不倫セックスの頻度は?イイ関係を維持する秘訣は溜め込まないこと

不倫セックスの頻度は?イイ関係を維持する秘訣は溜め込まないこと
この記事の3つのポイント

 不満を溜め込むのは別れの元
 「楽しくない不倫」は誰も得しない
 複数と不倫するのも賢い手段

自分たち以外の不倫カップルってどれくらいのペースでセックスしているものなのか…、気になるところですよね!

しかも、それが気になってしまうということは、恐らく自分とお相手とのセックス頻度を「少ない」と感じ、満足していないせいでしょう。

「もっとしたいのに…」と不満を募らせているくらいなら、もっとしちゃえばイイんです。良い不倫関係を維持する秘訣は「溜め込まない!」が肝心ですよ。

頻度なんて関係なくしたい時はしましょう

他の不倫カップルがどのくらいの頻度でセックスしているか「統計」を知ったとしても、それはあくまで「平均値」であり、それと自分達の頻度と比べて一喜一憂したってあまり意味はありません。

そもそも不倫セックスの頻度は「人それぞれ」

そもそも不倫セックスの頻度は「人それぞれ」

「毎日同じ屋根の下で寝ている夫婦」と違い、不倫カップルの場合「会いたい時にもなかなか会えない」というのが普通です。

毎晩出歩いたってパートナーから何も言われない…という人は少ないでしょう。皆、なんやかんや理由をつけて不倫の逢瀬をする時間を作っているワケですが、それが許される範囲はそれぞれの不倫事情によってまったく異なります。

たとえば、子どもがいない共働き夫婦の場合、比較的夫婦どちらも自由が多く、不倫の時間を作りやすい場合が多いでしょう。子どもがいる家庭であれば、「家族サービス」が要求されることも多く、また金銭的にも不倫相手に使える金額は限られてくるでしょうし、結果的に逢瀬が少なくなる傾向にあります。

また、「不倫相手と退社時間が合わない」「残業が多く約束が取り付けにくい」など、お仕事事情によっても、会う頻度が多いカップル・少ないカップルが出てきます。

「遠距離で不倫している」なんてカップルもいますからね。その場合、セックスできる頻度は年に数回というのも珍しありません。「家庭環境」「仕事環境」などの条件により、不倫カップルが会える頻度は本当にさまざまなんです。

ですから、他の不倫カップルの「一般的なセックス頻度」と比べて少なかったとしても「それぞれ条件が違う」のですから比べることに意味がありません。人と比べてセックスの頻度が少ないからと言って「相手の愛情が少ない」などとは思わないようにしましょうね。

「遠慮」してるからセックス頻度が少ない場合も?

「遠慮」してるからセックス頻度が少ない場合も?

「割と不倫するには好条件なハズなのに相手が会ってくれない」もしくは「逢瀬の回数は割とあるのにセックスせずに帰る日も多い」なんて場合もあるでしょう。

「もっとセックスする機会はあるハズなのに・・・」と不満に思う場合は、自分がきちんとその想いを相手に伝えているか思い出してみましょう。

もしかすると「お互いに遠慮している」なんてことがあるかも知れません。女性の場合、いくら「セックスしたい」と思ってもなかなか自分からは誘えませんよね。

「ホテルで会ってセックスする」となれば相手にそれなりの時間を取らせる必要があります。「ワガママを言って彼を困らせちゃいけない・・・」とガマンしている場合も多いでしょう。

また、立場的な優位性を保ちたいために、「自分からセックスして欲しいなんて言いたくない」という女性も多いのではないでしょうか。

一方、男性側もお相手に遠慮していることが多いのです。

「ホテルで会ってホテルで別れるなんて、嫌がるかも知れない。食事とセットで時間が取れるときでないと誘いにくい」とか。

「今日は30分しか時間が取れない。本当は今すぐ押し倒してセックスしたいけど、それだけが目的だと思われはいけないからガマンして帰ろう」とか。

「カラダだけが目的なんでしょ」と相手女性に思われないよう、男性側がセックスしたくてもガマンしているケースも多いのです。

つまり、お互いが「したいなぁ」って素直に言えれば解決するかも知れないってこと。したい時には「したい!」と言える関係の方がお互いラクですよね。

月1は愛を確かめるためにセックスを

月1は愛を確かめるためにセックスを
不倫カップルの個々の事情により、セックスの頻度が少ない場合ももちろんあるでしょう。でも、遠距離不倫でもない限り「月1」は愛を確かめたいところです。

セックス頻度月1以下は危険ゾーン?

「セックスの頻度で愛は測れない」のはもっともですが、不倫カップルであればセックス頻度が月1以下は危険ゾーンと言えます。何が危険かというと「不倫関係が続かない」ということです。

夫婦であれば、セックスレスでも関係は維持できます。セックス以外でも日々の生活の中でいくらでも繋がる要素があるからです。

ですが、不倫関係の場合2人にあるのは「男女の愛情」の繋がりだけですよね。セックスなしで繋がる関係であれば、ただの「友達」ですからね。

女性は特にセックスを「愛を確かめる行為」という認識でいることが多いでしょう。男性と違ってただ性欲のみでセックスする女性は少ないですからね。

「愛を確かめる行為」が1ヶ月以上もないとなると、女性の心は急速に冷めていきます。「数ヶ月に1度」程度の頻度で「会いたい」と言われても、他の女の影を疑うのが当然です。

可能であれば頻度はいくらでも

可能であれば頻度はいくらでも
不倫カップルは月に1度は愛を確かめるためにセックスしたいところですが、それ以上する分にはいくらでも構いません。

「週に何度も会える」というカップルは少ないかも知れませんが「会える機会があれば短い時間でも体を合わせておく」くらいに思っておく方が良いです。

「会えない」ことで不満が溜まることが多いのが不倫です。

「愛を確かめ合いすぎる」なんてことはないのです。

セックス頻度に不満があるなら「2人目」の検討も

いくら自分が「いくらでも愛を確かめ合いたい!」と思っても、不倫相手が応じてくれなければ不満は溜まりますよね。

今の不倫相手とのセックス頻度が少なくて不満があるなら、その不満は溜め込むよりも「2人目の誰か」に解消してもらう方が健全です。

「ひとり」に求めるには限界がある

互いに愛し合っているカップルであっても「性欲の強さ」には個人差がありますよね。「頻繁にセックスしたい人」が「性欲の薄い人」に求めてもうまくいくはずがありません。

また、お互いが「頻繁にセックスしたい人」であったとしても、家庭の都合や仕事の事情で「なかなか会うタイミングがない」ということもあるでしょう。その場合も、お互いにセックスしたいのにできないという不満が溜まります。

そして「不満」を持っている相手に対して、「より良い愛情をかけよう」なんて気にはならないですよね。不満な分は必ず相手にその埋め合わせを求めようとしますから、ますます相手との関係がギクシャクしてしまいます。

それもこれも、すべて「ひとり」の不倫相手に求めようとするからです。相手のキャパを超えた要求を持つと、バランスが取れなくなるのは当然でしょう。

「2人目」で解消することですべてうまくいく

もし仮にあなたが月に10回セックスしたいのに、不倫相手とは5回しかできない、というのなら、あとの5回を相手してくれる「2人目」を探しましょう。

今の相手に「あと5回」を求めたり、自分自身が「あと5回」を我慢するのは、お互いのストレスを増やすだけです。叶わないことは求めない、という割り切りも必要です。

そしてもし2人目のお相手が「月3回しかできない」というのなら、あと2回を相手してくれる「3人目」を探しても良いのです。あなたの10回の要求を3人が分担して叶えてくれたら、あなたの不満はなくなるし、もちろん相手にも負担をかけません。

つまり「2人目」「3人目」が居ていい、と自ら割り切ることですべてがうまくいくのです。

その際には簡単に出会えるPCMAXなどの出会い系を使うのも一つの手です。

「不倫を楽しむ」という心持ちで

「不倫を楽しむ」という心持ちで
セックス頻度が少ない、と不満を感じている場合、少なくとも「不倫を楽しんでいる」とは言えませんよね。

それでも「好きだから会えなくて切ない」という苦しみを味わう「不倫ならではの醍醐味」はあるでしょう。ですが、そんな苦しい思いをして、残るメリットは何でしょう?

「罪悪感」と「不満」という二重苦

不倫している人のほとんどは、大なり小なり「罪悪感」を抱えています。「パートナーが知ったら傷つくだろう」「相手の家族を傷つけるだろう」など。

また、具体的にそんな思いがなくても「世間一般でいけないことだと言われている関係」であるという「やましさ」は誰だって感じているはずです。

もしそのような罪悪感を抱えつつ、不倫相手へのセックス頻度の少なさに不満を抱えているとしたら・・・そんな不毛なことがあるでしょうか。誰も頼んでないのに敢えて自ら苦しむような不倫をして「切ない自分」に酔っているかのようです。

不倫を楽しむことは悪いことじゃない

敢えてマゾヒストのように苦しい不倫を選んでしまうのは、あなたの心のどこかに「不倫を楽しんではいけない」なんて気持ちがあるのかも知れません。

自分の中の罪悪感を打ち消すために、「会えなくて寂しい」という不満を敢えて造りだし、苦しむことで「決して不倫を楽しんでなんかいない、だから許して」という気持ちがあるのかも。

でも、それは実に不毛な折り合いの付け方です。だって誰に置いても「ハッピー」が発生していないから。不倫を楽しむことは悪いことではありません。罪悪感を抱えてまでその関係を続けたいのなら、むしろ思い切り楽しむ方が不倫のしがいもあるというもの。

あなたが「罪悪感や不満に苦しみながら不倫する」のと、「割り切って楽しく不倫する」の、どちらも傍から見れば同じ不倫なんです。だったら、満足のいくセックス頻度をこなし「楽しい不倫」を選んだ方が、断然賢い生き方ではありませんか?

ただし不倫を楽しむには「バレない」が大前提!

「2人目」で解消することですべてうまくいく
不倫を楽しむ、と言っても「考えなしにやたらめったら不倫しまくる」ということではありません。不倫を楽しむためには「絶対にバレないようにする」というルール厳守が必須です。

バレて幸せになる人はいない

うっかり不倫の証拠を残してしまう、というミスは誰にでも起こり得ます。ケイタイの履歴を消し忘れたとか、ニオイや髪の毛が衣服に付着していたとか。

ですが、その「ついうっかり」によって自分に関わる人みんなが不幸になってしまうのが不倫です。パートナーは裏切られたと傷つき、不倫相手とは会えなくなり、場合によっては親類や会社での信頼を失くし、家庭崩壊したり退職に追い込まれるなんてことも。

そこだけ見ると「じゃあ不倫なんてしない方が良い」と思ってしまいますが、それは違います。決められたパートナー以外とは絶対に性交渉してはいけないという倫理的ルールそのものに無理があるのです。だって人間の感情はそんなに機械のようにはいきません。

どんな境遇にあっても「恋するときはする」し、いくら好きで結婚した相手でも「性的魅力を感じなくなる」ことはあるはずです。結婚相手以外の人と性的に結ばれたとして何も悪いことではないし、単純にその事実だけで誰かを不幸にするものではありません。

誰かを不幸にするのは「不倫すること」ではなく「その不倫がバレてしまうこと」なのです。

バレずに不倫を楽しむための心得

誰にも不倫がバレないようにして楽しむにはいくつかの心得があります。不倫相手が1人であっても2人、3人、それ以上であっても、同じように注意しておくことが必要です。

・不倫関係を「友人」「知人」に相談しない
・避妊は厳守。避妊できない時は絶対にセックスしない
・感情がコントロールできなくなるほど不倫相手にハマらない
・良好な不倫関係を維持できない相手とは未練なく別れる
・万が一バレそうになっても絶対に「認めない」

上記のルールを破ってしまう事例の原因のほとんどが「不倫相手にドハマリしてしまう」ことです。不倫をするのは自由ですが、「ここまでハマってしまうと楽しめなくなる」という基準を自分の中で明確にしましょう。

不倫を楽しむためには「複数の相手を持ち気持ちを分散する」とか「ドハマリしそうになったら相手を変える」などの割り切りも必須となります。

まとめ

自分の満足のいくセックス頻度を、必ずしも不倫相手が満たしてくれるとは限りません。

ならば、不満を溜めて苦しむより「満たしてもらえないものは満たしてくれる人に求める」方が健全な付き合い方です。2人目、3人目のお相手を作ったって、誰も不幸にはなりません。

ただそこに必要なのは「我慢する不倫なんて誰も得しない」という自分自身の割り切り。そして、誰かを傷つけないために「絶対にバレないよう注意すること」です。

どんな関係を選ぶかはアナタ次第。ですが、短い人生。したたかに賢く楽しむ方が、絶対に人生はお得ですよ。


よく効く増大サプリを本物の口コミから徹底検証

ペニス増大トレーニング方法生の口コミ体験談を基に責任を持って監修する「増大サプリおすすめランキング」大公開!モテる男は知っている本当に実力のあるペニス増大サプリを余すこと無くご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です