プロ直伝の亀頭増大術!サプリ活用とトレーニング法 『カリを大きくするための方法3選』

プロ直伝の亀頭増大術!サプリ活用とトレーニング法 『カリを大きくするための方法3選』

世の中のほとんどの男性にとって、ペニスは大きな関心ごとのはず。

とりわけカリ。この部分が大きければ、より女性を悦ばせることが出来ます。そのため大きなカリを、世の男性は誰しも望んでいることでしょう。

ですが、ペニスどころかカリを大きくすることはできるのか?そもそも自分は包茎気味、といった、様々な悩みや疑問を抱えている男性も多いはず。

そこで今回は、下記3つのカリを大きくするための方法を、一気にわかりやすくご紹介したいと思います。

・クリニックで手術を受ける
・チントレに励む(ペニス増大のためのトレーニング)
・ペニス増大のためのサプリメントを活用する

それぞれの特徴や、いい点・悪い点をご紹介していきますが、最初に結論をいうと、一番効率的なのは「ペニス増大サプリメントの摂取」です。

そのことも、この後詳しくご紹介していきます。

それでは、この文章を読んで、ぜひカリを大きくするための参考にしてください!

カリは大きいに越したことはない

カリは大きいに越したことはない

まず、声を大にして言いたいのは、「カリは大人になってからでも大きくなる!」ということ。

子どもの成長段階の時期ならまだしも、もう大人になっているのにカリを大きくするなんて無理だろう・・・。

そうあきらめている方!そんなことはありません。カリは今からでも大きくなるのです。

まず、カリを大きくしたい目的。それはやはり女性を悦ばせたいからかもしれませんね。

実際カリが大きい方が、女性は快感を得やすくなります。

カリが大きいだけで、普通にピストン運動をしていても女性はかなりイキやすくなるのです(これは私の経験上でも言えることなので、間違いありません)。

女性を悦ばすため、より大きなカリになることは、とても重要なポイントになるのです

また、日本人のペニスは、概して先細りなことが多いです。

そのため、もし皆さんのカリを大きくすることができれば、より一層彼女にとって魅力的で気持ちのいいペニスになることができるのですね。

その上カリが大きいと、実用的なだけでなく、見た目にも迫力があってなんだかかっこよく見える気がしませんか?

カリが大きいだけで、なんとなく自信にもつながるものです。

「カリを大きくする」具体的な方法とは

カリとは、ペニス先端の段差がついている部分のこと(カリはカリ首とも呼ばれます)。

「カリを大きくする」とは、亀頭の大きな「カリ高ペニス」にするという意味です。

そしてカリを高くするには、亀頭のサイズアップを図ることが重要。

つまり陰茎のサイズは今のままであっても、亀頭部分が大きくなれば、陰茎と亀頭のサイズ差が広がるためにカリの段差が大きくなるのです。

すると、陰茎自体の大きさは変わらなくても、見た目にもかなりビックが印象のペニスになるから驚きです。

その上女性にとっても、亀頭が大きいカリ高ペニスになると、より一層快感を得やすくなるのです。

これは亀頭をサイズアップして、カリを大きくするしかありませんよね。

この亀頭の成長期は、思春期くらいから始まり、ピークは10代後半くらい。そして20代に差し掛かるころには成長が終わる、というのが目安です。

そのため、もしこの記事を読んでいる人の中に、その成長期中の人がいれば、ぜひ今のこの時期を逃さない方がいいですよ。この時期にふさわしい、亀頭のサイズアップ法は、ネット上に色々な情報が載っています。

そういった情報も参考にしながら、きちんとこの時期に亀頭に刺激を与えておくと、亀頭が成長してカリ高ペニスになるのも夢ではありません。

また、日本人は仮性包茎が多いと言われています。ですがこの成長期に皮の剥きクセをつけておくと、ズル剥けの大きなペニスになれるかもしれませんよ。

それでは、この成長期が終わった成人男性がカリ高増大を目指すならば。

さて具体的にどのような方法があるか見ていきましょう。

・ペニス増大のためのサプリメントを活用する
・チントレに励む(ペニス増大のためのトレーニング)
・クリニックで手術を受ける

亀頭増大に一番オススメ!ペニス増大サプリの摂取

手術、トレーニングをご紹介する前に一番のオススメは、ペニス増大サプリメントを摂取することです。

なぜサプリメントがいいのかというと、サプリメントに含まれる、ペニスのサイズアップに実感的な栄養素を身体に取り入れることで、自然と身体がペニスを成長させてくれるからです。

つまり、栄養学的に、自然な作用でペニス、ひいては亀頭やカリのサイズアップを図ることができるということです。

具体的にいうと、ペニス増大のためには、シトルリンやアルギニンといった栄養素が重要になってきます。

まずはこれらの成分が含まれたサプリメントを選ぶことが大切です。

そしてそれらの成分は身体に入ると、ペニスの細胞分裂が活性化し、成長が促します。その上ペニスの血管が拡張する作用も働くので、ペニスが自然とサイズアップするのです。

なおそのときには、そのサプリメントにどれだけ成分が入っているか、そしてその配合比率も、より一層の実感を生むために重要になってきます。

こういったサプリメントは、もともとは海外発祥のものが多いです。そしてそれらが日本に輸入されてくる際、日本人向けのサプリメントに改良されています。
つまり、海外での実績があるサプリメントに、日本人向けになるように開発されたノウハウが一つになり、その製品が日本に出回っていると言えます。そのため、ペニス増大のサプリメントは、完成度はかなり高いと言っていいでしょう。

サプリメントを利用するメリット・デメリット

それでは、ペニス増大のためのサプリメントを利用する、まずはメリット面からみていきましょう。

まずは、サプリメントを飲むだけなので、手間がかからず簡単という点です。

そして体内からの、栄養面でのアプローチになるため、先ほどのペニス増大トレーニングと併用して行うと、相乗実感が生まれ高い実感が期待できるでしょう。
ただし、サプリメントはペニス全体を大きくするためのものです。

そのため今回のようにカリ高を目指し、亀頭をメインに大きくしたいということであれば、やはり亀頭中心のトレーニングと併用してサプリメントを摂取することが必要でしょう。

また、メリットとしては、サプリメントは薬ではないため、副作用の心配がないことです。身体への負担がないのです。

そしてサプリメントの服用をやめたからと言って、サイズアップした分がまた元通りになる、ということもありません。一度サプリメントでサイズアップが叶ったら、今後もそのサイズのままでいられるのです。

次にデメリット面ですが、まずは即効性がない、という点でしょう。実感を実感するまでに、最低でも3か月程度はみるべきです。

できれば半年程度、継続して続けられるとなおいいでしょう。

また、体質等の問題で、サプリメントが身体に合わない場合もあります。3か月程度様子を見てみて、継続が難しいということであれば、残念ですがあきらめた方がいいかもしれません。

このように、サプリメントのデメリットとして、即効性の問題が挙げられます。

ですが総合的に見ると、亀頭増大、そしてカリ高を目指すためには、サプリメントの摂取は最もオススメな方法と言えるでしょう。

クリニックで「亀頭増大手術」を受ける

クリニックで「亀頭増大手術」を受ける

次に、クリニックでの手術について。

これは、亀頭を大きくするために行われる手術のこと。
性のことを主に扱うクリニックだし、と割り切ってしまえればいいのですが、初めて受診をするのは少し心理的に抵抗があるかもしれません。
ですがその一歩を踏み出すことができれば、ある意味では楽な方法とも言えるでしょう。

さて、この手術の方法です。

基本的には亀頭に注射を打つことでサイズアップを図ります。

回数は、1回の注射で終わるものもあれば、複数回注射を行う場合もあります。

主に専用のヒアルロン酸を注射することが多く、また注射だけなので、1本を打つのに10分程度しかかかりません。

費用は、その注入する材料や成分によって大きく変わります。
身体で分解されやすい成分であれば比較的安価になりますが、分解されにくく、実感が長続きするものを選ぶと、高額になるのが一般的です。

手術を受けるメリット・デメリット

まずは手術を受けるメリットから。

一番は、やはり即効性のある亀頭増大法なことでしょう。先細りのペニスで悩んでいる男性にとって、注射をするだけですぐに結果が目に見えてわかるのは、やはり嬉しいことでしょう。
見た目も、亀頭が大きくなれば、迫力のあるペニスになり自信につながります。
また、亀頭が大きくなるのに伴って、仮性包茎の人は包茎が解消されることが多いです。

そして間接的なメリットになるかもしれませんが、亀頭増大手術は早漏緩和につながります。亀頭が今までよりも快感を感じにくくなるのです。
そのため今まで感度が良すぎて早漏気味だった人にとっては、亀頭が鈍感になることで早漏が解消される可能性があります。

それでは次にデメリット面です。

一番のデメリットは、やはり実感が一時的、ということでしょう。

永久にその実感が続けばいいのですが、やはり亀頭に成分を入れたとしても、いずれはその成分は身体に吸収されてしまうものです。そうすると、せっかく注射をしてもその実感がなくなってしまうのです。

そして、より安全な成分であったり、身体に吸収されにくい成分を選ぼうとすると、コスト面がネックになってきます。

また、いくら高額な費用を払って安全な成分を選んだとしても、やはり本来体内に注入する必要のないものを、体内に入れるわけです。100%の安全性は保証できないでしょう。

そして敏感な部分への注射は痛みを伴いますし、傷による感染症などもないとは言い切れません。より安全なクリニックを選ぶ必要もでてきます。

ペニス増大手術の詳細については、次の記事でご説明しています。

ペニス増大トレーニング法【チントレ】を実践

ミルキングとは

さいごに、ペニス増大トレーニングについてご紹介しましょう。

これは、自宅でできるトレーニング方法です。

種類もいろいろあり、30種類以上のバリエーションがあるともいわれています。
内容は、増大のための専用器具を使って刺激を与えたり、マッサージをしたりと様々です。

その中でも、亀頭を大きくするために実感があると思われるトレーニング法は、次のものでしょう。

これらのトレーニングは、亀頭を刺激する目的のものです。つまり、引っ張ったり、大量の血液を強制的に流すことで、亀頭を大きくしようとしているのです。
そのため、トレーニングだけなくサプリなどを摂取して、ペニスの細胞分裂を助けるなど、体内からのアプローチも必要になってくるでしょう。

なお、今回の文章では、それぞれのやり方のご紹介はしません。
というのも、こういった物理的なトレーニングは、やり方によっては怪我や事故につながることがあります。そしてここで簡単に触れることで、誤ったやり方が伝わってしまうことを防ぐためです。

なお、次のページでそれぞれの方法を詳しくご紹介しているので、興味のある方は参考にしてみてください。

トレーニングのメリット・デメリット

ペニス増大トレーニング法の、まずはメリット面です。

何より自宅でできて、手軽に始められるということでしょう。
どこかに行って、というわけではないので、自分の空いた時間に、自分のペースでトレーニングを続けられます。

また、手術は一回あたりの金額が高いですし、サプリメントもやはり継続することが重要なので、購入費が継続的にかかってきます。

その点トレーニングのためには、何か器具が必要でも、最初に買ってしまえばそれだけですし、手術代と比べれば安いものばかりのはずです。
また、トレーニング法によっては器具が不要で、ローションだけ買えば、手を使ってサイズアップを図る方法もあります。そうするとより一層お金はかかりません。

ですがデメリットもあります。

何より手間暇がかかること。一度のトレーニングのために、器具や用品を用意してトレーニングを行い、その片付けもしなくてはいけません。

その際、家族と一緒に暮らしている場合、あまりトレーニング姿を見られたくはないでしょう。そうすると、こういった作業を一人コソコソと行わなくてならないのです。

また、トレーニングのリスクとして、怪我の恐れがあります。結果を求めるあまり、過度な負荷をペニスに与えてしまうと、怪我につながりかねないのです。無理をせず、気長に自分にあったペース・負荷で、トレーニングを継続することが重要といえます。

なおトレーニングは、ペニス増大のためのサプリメント摂取と併用して行うと相乗実感を生み、より一層の実感をあげることが期待されます。

ペニス増大トレーニング法について、詳しくは次の記事でご紹介しています。

プロ直伝の亀頭増大術!サプリ活用とトレーニング法まとめ

今回はカリを大きくする方法を、「クリニックで手術を受ける」「トレーニング法」「増大サプリメントの摂取」この3つに分けてご紹介しました。

それぞれのメリット・デメリットについてもご紹介し、その上で、サプリメントの摂取が、もっともバランスがいい増大方法であるということがわかりました。

そして、サプリメントの摂取をした上で、ペニス増大トレーニングをすると、相乗実感がうまれます。そしてペニスのサイズアップ、そしてカリを大きくするために実感的ということがわかりました。

ぜひこれらの二つのアプローチを併用し試してみて、カリ高ペニスを目指すことをおすすめします。


よく効く増大サプリを本物の口コミから徹底検証

ペニス増大トレーニング方法生の口コミ体験談を基に責任を持って監修する「増大サプリおすすめランキング」大公開!モテる男は知っている本当に実力のあるペニス増大サプリを余すこと無くご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です