性力剤は本当に効くの?期待できる実感力を年代別に調査!

精力剤は本当に効くの?性力剤に期待できる効果を年代別に調査!

勃起力の低下を実感した男性が、改善策としてまず試してみるものといえば、なんといっても精力剤。

性力剤はドリンクやサプリメント、錠剤などで数多く出回っています。

しかし、この精力剤、特定の疾患を治療する薬剤とは違うため、「実際どの程度実感があるのか?」「結局、良くなったような、ならないような……というあたりでお茶を濁すことになるんじゃないの??」と、疑心暗鬼になる方も多いのが実情です。

そこでここでは精力剤の勃起改善力について詳しく解説。年代別の勃起不全の原因や、それに対する精力剤の実感なども紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

精力剤の服用=すぐにギンギン!はあり得ない

精力剤を利用する際にまず理解しておかなければならないのは、「精力剤=媚薬」ではないということ。

勃起力の低下を感じて精力剤を試そうとする方の中には、「飲めばすぐにギンギンになれる!」と思っている方も少なくないようですが、これは間違いです。

精力剤は、いわゆる「媚薬」のように、飲んだ途端にムラムラと性欲が高まり、どんどん勃起してしまう……という商品ではありません。

また、バイアグラなどのED治療薬のように、強制的にペニスを勃起させる成分も含まれていません。

では一体、精力アップを謳うペニス増大サプリや精力剤にはどんな実感があるのか?

ズバリ、「男性機能の維持に必要な栄養素を実感的に補給し、勃起できる体質に導いてくれる」というものです。

目的が元々の体質を改善して自然な勃起力を呼び戻すというものですから、飲んだ途端に性欲が高まる、ということはあり得ません。

もしそのような商品があったとしたら、むしろ非合法の成分が配合された危険な薬物である可能性もあります。

こと勃起に関わることですから即効性を求めてしまう男性の気持ちも分かりますが、商品選びはくれぐれも慎重に。

怪しげな商品には手を出さないようくれぐれも注意してください。

関連記事:

精力剤の実感を実感するためのポイント

自分に合った商品を探す

一口に「精力剤」といっても、その配合成分や原材料などは商品によって様々。
一方勃起不全の原因や症状の方も、人によって違いがあります。
そのため、ある男性にとっては実感てきめんだった精力剤が、別の男性には全く効かなかった、ということも。

どの精力剤が誰に効くかは、実際に試してみないことには分かりません。
「コレ!」という商品に出会えるまでは、ある程度の出費は覚悟するしかないでしょう。

とはいえ、実際に自分に合った商品を利用すれば、精力剤の実感は確実に実感できます。

血行不良や肥満などを改善し、元気な身体を取り戻すことにもつながりますので、ぜひ根気よく探してみてください。

関連記事:

継続して利用する

精力剤は例え自分の体質に合ったものを選んだとしても、実際に実感が表れるまでには時間が掛かります。
必要な栄養素を補給して体質を改善することが前提ですから、数週間から1ヵ月程度でははっきりとした結果を得られないことも。
記載されている用法・用量を守り、最低でも5ヵ月程度は継続して試してみることをおすすめします。

年齢別の精力減退原因と実感目安

加齢が大きな影響を与える勃起なだけに、その改善方法も年代によって大きく違ってきます。

20代と50代の男性では、精力剤に求める成分、表れる実感に違いが出てくるのは当然でしょう。

ここでは勃起力低下の年代別の原因と、精力剤の改善実感について解説していきます。

20~30代

20~30代の若い男性の勃起不全の場合、

・病気などの身体的な要因
・精神的ストレス
・不摂生による身体機能の低下

の3つが主な原因として挙げられます。

この中で、病気などの疾患が原因で併発した勃起不全の場合、精力剤での回復を望むのは難しいでしょう。
まずは原因となっている病を治療し、体が本来の機能を取り戻してから精力の回復に取り組んでください。

また、精神的ストレスが原因となっている勃起不全も、精力剤で改善することはできません。
精力剤に含まれる成分には、心因性の勃起不全を治療できるようなものは含まれていないからです。

ストレスによる勃起不全に悩む方の中には精力剤を利用することで改善されたように感じる方もいるようですが、これは「プラシーボ実感」というもので、いわゆる「思い込み」。それによって本当に治ってしまった例もあり、それはそれで結果オーライではありますが、本来の精力剤の働きによるものとはいえません。

3つの原因の中で確実に精力剤による実感を得られるのは、「不摂生による身体機能の低下」が原因となっている勃起不全です。

特に20~30代の、年齢的にはまだまだ精力旺盛であるはずの男性の場合には、精力剤がとても大きな力を発揮してくれるケースがあります。

関連記事:

40~50代

40~50代男性の勃起不全の場合、原因には上記の3つの他に「加齢」が加わってきます。

年齢とともに男性機能が低下するのは自然の摂理ですから、致し方ないと諦めてしまう方も多いようですが、実はこの年代の勃起不全にこそ精力剤が大きな実感を発揮するのです。

男性機能の向上を目的とした精力剤の多くは、血行促進、滋養強壮などに効く成分を豊富に含んでおり、これらはそのまま「成人病予防」にも寄与します。

中年男性に特有の運動不足や肥満などによって衰えた勃起力は、体質改善を図ることで回復させることが可能。

即ち、血流を促進して必要な栄養素を効率よく補給してくれる精力剤の実感が、一番表れやすい年代だといえるのです。

関連記事:

60代以上

60代になると、若い頃と同様に問題なく勃起できる、という方はむしろ稀な存在。勃起力と共に精力や性欲も減退してきますので、「ここぞ」というときにはバイアグラなどのED治療薬に頼る方が多いようです。

とはいえ、その年代でも十分現役でセックスを楽しんでいる方もいるのですから、早々に引退してしまうのは寂しいもの。

精力剤を上手く利用して滋養強壮を意識した生活をすれば、現役期間を延ばすことが可能になります。

ED治療薬での勃起を確実にするためにも、普段から必要な栄養を積極的に補給しておきましょう。

関連記事:

精力剤と強精剤の違いについて

どちらも男性機能の向上を謳っている製品ではありますが、「精力剤」と「強壮剤」は実は全くの別物。

混同されている方も多いようですが、含まれる成分や用法を理解しておかないと強い副作用が表れる恐れもあるため、注意が必要です。

精力剤とは

非医薬品。精力増強剤、性力剤、性力増強剤、メンズサプリ等の呼び方がある。

血行促進や肥満解消などの体質改善を図ることで男性機能の回復を目指す。

強精剤とは

医薬部外品。滋養強壮剤、強精剤とも呼ばれる。

男性ホルモンの摂取を目的とした医薬品で、精力増大サプリメントや精力剤に比べ、より確実な実感が期待できる。

精力剤と強精剤の大きな違いは、「メチルテストステロン」という性ホルモン剤が含まれているかどうか。多くの強精剤にはこれが配合されています。

メチルテストステロンは、男性ホルモン(テストステロン)を体内に吸収しやすいよう人工的に化学合成した成分で、自然な勃起を促すために非常に有効に働きます。

が、体内のホルモンバランスに影響を与えるために、強い副作用が表れるケースも。

前立腺の腫瘍を増大させるという報告もありますので、気になる方は事前に一度受診し、医師に相談の上服用しましょう。

一方精力剤については、そもそもの目的が体質改善であり、配合されている成分も自然由来の原料から抽出されたものがほとんどであるため、副作用を心配する必要はありません。

むしろ長期間に渡って習慣的に服用することで、より高い実感を得ることができます。

関連記事:

精力剤ハゲるってホント?

これは嘘といえるでしょう。精力剤には強い血管拡張作用を持つものが多いので、むしろ頭皮の血流を促進し、毛根に良い影響を与えます。

また、男性機能の回復に欠かせない「亜鉛」も豊富に含まれており、これも薄毛防止に役立つといわれています。

滋養強壮、疲労回復実感が抜け毛の大敵である精神的ストレスを和らげ、新陳代謝も活発になるため頭皮の健康も促進。

精力剤は薄毛の予防・改善にとってまさに「良薬」といっていいでしょう。

テストステロンという男性ホルモンが禿げの原因だという誤解があり、そこから「精力剤=テストステロンの増加=禿げ」という図式ができあがったようです。

ですが、薄毛の本当の原因はテストステロンではなく、テストステロンが不足することで生成される「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモン。

そのため、加齢によってテストステロンの分泌が減るにつれて、髪は抜け始めます。

精力剤を利用してテストステロンの分泌を促進することは、勃起力の改善ばかりでなく薄毛の防止にも役立ってくれるのです。

「精力アップ=ED治療薬」は間違い

こちらも混同している方が多いようですが、精力剤や強精剤、バイアグラなどのED治療薬は、それぞれ別の目的を持った全く性質の違う製品です。

特にED治療薬については、いわゆる「媚薬」のようなイメージを持っている方も多いとか。

実際は、ED治療薬を飲んだからといってすぐにムラムラと性欲が湧いてきて、ギンギンに勃起しまくる! といったことは起こりません。

バイアグラなどのED治療薬は、元々狭心症の治療薬を開発する過程で偶然できあがった薬で、ペニスを「強制的に」勃起させることはできますが、媚薬のように精力や性欲を高める作用はありません。

勃起は速やか且つ確実にしますのでセックスを行うことは可能になりますが、そこから感じる快感は半減するといわれています。

体の機能維持して勃起力を高める

勃起するために重要な内臓器官は、「血管」「生殖器官(睾丸)」の2つ。

勃起力を維持するためには、加齢や病気、不摂生などの悪影響からこれらの器官を守る必要があります。

血管と血液を健康に保つ

勃起はペニス内部の海綿体組織に大量の血液が流れ込み、膨張することで起こります。

男性機能の向上を謳う精力剤に、必ず「血管拡張作用」のある成分が配合されているのはそのため。

健康な血管は弾力性・柔軟性に富み、血液はその中をスムーズに流れます。

しかし動脈硬化などによって硬くなった血管は、しなやかさを失い、壁も厚くなります。

こうして狭くなった血管は血液を通しにくくなり、十分な血液を得られなくなったペニスは勃起することができなくなってしまうのです。

スポンサードリンク

また、ペニスへの血流を確保するためには血液の状態も重要です。

いわゆる「ドロドロ血」になってしまうと、やはり血流は滞り、スムーズにペニスに流れ込んでくれません。

ドロドロの主な原因は、悪名高き「中性脂肪」。脂っこい食事や不摂生な生活を改めて、サラサラスムーズな血流の維持を心掛けてください。

生殖器官と関連臓器を健康に保つ

精巣(睾丸)の機能維持を意識する

勃起はテストステロンというホルモンの作用により男性が性的興奮を覚えることで起こります。

テストステロンの分泌量=性的興奮の強さ=勃起力。

テストステロンが十分に分泌されていないと、男性は性欲を感じなくなり、勃起することも無くなってしまうのです。

このテストステロンを主に分泌しているのが「精巣(睾丸)」。全体の95%がここで生成されています。

そのため、勃起力の向上にとってこの器官を健康に保つことは必須です。男性ホルモンが不足して性欲を感じられないのにペニスを勃たせろといわれても、そもそも無理な話ですから。

精巣の機能を正常に保つために重要なのは、何といっても「食事」です。

必要な栄養素を十分に与えてやらないことには、人間の器官は仕事をすることができません。

ファーストフードやコンビニものなどは極力避けて、バランスの取れた食事を心掛けましょう。

また、精力剤などを利用してテストステロンの分泌に欠かせない亜鉛などの栄養素を補給するのも実感的です。

テストステロンの分泌を促す

加齢とともに男性ホルモンの分泌量が減ってくるのは自然の摂理。人間が動物である以上、歳を取ることで肉体的な機能が徐々に衰えるのは致し方のないことといえます。

とはいえ、その衰退を意識的に遅らせることは可能。特に「男性機能」に関していえば、テストステロンの分泌を意識した生活をすることで、かなりの改善が見込めるでしょう。

例えば日常的に体を鍛えて、筋肉量をアップする。

筋肉を大きくするためにはテストステロンが必須ですから、運動によって体に負荷をかければ、テストステロンの分泌量は必然的に増えることになります。

気持ちの面でいえば、異性に対する性的興味を持ち続ける、というのも有効です。

異性に対して興味を失い、性的興奮を覚えることが無くなれば、勃起を促すためのテストステロンは不要になります。

人間の内臓機能は必要に応じて仕事をするようにできているので、その状態が続けば精巣が分泌するテストステロンの量はどんどん減ってしまうのです。

肉体的な機能の充実と女性への興味は連動しているため、どちらかが衰えればもう一方も低下します。

「あの女性と一発!」という男性的な高ぶりを失わずに生活することが、テストステロンの分泌を促してくれるのです。

とはいえ年齢的な肉体の衰えは、努力や意識だけではいかんともしがたいもの。

それだけでは足りないようなら、精力剤などを併用するという手もあります。

様々な方法やアイテムを組み合わせて、効率よくテストステロンの分泌を促してください。

心の健康維持で勃起力を高める

心の健康は勃起と非常に深く関わっています。

「心因性ED」という病もあるほどですから、勃起力を高めるために、心の健康を無視するわけにはいきません。

ここでは勃起とメンタルの関係に触れつつ、「勃起できる精神状態の維持」について解説していきます。

ストレスを感じるとナゼ勃起できなくなるのか?

日常的に強いストレスにさらされ続けた人の体は、自律神経に失調をきたし、正常にホルモンを分泌することができなくなります。

もちろん男性ホルモン・テストステロンの分泌量も減るため、その影響を受けて勃起力も低下。これが「心因性ED」と呼ばれる勃起不全の原因です。

精神的ストレスによって発症するうつ病の患者に、勃起不全で悩む方が多いのもこのため。

その場合のED発症率は通常の2.6倍というデータもあり、ストレスと勃起不全に深い関りがあることを示しています。

また、ストレスによる心因性のEDは身体的に何も問題がなくても起こり得るため、若い世代の男性が陥るケースも多いのが特徴。

本来であれば精力盛りの10代、20代でも発症することがあります。

ストレスの影響を避けて勃起力を維持するには

日常生活をストレスフリーに

と言うのは簡単ですが、これがなかなか難しいんですよね。

仕事・付き合い・勉強・家族との関係……。大人の男の日常生活には、ストレスの素がいっぱいです。

とはいえ、多少のストレスと感じたからといって、「そのたびに勃たなくなる」という男性はあまりいません。

ではどの程度の精神的負担で、男は勃起不全に陥るのか?

残念ながら、明確なデータはありません。ストレスを感じる対象やシチュエーションは人それぞれなので、「こういう目に遭うと勃たなくなる」というはっきりとした目安は存在しないのです。

ですが、体が示す「サイン」はあります。「勃起の強さが一定でなくなる」というのがそれ。

精神的ストレスが無くホルモンが正常に分泌されている状態なら、勃起は毎回ほぼ同じ強さで起こります。

ところが何らかのストレスに影響を受けると、勃起の状態はその都度強くなったり弱くなったりするように。

身体的に何も問題が無いのに、「あれ、今日はなんだか元気が無いな」という日が増え始めたら、例え自覚が無くても精神的ストレスの影響を疑ってみた方が良いでしょう。

もしこのような症状があった場合には、原因となっているストレスを取り除く必要があります。

といっても、簡単に解決できる問題ではないからこそストレスとなってのし掛かっているわけですから、その解消は難しいことが多いもの。

であれば、没頭できる趣味を見つけたり、適度なスポーツで体を動かすなどの気分転換が有効です。

それでもどうしても症状が治まらなければ、専門家に相談してみると良いでしょう。

この場合なら心療内科を受診するというのが一般的です。

自律神経を安定させる

自律神経はホルモンの分泌と密接に関わっており、これが正常に働かなくなると勃起に必要な男性ホルモン・テストステロンの分泌も滞ります。

また、自律神経には「交感神経」と「副交感神経」の2つがあり、勃起は「副交感神経」優位の状態で起こります。

「副交感神経」が働くのは、人がリラックスしているとき。

不安や緊張などのストレスを感じている状態では、自律神経は「交感神経」優位になり、ペニスは勃起することができないのです。

とはいえ人は、いつでも常にダラリとリラックスしているわけにはいきません。
重要なのは緊張と緩和のバランス。「交感神経」と「副交感神経」の切り替えがスムーズかつバランス良く行われることで、自律神経の安定、即ち勃起力の向上が図れます。

そのためには、まず十分な睡眠をとること。眠っている間は副交感神経優位の状態になるので、その時間を十分にとることが自律神経の安定に繋がります。

セックス時のストレスに注意

途中で萎えてしまうんじゃないか…
ひょっとして、相手は演技をしているんじゃないか…
「小さい」と思われているんじゃないか…
早漏…遅漏…経験不足がバレたらどうしよう…
勃起、できるんだろうか………

男のプライドに直結する事態であるだけに、セックス時に受けるストレスとそれに伴う勃起不全は取り扱いの難しい問題です。

関連記事:

考えすぎてしまうことでむしろ勃起を維持できなくなったり、全く勃たなくなってしまうケースも多いとか。

更にはそれが引き金となり、本格的なEDに発展してしまうこともあるようです。

しかも、原因となったストレスとその状況はトラウマ(心的外傷)となり、PTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症することも。

こうなると、EDの治療は非常に困難になります。

そんなことにならないために。何よりも重要なのは、「考えすぎないこと」です。

想像や妄想だけで悪い方にばかり考えてしまい、起こってもいない事態を怖れて委縮するのは愚かなこと。

考えに考えて不安を募らせたところで、全てが取り越し苦労かもしれないのですから。

相手の女性だって、あなたと同じくらい緊張しているかもしれません。

自分のことで精いっぱいで、あなたのことをあれこれ観察して判断を下せるような状況では無いかもしれないのです。

もし余裕があったとしても、女性がセックスをしたいと思った相手のことをネガティブな目で見ることはまずあり得ませんから、「彼女も自分を求めているんだ」という自信を持って、落ち着いてコトに及んでください。

それに、一度セックスが上手くいかなかったからといって、人生が終わるわけではありません。

女性はその相手一人ではないのですから、また次の機会を手に入れれば良いのです。

あまり自分を追い詰めず、なんなら「ダメでも次があるさ~」くらいの気持ちで臨めば、「ストレス→心因性ED→更なるストレス→PTSD」というような負のスパイラルに陥ることはなくなるでしょう。

それでもセックスの際に感じるストレスでどうしても勃起ができないという場合には、心療内科を受診してみるのも一つの手段。

精神面の治療の他に、EDの治療薬を処方してもらうこともできるので、高い確率で勃起不全を解消することができます。

関連記事:

まとめ 自分に一番合った方法を探す

男性機能を高めるために、精力剤の利用は非常に有効な手段です。

ただ、なんとなく効きそうなものをやみくもに服用する、といった方法では、実感を得るのは難しいでしょう。

勃起不全の原因や症状は人それぞれ。

年齢や勃起の具合、症状や原因によって対処方法や必要なアイテムも違ってきます。

まずは自分の状態をよく観察して、最も適した対策を選択してください。


よく効く増大サプリを本物の口コミから徹底検証

ペニス増大トレーニング方法生の口コミ体験談を基に責任を持って監修する「増大サプリおすすめランキング」大公開!モテる男は知っている本当に実力のあるペニス増大サプリを余すこと無くご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です