不倫で月一セックスは少ない?寂しいあなたに贈る愛あるアドバイス

不倫で月一セックスは少ない?寂しいあなたに贈る愛あるアドバイス
この記事の3つのポイント

 回数が多い=愛ではない
 会えない時間が愛を育てる
 焦らしはセックスの最強スパイス

不倫相手とのセックスって、皆どれくらいの頻度なんだろう?って、気になるところですよね。

だんだん頻度が減ってきて、寂しく感じている女性もいるかも知れません。

実は、長くイイ関係を続けていくためには、不倫セックスは「月1」くらいがベストなんです!

「え?少なすぎ!!」「ん~まぁ妥当かな」など感想はいろいろでしょうか?

今回は、「月1セックス」でイイ不倫関係を維持す訣をご紹介いたします。

不倫男性の「理想のセックス頻度」

そもそも不倫している既婚男性は、どれくらいの頻度で不倫相手とセックスしたいと思っているのでしょう?

理想の1位は「週1」

不倫している既婚男性がもっとも望んでいるセックス頻度は、実は「週1」!割と頻繁に会いたいと思っているんですね。

やはり「俺は不倫セックスを楽しんでいるぞ!」という充実感を得るためには、週1くらいのペースが理想的なのです。週1であれば、「性欲」的にも満足を得られますし。

また、「体力」的にも間に6日挟めば充分回復できるし、といったところでしょうか。

「でも彼は実際にそんな頻度で会ってくれない」と思う女性も多いでしょうね。

でもそれは仕方ありません。だって、これはあくまで彼らの「理想」だからです。

「性欲的」「体力的」には週1で不倫相手とセックスしたいと思っていても、現実にはなかなかそれが叶わない事情があるのです。

理想と現実のギャップ

理想としては不倫相手と週1で会いたい、でも実際はそんな頻度では会えない。その理由はさまざまです。

仕事後に上司や同僚と、「飲み」などの付き合いが発生する男性も多いでしょう。子どもが居る人なら「子どもに早く帰る約束をした」なんて日もあるはず。

特別用事がなくても、あまり外出が多すぎると奥さんに怪しまれるため「週1で時間作るなんて無理」という男性も多いはずです。

実際には月に1~2回しか会えない、というならそれがきっと彼の「現実的な数字」。

「月1~2回の頻度しか会ってくれない…」と思うとスネてしまいそうですが、彼だって理想は週1くらいで会いたいと思っているハズなんです。

本当はもっとあなたに会いたいと彼が思っていること、理解してあげてくださいね。

頻繁に会ってセックスする「リスク」

だからって「月1じゃ少なすぎて寂しい!もっと会いたい!」と願ってしまうホンネもあるでしょう。

ですが、「長く良好な」不倫関係を続けたいと思うなら、頻繁に会ってセックスするのは考えもの。

そこにはさまざまな「リスク」が発生しやすいからです。

不倫セックスのバレリスクは必ず考えておくこと!

不倫がバレるリスクが高まる

まずこれは当然言えますね。会う頻度が多いほど不倫関係が「バレる」リスクが高くなります。

既婚男性はあなたと会うたびに「架空の用事」を作って家族に伝えているでしょう。それがあまりにも度重なると「つじつまが合わない」とか「ネタが尽きる」などということになってきます。

「奥さん」はほんのちょっとした「夫の言い訳のズレ」を見逃しませんからね。不倫がバレてしまう原因は、常に「ほんの小さなほころび」です。

会う頻度が多いほど「ほころび」は出やすくなりますし、それを出さないように気を張る彼の心労も大変なものです。

極力バレるリスクを減らして「安全に長く」不倫関係を続けるなら、頻繁に会うのは避けた方が無難でしょう。

馴れ合いが生じる

不倫セックスの頻度が多いと「馴れ合いが生じてしまう」というリスクもあります。

だって…、不倫の恋に「ドキドキ感」は大切ですよね?

「会いたいのに会えない」というもどかしさが、不倫の恋に「甘苦しい切なさ」というスパイスを与えてくれているハズです。

なのに、頻繁に会えてしまったら…どうでしょう?

もちろん最初は頻繁に会える嬉しさで盛り上がるでしょう。でもすぐに「新鮮味」はなくなります。

そして「いつでも会える」という安心感が生まれてしまうと「トキメキ」も薄らぎます。

不倫の恋に、「長年連れ添った夫婦」みたいなどっしりした安心感、いらないですよね?

不倫関係を長く楽しみたいなら、敢えて会う頻度を少なめにし「いつまでも新鮮なドキドキを味わいながらセックスを楽しむ」方がずっと賢明なのです。

早く飽きる

馴れ合いがもっと先へ進むと「飽き」が生じてきます。

頻繁に会ってセックスする関係だと「早く相手に飽きてしまう」というリスクもあるのです。

もちろんこれは男女双方に言えることなのですが、特に既婚男性側はそのキケンが大きいでしょう。

つまり「彼の方があなたにより早く飽きちゃう」ということ。

男性はもともと「なるべく多くの女性と関係を持ちたい」と本能的に思う生きモノです。

女がじっくり愛を深めたいのと違って、男はいつでもキョロキョロしながら次のターゲットを探しているイメージ。

あなたとの不倫関係に「安心感」を抱いてしまうと、彼は次の「新鮮な獲物」を狙いたくなってしまいます。あくまで本能ですからね。彼に悪気はないんですよ。

セックスする頻度が多ければ、その分彼に早く飽きられる可能性がある、ということは心得ておきましょう。

頻度が減ったとき寂しく感じてしまう

会ってセックスする頻度が多いと、いつの間にかそれを「当たり前」だと思ってしまいますよね。

頻繁に会うことのリスクは、「それが当たり前になると、頻度が減ったときに寂しく感じてしまうこと」も挙げられます。

たとえば不倫関係が始まった当初に週2くらいのペースで会ってセックスしていたとしましょう。

でも、それは彼的に「すごく無理して時間を作っていた」のかも知れません。そして、そのうち彼が「無理」をやめて、少しずつ頻度を減らして月1ペースになったとしたら。

彼としては「無理せず不倫を続けられるペースになった」と感じているのに、あなたとしては「会う回数が減った…寂しい…」と感じてしまうハメに。

不倫は、もともと頻繁に会える保証がない関係ですよね。なのに、頻繁に会えることを当たり前だと錯覚してしまうと、頻度が減ったときに余計に寂しさを感じてしまうことになるのです。

続くと義務感が生じる

不倫セックスの頻度が多すぎると、いつしかそこに「義務感」を感じてしまうというリスクもあります。

付き合い始めなど、お互いが熱烈に盛り上がっているときは「何度でも」「求め合って」セックスするはずです。

でも、その熱は時間が経てば落ち着いてくるのが自然。そのうち「今日はそれほどセックスしたくない」という日も出てくるでしょう。

だけど、そんな時も不倫相手に会うとなれば「せっかく会うのにセックスしなきゃ悪いかな?」なんて気持ちになるかも知れません。それこそ、あなたも彼も、お互いに。

それが続くと「今日は気が乗らないから、会うのめんどくさいな…」とまで思うようになってしまうかも。

夫婦じゃあるまいし「セックスを義務に感じる」なんて、不倫関係においてそんな悲しいことはありませんよね。

月1以下では気持ちが冷める

不倫セックスを義務に感じるのはナンセンス!
「じゃあ会う頻度はなるべく少ない方が良いの?」という感じですが、少なすぎるのも考えもの。

不倫セックスの頻度が月1以下だと、気持ちが冷めてしまう可能性が高いです。その理由をご紹介しますね。

恋ゴコロにも期限がある

「なかなか会えない切なさ」「次に会えることを楽しみにするドキドキ感」

不倫の恋を盛り上げるには、そんな要素が欠かせませんよね。

しかし、そんな感情にも「期限」があります。

不倫セックスの頻度が月1以下だと気持ちが冷めてしまうのは、「恋ゴコロにも期限がある」からです。

「なかなか会えない切なさ」は、あまりにも長く続くと「あきらめ」に変わってしまいます。

いつまでもず~っと待ち焦がれていては、心がくたびれ果ててしまいますからね。そして「あきらめ」の中には、もう冷めた感情しか残りません。

「次いつ会えるかな」というワクワクも、あまり長く続くと単純に「忘れ去って」しまいます。その間に他の異性に目移りしたり、なんて可能性も大きいですからね。

「切なさ」や「ドキドキ」の感情が続くのはせいぜい1ヶ月。それ以上空いてしまうと、恋ゴコロの期限も切れてしまうのです。

思い入れのないセックスはつまらない

たとえば数ヶ月ぶりに不倫相手から「会いたい」と連絡があったとして。

「え、今さら何?」くらいの勢いで相手の存在が心の中から消えてしまっているのが普通でしょう。

月1以下の頻度では気持ちが冷めてしまうのは、そのセックスに「思い入れ」を持てないからです。

数ヶ月会わなくても平気な不倫相手とのセックスなんて…、盛り上がりませんよね?

もちろん、単に「カラダを求め合う」「心の隙間を埋める」ということはできるでしょう。

でも女性にとって、セックスする上での「キモチ」って結構大事なハズ。単にカラダだけのセックスでは悦びを得られない女性の方が多いでしょう。

不倫にはある程度割り切りが必要ですが、「この人とだからセックスしたい!」という思い入れがないと、女性にとってはつまらないセックスになる可能性が高いでしょう。

相手の気持ちを疑ってしまう

不倫セックスが月1以下の頻度だと気持ちが冷めてしまうのは、「不倫相手の気持ちを疑ってしまう」からでもあります。

だって、数ヶ月も経った後に「会いたかった」と不倫相手にセックスを求められたとして、あなたはそのコトバを信じられますか?

いくら「忙しかった」と言われても、「少しくらいの時間も取れなかったわけ?」と疑問に思ってしまうでしょう。

他の用事を優先して、自分のことは後回しにされてるように感じて不満にも思ってしまうはず。

女性を気持ち良くさせるのは「ワタシは相手に求められている」という実感ですよね。セックスが月1以下の頻度では、その実感を持つことは難しいでしょう。

不倫セックス「月1」がベストな理由

不倫セックスの頻度は、多すぎても少なすぎても良くないんですね。

でもナゼ「月1」がベストと言えるのでしょうか。その理由をご紹介しますね。

ちょっと「焦らされる」くらいがイイから

実際、不倫相手とセックスする頻度として「月1」では少ないと感じる人が多いでしょう。

不倫だからなかなか会えない、ということを考慮しても、せめて2週間に1回くらいの頻度で会いたいな~と思うのが一般的のはず。

だからこそ!敢えて自分をちょっと焦らしちゃうんです。

「足りないなぁ」と感じる、言わば「飢餓感」。この飢餓感があることで、次に不倫相手と会って満たされた時に感じる喜びはひとしおでしょう。

まさに「燃えまくる」セックスを楽しめるハズ。

「やっと彼とセックスできる!」という喜びはあなたをひときわ感じさせてくれるでしょう。

不倫セックスをより楽しむためには、あえて「月1ペースでちょっと自分を焦らす」というテクニックがオススメなんです。

それより多ければ「ラッキー」と思える

実際には「月2~3回の頻度でセックスしてる」という不倫カップルが一番多いかも知れません。もちろんその頻度で全然構いません。

でも互いの都合によっては、会うタイミングが作れず頻度が減っちゃうことも有り得ますよね。

不倫セックスは「月1」がベストだと言う理由は、「月1くらいが適当と思ってると気がラク」だからです。

だってそう思っていれば、月1しか会えない時があっても「ま、そんなもんか」と思えますよね。逆に、月2回以上会えたときは「今月はラッキー」なんて思えるでしょ?

長く良好な不倫関係を続けるには、「相手に求めすぎないこと」が大切。

現実には「ちょっと少ない」と感じる「月1」くらいをベストだと思っていれば、あなた自身も、彼にとっても、精神的な負担が少なく済むんです。

まとめ

不倫相手の仕事や家庭の環境によって、会える頻度はさまざまですよね。

でも、会ってくれる回数が多いからって「相手の愛が多い」ってワケじゃありません。

会いたいという感情だけで突っ走って頻繁に会ってしまえば、それだけ不倫がバレるリスクも高まります。

不倫がバレて2人の関係が壊れてしまったら…、元も子もないですからね。

会う頻度が少ないと感じても、それは2人の不倫関係を長く良好に維持させるための「彼の愛」だと信じましょう。

不倫関係を長続きさせるには、「会いたいドキドキ」を保ちつつ、かと言って「気持ちが冷めてしまう」ほどの期間を空けない「月1」程度の頻度を目安にするのがベスト。

自分お感情を上手にコントロールして、「月1」の不倫セックスを最高に楽しめる状態に持っていければ良いですね。

最後に。でも結局はもっと会いたいし、会った時は不倫セックスがしたい!と思っているなら、それはそれでいいのです。

「月1」ばかりにこだわる必要はないですからね。あなたの気持ちを最優先に不倫セックスを楽しんでください!


よく効く増大サプリを本物の口コミから徹底検証

ペニス増大トレーニング方法生の口コミ体験談を基に責任を持って監修する「増大サプリおすすめランキング」大公開!モテる男は知っている本当に実力のあるペニス増大サプリを余すこと無くご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です