キメセクとは?覚せい剤セックス以上の最強の快感を合法的に感じる方法まとめ

キメセクとは?覚せい剤セックス以上の最強の快感を合法的に感じる方法まとめ

この頃、芸能人たちの違法ドラッグ使用による逮捕をやけによく見かけます。

最近も、とある大物芸能人物が、覚せい剤の所持と使用によって逮捕されるというショッキングなニュースが報じられたばかり。

彼らはどうして薬物の乱用をやめることができず、逮捕に至るまで使いつづけてしまったのでしょうか。

はっきりと言ってしまいましょう。実は覚せい剤やMDMA、脱法ハーブそのものの依存性はそこまで危険なものではありません。その裏にはそれよりはるかにアブナイ依存性が存在し、そのために芸能人になったほどの方々でもドラッグをやめることができず逮捕にまでなってしまうのです。

その依存性は何か? それは、違法のドラッグを使用しながら行うセックス、いわゆる「キメセク」です。現実に、この頃、薬物を使用したことによって逮捕されている芸能人は、そのほとんどが男女のカップルで逮捕されていることをご存知でしょう。

キメセクは怖いのです。しかし、キメセクに対し、このような疑問を感じられたことはないでしょうか?

それなら、合法的に使用でき、セックスを数倍も気持ちよくするドラッグはどこで入手することができるのか、と。

キメセクを上回る快感を、合法的に味わうことができるやり方を知りたい!

逮捕を怖がる羽目にならず、あくまで安全に、リスクを負わされることなく、それでもキメセクよりもっと気持ちよくなれる、そんな方法を知りたい……。

違法性がある薬物を使用し、キメセクによって快感を味わってしまった人が逮捕されることは当然のことです。しかし、合法の薬物を使ったキメセクであれば、どれほど快感が強くてもだれにも文句を言われる筋合いはありません。もちろん、逮捕されることもありえません。

キメセクは絶対にNGです。

だれがどうやったとしても、最終的には破滅するしかない行為です。特に決して恋人を巻き込んだりしてはいけません。法律の側面でも、肉体への影響といった側面でも悪い結果しか残りません。

この記事では、キメセクなどしなくとも、恋人を最高に気持ちよくさせるやり方を四つ説明しています。

・早漏を克服する
・愛情を込めてプレイする
・性感帯を開発する
・ペニスを大きくする

この四つのやり方を解説するとともに、どうして絶対にキメセクをやってはダメなのか、その理由、そしてキメセクをさらに上回る快感を法律の範囲内で味わうことができるやり方を紹介します。

違法ドラッグを使用しながらのキメセクをやめることができない方、違法なキメセクよりさらにすごい快感を法律の範疇で味わえるドラッグを知りたい方はどうか参考にしてみてください。

キメセクとは

キメセク、それは違法薬物を使ったうえでのセックスのことです。

簡単に言えば、覚せい剤やコカインといったドラッグをキメてセックスする行為を指しています。

男性だと通常のセックスの10倍以上、女性なら30倍近くまで快感が増大すると言われており、あまりの快感によりセックスしたまま失神してしまう女性もいるくらいです。

さらには、そもそもオーガズムに達しやすい体質の女性の場合、キメセクを行うとオーガズムの幸福感が延々と続いている状態になる人が多く、この快感を忘れることができずに、服役した後もすぐに覚せい剤を使ってキメセクを行ってしまう人が少なくないということです。そのため、実は男性より女性のほうが再犯率が高いのが実情です。

かつてはMDMAや脱法ドラッグといった違法性の薬物がキメセクの際に使われるものとしては一般的でした。しかし、この頃は、覚せい剤がキメセクに利用するドラッグとしてメジャーになっています。キメセクとは覚せい剤を使ったセックスとして認知されつつあるほどです。

キメセクで覚せい剤が使われるようになった背景としては、覚せい剤は一般に粉上になっており、他のドラッグと比べても使用のしかたがたくさんあることを挙げることができます。たとえば、覚せい剤をいぶり、その煙をお香のように吸引した上でセックスを楽しむこともキメセクだと言えますし、また、それをローションに混ぜ、ペニスやヴァギナに直接塗るというキメセクもあります。

これらの使用方法の違いによって、快感の種類も変わってきます。そのため、さまざまな快感を楽しむことができるのです。

常識がある人ならこんな行為には手を付けないことでしょうが、快楽を得られるという噂が流れていることは本当です。

実際、CHAGE&ASKAの飛鳥涼さんや、元プロ野球選手の清原和博さんなど、芸能人や有名人が薬物使用で話題をさらったことも少なくありません。

セックスする時、大きな快感を得られる。この言い方そのものが麻薬めいていますよね。

たとえば、覚せい剤について少し説明してみましょう。

日本の覚せい剤取締法で取り締まられている薬物は、、「フェニルアミノプロパン」(アンフェタミン)や「フェニルメチルアミノプロパン」(メタンフェタミン)などが存在します。

その見た目は、白い粉末や透明な結晶をしていることが多いようです。その粉末や結晶は、水やアルコールで簡単に溶かすことができます。

出回っている覚せい剤を表すため、「シャブ」、「スピード」、「S」などといった隠語が使用されています。

接種のやり方は注射器を用いたり、飲み物に混ぜたり、火であぶって煙を吸ったりすることが多いようです。

覚せい剤を使うと、すぐに脳神経に作用します。その作用はドーパミン作動性に影響を与え、心と肉体を一時的に活性化させるのです。

つまりは、覚せい剤を使用すれば疲労感がなくなり、頭が冴えたように感じられます。

特に覚せい剤を用いたセックスは「キメセク」と呼ばれることがあります。このときのセックスは、あたりまえのセックスをはるかに上回る気持ちよさだと言われています。

疲労を感じなくなり、感度が向上し、気持ちいいという感情が大きくなる。

ただのセックスでは物足りなくなるという人もいるほどですが、それほど依存性が強いということでもあります。歴史を紐解けば、ドラッグとセックスが(悪い意味で)相性が良いことはすぐにわかることです。

でも、興味を持つのは絶対にNG。本気でヤバイことになるどころか人生が崩壊します。

それでも気になるという方は、いまから怖いことのほうが絶対的に多いということを説明します。その上で、ほかの方法で気持ちいいセックスができることも話します。

そもそも一度たりとも違法薬物に手を出してしまうと、それだけで取り返しがつかないことになるのです。

何しろ、ドラッグの入手経路そのものが悪い人たちの金づるになっているため、人生が「詰み」に限りなく近くなってしまうでしょう。

たとえ奇跡的に一度きりでやめる決心をつけられたとしても、その後は違法行為を行ったという弱みを抱えて生きていくことになってしまいます。

また、売人の仲間にならないなら、いつ告げ口されるかわからないため、彼らに狙われることもありえるでしょう。

すでにドラッグに手を出してしまった人にかけてあげられる言葉は、ただ「ご愁傷様です」だけ。手を出してはならないとしか言いようがありません。

そもそもが一度使用してまったく肉体に影響がないなどということはありえないのです。法律的にも負い目を作ってしまうでしょう。

キメセクの快感

一般にキメセクには驚くべき快感がともなうものですが、キメセクの最も危険なところは、その快感のなかに幸福感や優越感、満足感、あたかも天国にいるかのような気持ちといった、それまで味わったことがないような精神的な安心感が混じっていることです。このため、一度キメセクを覚えてしまうともう抜け出すことができないのです。

覚せい剤の再犯率が高いのは、主にこのようなキメセクの快楽を忘れることができないせいです。逮捕された後でも、拘置所や刑務所のなかでさえ、キメセクによる快感のことばかりを考えて、「ここを出たらまたやりたい」というふうに考えている受刑者が大半を占めると言います。

精神的に弱い人もまた違法ドラッグを使用したキメセクの快楽に耽溺しやすく、再犯率が高いと言われています。

以前に覚せい剤で逮捕された有名人を例に挙げるなら、元プロ野球選手の清原和博さんは、いかにもコワモテの見た目とはうらはらにメンタルが弱く、寂しがりであったと関係者のあいだでは語られています。小向美奈子さんなども男性とのセックスに対する依存度が高く、まさに寂しがりで男好きな女性であったという話です。

しかし、そういった「ストレス」や「寂しさ」とまったく縁がない人はいません。したがって、ちょっとした好奇心でキメセクに手を出すと、まさに「一度味わってしまったらそれが最後」と言えるくらいの状態になってしまうのです。だからこそ、覚せい剤やMDMAといった違法ドラッグを使い、その快感を覚えてしまってはいけません。ダメ、絶対、です。

キメセクはどんな意味でも絶対にNG

キメセクや違法ドラッグに手を出すことは、肉体への悪影響があるほか、法律でも禁止されています。

まずは、法律の面について話しておきましょう。

覚せい剤を例として取り上げます。

以下は日本の覚せい剤取締法からの引用で、覚せい剤の所持や使用時の罰則です。

いずれにしても違法には違いないので、特に法律に関心がない方は読み飛ばしてください。

  • あへん法|日本関税協会

    『第八章 罰則

    (刑罰)
    第四十一条  覚せい剤を、みだりに、本邦若しくは外国に輸入し、本邦若しくは外国から輸出し、又は製造した者(第四十一条の五第一項第二号に該当する者を除く。)は、一年以上の有期懲役に処する。

    2  営利の目的で前項の罪を犯した者は、無期若しくは三年以上の懲役に処し、又は情状により無期若しくは三年以上の懲役及び一千万円以下の罰金に処する。

    3  前二項の未遂罪は、罰する。
    第四十一条の二  覚せい剤を、みだりに、所持し、譲り渡し、又は譲り受けた者(第四十二条第五号に該当する者を除く。)は、十年以下の懲役に処する。

    2  営利の目的で前項の罪を犯した者は、一年以上の有期懲役に処し、又は情状により一年以上の有期懲役及び五百万円以下の罰金に処する。

    3  前二項の未遂罪は、罰する。』

    ここまでの引用は所持したり、持ち込んだりした場合に発生する罰則です。興味あるからといって買うのもだめですよ。以下は続きです。ここからは使用制限を破った場合の罰則も含まれます。

    『第四十一条の三  次の各号の一に該当する者は、十年以下の懲役に処する。

    一  第十九条(使用の禁止)の規定に違反した者

    二  第二十条第二項又は第三項(他人の診療以外の目的でする施用等の制限又は中毒の緩和若しくは治療のための施用等の制限)の規定に違反した者

    三  第三十条の六(輸入及び輸出の制限及び禁止)の規定に違反した者

    四  第三十条の八(製造の禁止)の規定に違反した者

    2  営利の目的で前項の違反行為をした者は、一年以上の有期懲役に処し、又は情状により一年以上の有期懲役及び五百万円以下の罰金に処する。

    3  前二項の未遂罪は、罰する。
    第四十一条の四  次の各号の一に該当する者は、七年以下の懲役に処する。

    一  第二十条第一項(管理外覚せい剤の施用等の制限)の規定に違反した者

    二  第二十条第五項(覚せい剤研究者についての施用等の制限)の規定に違反した者

    三  第三十条の七(所持の禁止)の規定に違反した者

    四  第三十条の九(譲渡及び譲受の制限及び禁止)の規定に違反した者

    五  第三十条の十一(使用の禁止)の規定に違反した者

    2  営利の目的で前項第二号から第五号までの違反行為をした者は、十年以下の懲役に処し、又は情状により十年以下の懲役及び三百万円以下の罰金に処する。

    3  第一項第二号から第五号まで及び前項(第一項第二号から第五号までに係る部分に限る。)の未遂罪は、罰する。』

    出典:あへん法|日本関税協会

まだ続くのですが、きびしく罰が定められていることを理解していただければ十分でしょう。

違法に使用した際の罰は「罰金」だけでなく「懲役」という言葉がありますね。

そのほかの薬物にも、違法な所持や使用には、きっちり重罰が設定されています。

それでは、法律の問題だけではなく、肉体への影響という面でも、薬物使用、そしてキメセクをやってはいけないというその根拠を記していきましょう。

ここでも覚せい剤を例として挙げますが、覚せい剤を使用すると、一時的には良い気分になれたとしても、その実感が切れた途端に脱力感や疲労感、そしてすさまじい倦怠感に襲われます。

また、覚せい剤の依存性は非常に強く、簡単にはやめることができません。しかも、覚せい剤を使用しつづけていると、幻覚を見たり、妄想を抱いたりしてしまいます。

最悪の場合、錯乱状態に陥り、他者に危害を加えたりすることがありえます。

こういったリスクを、自分のみならずパートナーにまで背負わせようとすることは大きな間違いです。

自分自身はもちろん、違法薬物をパートナーに奨めたり、だましたり強要したりして使用させることは最低最悪としか言いようがありません。

精神安定剤や睡眠導入剤で合法的にキメセクが可能?

精神安定剤や睡眠導入剤を使って、合法的にキメセクを行うという人もいますが、当然ながらこれらもいけません。

合法だし、違法性がないならかまわないではないかと思う方もいらっしゃるでしょうが、これらの場合も肉体への影響が懸念されます。

そもそも、精神安定剤にしろ睡眠導入剤にしろ、使用する方法をきびしく定めてあるものです。

たとえばアルコールといっしょに摂取することにより、気持ちよくセックスができるなどといった使い方は想定されていません。

最悪の場合、発狂してしまったり、心臓が停止してしまうかもしれませんが、それも「自己責任」ということになってしまいます。

精神安定剤、睡眠導入剤は使用条件以外では絶対に使用してはいけないのです。

また、厳密に言えば合法かどうかも怪しいものです。

パートナーをだまして使用に至った場合、違法性があるということができます。

いずれにしろ、キメセクに依存することは男として情けないこと。「キメセクに頼らずに女性を気持ちよくさせてみろよ」と言いたいところです。

ここから先は、キメセクに頼らないセックスのやり方を紹介していきます。セックスのテクニックを向上させるより、まずはセックスに使う基本性能を上げることに専念しましょう。

その1:早漏を克服する

早漏ではセックスを楽しむことはおぼつきません。

もし楽しめたとしても、自分が楽しむだけで終わってしまいがちです。

女性のほうも、最初は演技してくれるかもしれませんが、本当に早漏なのだとわかってしまったら関心を失くしてしまうかもしれません。

心因性の早漏の方は適切な医療機関に相談する必要があります。精神科なりメンタルクリニックがその窓口にふさわしいでしょう。

そのほかのケースで早漏の場合、特に亀頭が刺激に弱いことがひとつの原因です。

ペニスを刺激に慣れさせる必要があります。一時的な対処としては、コンドームを重ねて使うというやり方があるでしょう。ただ、あくまで刺激に慣れることを目的にするとそれなりの時間がいるはずです。

たとえば、日本人にはか仮性包茎が多く、亀頭がいつも露出していないため、刺激に弱い人が存在するという話があります。

ということは、普段から亀頭を露出させれば良いという話になります。その露出を促すペニスグッズもありますし、亀頭を増大させる方法も存在します。

クリニックにおける手術や、ペニス増大サプリなどです。

ペニス増大サプリについては後で触れます。

早漏を克服するためのやり方はいくつも考えられています。ここで挙げた以外のやり方についても自分で調べて、気に入ったものがあったなら試してみると良いでしょう。

繰り返しますが、早漏では満足なセックスを行えません。

その2:セックスを単なる性欲処理にしてはならない

セックスに愛情がともなっていなければ、萌えませんし、心の底から燃えることもありません。

感じているように見せてくれるプロもいるでしょうが、パートナーとのセックスには愛情が必須です。

医学的にもしっかり根拠があり、女性は愛情などで感情が昂るとイキやすくなるのです。

何もきわめて深い愛情を求めているわけではありません。

仮に相手がただのセックスフレンドだとしても、祐乗や親近感は必要だということです。

悪い感情を抱いていたり、無関心であったりする相手とやるセックスは気持ちよくないのです。

感じやすさには個人差があることも本当ですが、自分のパートナーが感じやすいほうだからといって、感情のつながりを失くしてしまえば縁を切られてしまうでしょう。

一方通行なセックスはそれだけでアウトなのです。多少であっても身近な人同士で行わなければ、感情の問題から、なかなか既存のセックスの快楽を超える感覚は得られないものと思われます。

その3:性感帯を開発する

肉体の感度を上げることは、時間はかかりますが不可能ではありません。

あるいは、感じる場所を増やしていけば良いことでしょう。「これから開発したい箇所」と「すでに感じる箇所」をセットで責めれば良いと思われます。

しだいに開発したい箇所が感じる箇所とリンクして、感度が上昇していくことになります。

まあ、普段からセックスで愛情を込めたくさん愛撫を行っている人たちには関係がないことでしょう。

愛情のあるセックスを行っていれば、キメセクは必要ないのです。

すでに気持ちよく感じるところとセットにして、たくさん愛撫を行ってあげましょう。

その4:ペニスを増大させる

ペニスが大きいほうが恋人の満足度も高くなります。

データから見ても、平均よりひと回り以上は大きいペニスが求められています。そして、世の中にはペニスを大きくするための方法がたくさん存在しています。

そのなかでいちばんお奨めの方法は「ペニス増大サプリ」でしょう。

ペニスをサイズアップさせる方法はいくつもありますが、そのなかで最も実感を見込めるのは、ペニス増大サプリを使うことです。

わたしは特に「ヴィトックスα」をお奨めします。

前にも触れたように、亀頭を増大させて包茎から脱出することにより、早漏も改善することができます。

手っ取り早く快感を得る方法は合法な「媚薬」を使用すること

キメセクは何とも好奇心をそそります。ですが、その快楽を覚せい剤や合成麻薬といった違法なドラッグに求めてしまうことは、必ず「逮捕」という悲劇につながります。もちろん体を壊すことも間違いないでしょう。

芸能界が関係する麻薬事件が増えている背景として、特別司法警察職員という権限が付与されている麻薬取締官、いわゆる「まとり」がこの頃、きびしく捜査を行っているという事情があります。

これからも「まとり」の監視はさらにきびしくなっていくことでしょう。そうした時代背景のなかで、逮捕のリスクを承知していながらキメセクによる快楽だけを求めることは、あまりにも危険で、ほとんど自殺行為と言ったほうが良いと考えられます。

それなら、合法的にキメセクによる快感を得るためにはどうすれば良いのでしょうか。

その答えはきわめて単純です。つまり、現在の時点で違法ドラッグの枠に収まっていない成分、ようするに違法なドラッグに指定されていない成分のみで成り立っている、覚せい作用、あるいは催淫作用があるドラッグを使用するのです。

実際、そういった合法ドラッグは、液体や香水の媚薬をよそおって、合法の品としてインターネットの通販で購入可能です。

その価格も、違法のドラッグや脱法ハーブと比べて、安く手に入れることができます。

ここから先は、そのような合法のドラッグのなかでも、キメセクと同じくらい、あるいはそれを上回るほどの快感を得ることができるものを五つだけ選んで解説させていただきます。

その前に、ひとつだけご理解しておいていただきたいことがあります。いまから紹介する液体のドラッグや香水状のドラッグは、現時点でこそ違法なものとして指定されてはいませんが、いずれは違法なものと見なされる可能性がないとは断言できません。

そのことだけ承知した上で、自己責任で利用するようにしてください。そして、もし今後、違法のドラッグに指定されてしまった場合は、すぐに使用をやめてしまうことをお奨めさせていただきます。

ラブショット

【タイプ】

リキッドタイプ

【解説】

液体の媚薬という体裁で売られているドラッグのなかでも、最もアブナイ実感を発揮するとウワサになっている薬物です。

使い始めると、だいたい20分程度で高揚感や催淫作用が発生します。個人差はあるでしょうが、最長だと5時間も効きつづけることになります。したがって、長い時間のキメセクも可能になります。

ラブショットを使うと、全身が性感帯になってしまい、不感症の女性であっても脱水症状になるくらい潮を吹きつづけたり、幸福感や優越感に浸ったりすることが可能です。

【使用方法】

現役のままで2,3滴を飲む。もしくは飲み物に混ぜて引用する。

セックスの前、もしくは最中に性器に直接垂らすという使い方もできる。

【価格】

4980円(税抜)

惚れルンです

【タイプ】

リキッドタイプ

【解説】

長年、法律の範疇でキメセクを楽しめるドラッグとして愛用されているロングセラーです。

この惚れルンですを使用すると、全身がすぐに性感帯になってしまうため、いきなり潮を吹きだしたり、白目をむき、泡を吹いて失神してしまったりと、かなりアブナイ状態になってしまうというレポートも存在します。

この「惚れルンです」を実際に一般の女性に試し、検証してみた動画を以下に載せておきます。ぜひ参考になさってください。

いかがでしょう。

惚れルンですを飲んでしまった女性は、動画の終わり頃には全身が性感帯になってしまい、絶えずイキまくっています。

わずか3滴をジュースに混ぜて薄めたものを飲んだだけでこの状態、これが原液だったらと思うと、何とも壮絶な実感としか言いようがありません。

【使用方法】

現役のままで2,3滴を飲む。もしくは飲み物に混ぜて引用する。

セックスの前、もしくは最中に性器に直接垂らすという使い方もできる。

【価格】

4980円(税抜)

ジャスティス

【タイプ】

香水タイプ

【解説】

ジャスティスはそもそも「香が脳波に直接作用して女性の性欲を操作する」というふうな宣伝文句で販売されていた香水タイプの媚薬です。しかし、インターネットで「覚せい剤並みのキメセクが可能」とか「覚せい実感と催淫実感がすごい」という口コミが広がり、あっというまに香水タイプのドラッグとして広く知れわたりました。

販売ページに記載されている「脳波に直接作用する」という言葉はおそらくほんとうなのではないかと思います。その作用のしかたもかなりすさまじいもののようです。いまのところ、キメセクで命にかかわるレポートは存在しないため、とりあえずは安全に使用できる成分配合であると考えられます。

【使用方法】

香をひと吹きし、それを吸引してセックスを楽しむことができます

【価格】

4980円(税抜)

BE A MEN(ビーアメン)

【タイプ】

錠剤タイプ

【解説】

ラムネを思わせる形状をした、錠剤タイプのドラッグです。

粒に圧縮されているため、液体状では成しえなかった大きな実感を表します。

飲んだあとには長々と継続し、最低でも5時間は実感が続くため、快楽とともにキメセクを楽しめることでしょう。

あえて言い切ってしまうなら、まさに脱法ドラッグです。

ビーアメンは、限定100個の在庫数限りではあるものの、いま、ひと箱30粒入りのものが通常価格14980円にもかかわらず、期間限定で4980円(税抜)で購入できます。

ご購入を考えておられる方は、くれぐれも自己責任において使うのだということを忘れないでください。

【価格】

4980円(税抜)

Drop(ドロップ)

【タイプ】

リキッドタイプ

【解説】

販売ページには、「非常に強い実感を発揮しますので使用は自己責任でお願いします。使用後の男女間のトラブルは一切責任を負うことができません。」と記載されているくらいで、きわめて強力な実感を発揮します。

いままで媚薬といえば、女性が飲み物に混ぜて摂取することで快楽調教に役立てることができるリキッドタイプと、男性が香水感覚が付けることにより、フェロモンのような実感を発揮する香水タイプのふたつしか存在しませんでした。

ですが、Drop(ドロップ)はひとつだけでふたつの実感を可能とにしています。結果として、いままでのドラッグの15倍という強力な実感を発揮します。

いままでのようにこっそりと飲ませるのも良いですし、自分の手首に吹き付けて使うことも良いでしょう。いずれにしろ、狙った女性を確実に性的興奮状態に置き、性奴隷の状態にすることが可能となります。

Drop(ドロップ)は、現時点で、50個限定の特別価格4980円(税別)で買えます。

価格:4980円(税別)

「合法」媚薬の副作用は?

MDMA、覚せい剤、脱法ハーブといった違法薬物を使用すると、副作用として幻覚や幻聴、バッドトリップといった副作用を防ぐことはできません。

その上、完全に薬がやめられなくなり、中毒なったときには、もはや副作用がどうこうというレベルではなく、廃人と化すことでしょう。

いままで紹介してきました合法ドラッグを使えばキメセクを上回る快楽を手軽に味わうことができますが、しかし、やはり副作用のことを心配されている方も少なくないことでしょう。

ですが、ここで解説している合法ドラッグなら、MDMAや覚せい剤、脱法ハーブのような強烈な副作用はありませんのでご安心を。

ただ、それでもあえていうならまったく副作用がないわけではありません。参考までにそれらの副作用について書き記しておきましょう。

いつもキメセクのことを考えてしまう

それまでキメセクを未体験だった場合、快楽がとても強くフレッシュな感覚を得られるため、仕事中、あるいは勉強中にもキメセクのことを想像してしまう人もいます。

結果として、男性なら場所をかまわず勃起してしまったり、女性であれば膣がびっしょりと濡れてしまったりすることがあります。

性感帯の感度が向上する

キメセクを行うと、たとえ不感症の女性であっても、体が敏感になります。これはキメセク以外のときでもそうです。

いままでオーガズムに達したことがない女性、あるいは潮を吹いた経験がない女性も、性感帯の感度が向上することによって、それまでよりもイキやすくなったり、潮を吹きやすくなるという報告が存在します。

男性の場合も、いままでは感じなかった首であったり乳首で感じるようになったりと、性感帯が開発されて感度が上がるという結果になりやすくなります。

性欲が増進する

キメセクを行った後は、男女を問わず、「性欲や精力が増したように感じられる」という報告があります。これは媚薬のなかに精力を強める作用が含まれているためにこのような作用があらわれるものと理解できます。

まとめ

キメセクは決してやってはいけません。肉体的にも法的にも許されない行為です。

年々、だれもがたやすく違法ドラッグを入手できる状況になっています。その結果、違法ドラッグの所持や使用による逮捕者も増加傾向にあります。

主に覚せい剤を使用してセックスを行うキメセクですが、その魅力は一時の快楽、ただそれだけ、そして代償は巨大な被害です。

しかも、ただパートナーに快感を与えたいだけならほかにも方法は存在するのです。あえてキメセクする必要はありません。

最後に提案した媚薬を使えば、「逮捕」や「薬物中毒の果ての廃人化」といった悲惨な末路をたどる必要なく、安全にキメセク以上の快感を味わうことは可能だということです。

現時点では、この記事で解説してきたドラッグには違法薬物として指定されている成分はまったく使用されていません。したがって、逮捕される心配もない上、肉体への副作用も小さく、セーフティに楽しむことが可能です。

この記事が違法ドラッグにもとづく逮捕者をひとりでも減らすその契機になったなら幸いです。


よく効く増大サプリを本物の口コミから徹底検証

ペニス増大トレーニング方法生の口コミ体験談を基に責任を持って監修する「増大サプリおすすめランキング」大公開!モテる男は知っている本当に実力のあるペニス増大サプリを余すこと無くご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です