまった場合には言い訳のしようもありません。困った相手から帰り道に捨てられるのがオチです。不倫相手の既婚者に手作り品をプレゼントするのは絶対NGと心得ましょう。

お揃いのアクセサリー

不倫相手の既婚者に、お揃いのアクセサリーなどをプレゼントするのも絶対NGです。

まず相手が男性なら「アクセサリー」という時点で持って帰りにくいです。クリスマス前後に新しいアクセサリーを持ってるなんて妻に見つかったら、女性に貰いましたと言ってるようなもの。

また、身につけていて他人の目から見ても「お揃いである」と誰かに気づかれてしまった場合、一気に不倫関係を疑われることになります。

不倫の証拠になりやすい「お揃いのアクセサリー」を贈るのは、相手を困らせるだけです。

愛のメッセージ

クリスマスのロマンチックなムードに乗せられて、日頃の感謝を込めた「愛のメッセージ」を贈りたくなるかも知れません。

しかし、クリスマスに贈った「愛のメッセージ」こそ、不倫関係のバレる決定的な証拠になりやすいので絶対にNGです。

愛のメッセージは「手紙やカード」だったり、「メールやLINE」だったり、「動画や音声」だったり色々と方法はあります。

しかしいずれも、もらった方は「破棄しにくい」のです。相手はもちろん、もらうとすごく嬉しいのです。だからこそ捨てられず「バレないように隠し持っておこう」と考えてしまいます。

しかし、既婚者の持ち物やスマホはパートナーの管理下に置かれることが多く、たとえロックしていてもパスワードさえ解除されてしまうことがあります。

そこで見つけてしまったのが「愛のメッセージ」だったら。もはや言い逃れのできない決定的な不倫の証拠になってしまいます。

5.不倫カップルにイベントは必要?

「バレない」ことを基本とすると制約の多い不倫デート

「バレない」ことを基本にすると、どうしても「会えない」「プレゼントもできない」となってしまうのが不倫カップルのクリスマス。

そうなると「クリスマスも楽しめない…」「ユーウツ…」と落ち込んでしまいがちですが、自分の考え方を改めてみることも大事です。

クリスマスってそもそも何?

世間があまりにもキラキラしているから、クリスマスは楽しまないといけない!みたいに洗脳されていませんか?

そもそもクリスマスはイエス・キリストの誕生日を祝う日ですよね。

だとすれば、「あれ?別に自分には全然関係ないや」って人も、本当は多いはずです。

「クリスマスだから恋人に会わなきゃ」とか「クリスマスだからプレゼント贈らなきゃ」なんていうのは世間が作った勝手なイメージ。

そんなものに乗せられて「クリスマスに会えないから不幸…」なんて考えるの、そもそもおかしな話なんです。

不倫そのものがイベント!

そもそも2人の関係は「不倫」という、世間では批難されてしまう「非正当な関係」。

それを承知の上で付き合っているのなら、普通のカップルと同じようにクリスマスを楽しもうと思う方が変かも知れません。

ならば、2人の「不倫」という関係そのものが、ひとつの大きなイベントだと考えましょう。

本来は「付き合ってはいけない」と言われている相手と、こっそり逢瀬を繰り返し、バレない工夫を凝らしながら愛を育んでいるのです。こんなにスリリングかつ愛だけで繋がれた関係が他にあるでしょうか?

クリスマスやその他のイベントを満喫できなくても、不倫そのものが最大のイベントだと感じられたら、2人の逢瀬はいつだって最高の時間になるはずです。

まとめ

長く安泰に不倫関係を続けているカップルは、あまりクリスマス等のイベントを重視していません。

そこに捕らわれると、いらぬ嫉妬や面倒が生まれてしまうし、不倫がバレる危険が大きくなってしまうことを知っているからです。それらはつまり、不倫関係が壊れてしまうことを意味します。

世間が作った風潮に惑わされて、2人の関係が壊れてしまうなんてバカバカしいですよね。

不倫カップルにとって、クリスマスは「できれば楽しむ」「無理なら別に気しない」くらいの心持ちで臨むのがベストですよ。

ペニス増大サプリランキング

よく効く増大サプリを本物の口コミから徹底検証

ペニス増大トレーニング方法生の口コミ体験談を基に責任を持って監修する「増大サプリおすすめランキング」大公開!モテる男は知っている本当に実力のあるペニス増大サプリを余すこと無くご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です