包茎リングの使い方とメリットやデメリットは?マイラップの実感力を徹底解説

包茎リングの使い方とメリットやデメリットは?おすすめできない4つの理由

包茎に悩む男性が、まず考えるのが「包茎リング」の利用ではないでしょうか。

包茎リングは、価格も安く、購入しやすいため、自宅で手軽に取り入れることができるので人気が高いアイテム。ですが、包茎リングを実際に使用した場合、いろんな問題点もあるようです。

ここでは包茎リングのメリットやデメリットについて詳しく見てみましょう。

包茎リングとは

包茎リングとは

包茎がコンプレックスで積極的に彼女を作ることができない、包茎が恥ずかしくて彼女とのセックスをあまり楽しめない、といった具合に、包茎にはネガティブな印象がつきまといます。

包茎は直したいけど手術は怖い
お金はかけずに包茎を治療したい

このような悩みをお持ちであれば、包茎矯正リングは自分で包茎を改善できる嬉しいアイテムとなります。

さらにひと目を気にせず、気軽にインターネットで購入できるのもポイントです。

その名の通り、仮性包茎改善を導くリング状の器具です。

ペニスの包皮の剥き癖をつけることで、包茎を改善に導く器具です。

使い方は至ってシンプル。ペニスの皮を手で剥き亀頭を露出させた状態で、包茎リングを装着します。

剥いた皮は、リングによってせき止められるので、もとに戻りません。

使えるのは仮性包茎だけ

ただし注意が必要なのは包茎矯正リングは仮性包茎のみ実感が期待できる点です。

包茎には「仮性包茎」と「真性包茎」がありますが、真性包茎の場合、専門のクリニックでの手術が最善の方法です。

また、包茎矯正リングは、ペニスの皮の剥き癖をつけるための道具ですので、包皮が余りすぎて器具をつけてもしっかり剥けない場合には、実感が期待できません。

もうひとつ、包茎矯正リングは、つけたから直ちに治る、というものではなく継続して使用することが必要です。

たくさんの種類がある包茎矯正リング。自分に合ったものに出会うまでは、いくつかの商品を試すことが必要かも知れません。

これと思えるものに出会うことができれば、包茎による自信喪失から解放され、明るい未来が待っているかも知れません。

包茎リングは包茎の根本解決にはならない

包茎リングは包茎の根本解決にはならない

包茎リングは、余った包皮の剥き癖をつける器具なのですが、リングを外すと、ペニスの皮はすぐにもとに戻ってしまいます。

包茎リングは、あくまで、一時的な包茎の改善を目指すもの。ごく軽度の仮性包茎が治る可能性はあるのですが、実は、包茎改善実感はあまりないのではないかとも言われています。

実際、「包茎リングでは、余った皮はそのままなので、根本的な包茎の解決にはならず、またもとに戻る可能性が高い」という専門クリニックの意見もあるようです。さらには、包茎リングの使用によるリスクも考えられます。

実感が低いのに販売サイトで高評価な理由

多くの包茎リングが、インターネットの大手販売サイトなどで販売されています。

楽天やアマゾンでの包茎リングの口コミや評価を見てみると、比較的高評価なのがわかります。

ただし、評価の内容をしっかり吟味してみると、「外れにくいのが嬉しい」「つけ心地が良い」といったもので、一番大切な包茎改善の実感についてはクエスチョンマークのものも多いのです。

なかには、「包茎が改善した」という声もあるのですが、超経度の仮性包茎の方なのかも知れませんし、信ぴょう性がどこまであるのかははっきりしません。

ですが、一定の人気があるのは事実なため、その実力や実感をより詳しく見ていきます。

包茎リング「マイラップ」を徹底検証

ここでは包茎矯正リングの中でも有名な【マイラップ】を分析して、4つの実感を徹底解説。

さらに、包茎や包茎矯正器具についても詳しく見ていきましょう。

マイラップとは

日本で販売されている包茎矯正リングのなかでも、特に人気なのが「マイラップ」。

多くの仮性包茎に悩む男性からの支持を受けているようです。マイラップは手頃な値段設定なので、はじめて包茎矯正リングを使う方も手にしやすいのが嬉しいところ。

使用方法も比較的簡単で、管理もしやすいので、包茎矯正器具初心者にももってこいです。

マイラップは、街のドラッグストアなどでは取り扱いしておらず、インターネットのアマゾンや楽天など大手通販サイトで購入できます。

マイラップは、広げやすい素材で作られていて、C型のリング状をしています。これは、あらゆるペニスの形にフィットするように工夫されたもの。

マイラップの装着はとても簡単です。ペニスの包皮を手で剥き、先端部からカリの部分にマイラップを装着します。

うまく装着できれば、余った包皮はもとに戻ってしまわず、ペニスは剥かれたままの状態になります。

マイラップは、石鹸で洗うことのできる素材でできているので、お手入れも簡単です。マイラップにはいくつかの種類がありますので、詳しく見てみましょう。

マイラップ・スタンダードタイプ

マイラップ・スタンダードタイプ

マイラップの定番品である、スタンダードタイプ。主にお昼に使用しやすいように設計されています。

何かと活動する昼のあいだ、体をしっかり動かしても、そのせいでマイラップが外れてしまう、ずれてしまうという心配のないよう、少し固めの素材で作られています。外出の際も安心して装着できます。

マイラップ・ロングタイプ

マイラップ・ロングタイプ

マイラップ・ロングタイプは、重度の仮性包茎の方に向けた商品です。包皮の余りの少ない軽度の仮性包茎の方はスタンダードタイプを、包皮の余りの多い重度の仮性包茎の方は、ロングタイプを選択しましょう。

スタンダードタイプでは、包皮の余りが多くてうまく装着できない、という悩みに寄り添って開発されたのがロングタイプです。

マイラップ・ロングタイプは、スタンダードタイプよりもリングの幅が約3倍に設計されています。さらに、タンダードタイプより間口を広く取り、伸縮性の良い素材で作られています。

マイラップ・おやすみタイプ

マイラップ・おやすみタイプ

マイラップ・おやすみタイプは、睡眠時用のものです。昼間使うスタンダードタイプより、柔らかい素材を採用することで、リングの装着感や違和感をできるだけ減らして、眠る妨げにならないよう工夫されています。

眠っている間の不意に勃起や、朝勃ちの際も安心、ペニスへの圧迫感があまりありません。

昼間はマイラップ・スタンダードタイプもしくは、マイラップ・ロングタイプを使用して、夜眠るときには、マイラップ・おやすみタイプを使用するのがおすすめです。

マイラップのメリット1・睡眠時に使える

マイラップには就寝用タイプがあり、夜眠っているときも安全に使うことができます。一方、マイラップ以外の矯正器具は、睡眠時には使えないものも多いようです。

個人差もありますが、睡眠時間というのは、一日のおよそ3分の1を占めます。睡眠中にも矯正器具をつけておけるということは、つけておけないより早く実感が見られると考えられるでしょう。

包茎強制器具の成り立ちは、ある程度の時間をかけて、ペニスの包皮の剥き癖をつけること。癖をつけるためには、装着時間が長いほど有利です。

マイラップのメリット2・誰にも知られず包茎を改善できる

男性というもの、ペニスの悩みはできる限り誰にも知られたくない、と思うのが本心です。

そのためクリニックで手術を受けるのには抵抗があって、包茎をこれまで治せずにいた方もいるのではないでしょうか。

マイラップなら、こっそり自分で包茎を改善できるかも知れません。マイラップは、お昼間も夜も気軽に装着できますし、外見から装着していることは分かりません。

誰にもばれずに仮性包茎の改善を目指せます。ただし、包茎矯正リングというのは、あくまでペニスの包皮の癖づけをするものであり、包茎の根治をさせるものではありません。

器具をつけるのが面倒、すっきり完治させたい、と思う場合には、手術という選択肢も頭にいれておきましょう。まずは気軽に、マイラップを使用してみてはいかがでしょうか。

マイラップのメリット3・包茎手術のリスクの回避

包茎を完治させる方法として、病院での手術が考えられます。ただし、手術にはリスクがつきもの。例えば、術後、患部に違和感や痛み、傷跡が残ってしまうことがあげられます。

また、消毒など、術後のケアも大変。体にメスをいれるのですからやはり大掛かりです。

もうひとつ、手術を受ける前に知っておくべきことがあります。ペニスや亀頭のサイズや形状によっては、手術しても包茎があまり改善できない、と言うケースもあります。

その場合にも、包茎改善器具は役立ちます。手術しても余ったままの包皮を、リングで剥き癖をつけるということです。

加えて、亀頭のサイズアップを目指すべく、精力剤サプリなどを摂取するのもよいでしょう。

マイラップのメリット4・値段が安い

マイラップは、手術と比べるともちろんのこと、ほかの包茎矯正道具と比べても、比較的値段が安い商品です。マイラップの定価は3,000円~4,000円。Amazonや楽天など大手通販サイトでは、1000円くらいで購入できるところもあるようです。

このくらいの値段なら、ちょっと興味があるから試してみようかな、と気軽にトライすることができます。

包茎矯正器具というもの、実際装着してみないことには、自分のペニスに合っているか分からない性質です。ひとつひとつの商品をなるべく安く購入できたほうがいいでしょう。

マイラップによる包茎矯正実感

マイラップのメリットは、まず値段が安いので試しやすいことでしょう。ただし、マイラップの利用にあたって注意すべきこともあります。

まず、マイラップは、仮性包茎の改善を目指す器具なので、真性包茎には使用できません。またマイラップの実感は、絶対的なものではなく、永続性のあるものでもありません。

マイラップは、包茎が完治するというものではなく、使い続けている間は矯正実感が続くというもの。使うのをやめてしまうと、もとに戻ってしまいます。

仮性包茎の根治には手術が有効ですが、もう少し気軽に包茎を改善してみたいなと思った時にマイラップはおすすめです。

マイラップをまず試してみて、やっぱり自分には向いてないと感じたら、それから手術を検討してみても遅くはないでしょう。また、マイラップを使用する際のポイントとして、一緒に精力剤や男性サプリを摂取するのもおすすめです。

精力剤サプリのなかでも、ペニスや亀頭のサイズアップが期待されるものがあります。

亀頭のサイズがアップすれば、おのずと包茎になりにくくなり、仮性包茎を解消できるかも知れません。

マイラップ同様、精力剤やサプリも手軽な値段で気軽に試すことができます。また副作用もあまりないので安心です。

包茎手術が不安な方はマイラップを試してみよう

包茎矯正器具のなかでも、人気の「マイラップ」。メリットは大きく4つです。

睡眠時に使えること、誰にも知られず自分で包茎の改善を目指せること、手術のリスクを回避できること、そして値段が安いことです。

包茎に悩む男性にとって、大変魅力的なマイラップですが、注意点もあります。

マイラップは、あくまでペニスの包皮の癖づけをする器具であり、包茎のタイプによっては実感があらわれないこともあります。

そうした場合、包茎の完治には手術という選択肢も考えられるでしょう。

また、マイラップと一緒に、精力剤やサプリを摂取して、亀頭のサイズアップに努めることをおすすめします。マイラップとの相乗実感で、包茎のよりよい改善を導き出しましょう。

ここまでは包茎リングの良い点を中心にお話しましたが、次に包茎リンクの悪い点を見ていきます。

包茎リングの4つのデメリット

マイラップなどの包茎リングは安価で手軽に使えるのがポイントでしたが、包茎リングをおすすめできないデメリットは実は多いのです。

実感があまり期待できないということだけではありません。ここからは使用の際に、必ず覚えておくべき重要な4つのデメリットを順番に見ていきましょう。

包茎リングのデメリット1・ペニスを傷つける可能性がある

包茎リングは、使い方を間違うとペニスを傷つけてしまう可能性があり、おすすめできない理由の最大のものです。

そもそも、ペニスを立派にしたくて取り入れるのに、逆にペニスを傷つけてしまっては元も子もありません。

包茎リングは、ゆるく装着すると外れてしまうことがあるので、どうしても少しきつめに装着しがち。

自分で手軽にできることが人気の包茎リングですが、簡単そうで、実は、この調整が難しいのです。

きつく締め付けてしまうと、ペニスへの血液の流れがとまってしまい、うっ血する、最悪の場合、壊死するということが考えられます。

実際、包茎手術専門のクリニックには、包茎リングの使用によってペニスを傷つけてしまった患者さんも来院するそうです。包茎リングは、手軽な反面、危険な器具ということを認識しておきましょう。

包茎リングのデメリット2・管理が面倒

包茎リングは、意外と管理が面倒です。ペニスと言うのは、毎日一定のサイズではありません。

日々微妙に変化しますから、その具合に合わせて、包茎リングを調整しなければならず、一度つけたらそのままでいいというものではありません。

この調整を怠ると、ペニスがうっ血するなどダメージを生じさせてしまうのです。また、ペニスに装着する性質から、毎日の洗浄が必須。

この2つの面から、包茎リングは毎日の管理が面倒な器具と言えるでしょう。

包茎リングのデメリット3・意外と費用が高くなる

包茎リングは、お手頃な価格が魅力のひとつ。1つ数百円から千円くらいで購入できるものも多いです。

ただし、包茎リングというのは、最初に1つだけ買えばそれで事足りるものではありません。包茎リングは、それほど大きなものではないので紛失してしまうこともあるでしょう。

また、包茎リングには使用期限があり、大体半年~1年です。

包茎リングは、もちろん包茎手術の費用と比べれば安いですが、実感がないということも多々あるので、その場合、お金を無駄にすることも覚悟しましょう。

包茎リングのデメリット4・カリの低い人は装着できない

包茎リングは、ペニスに装着して、カリにより落ちずに止まります。ですから、もともとカリの低い人は包茎リングを装着できません。

実際、包茎リングを製造するメーカーは、カリの高さ4ミリ以下の方には包茎リングをおすすめできない、と言っています。

包茎リングを使用する際には、カリの高さが5ミリ以上あることを確認しましょう。

ただし、仮性包茎のペニスは、包皮で亀頭が覆われており、カリが成長しづらいもの。カリの高さ5ミリ以上という条件はハードルが高いのではないでしょうか。

包茎の改善には、包茎リングではなくほかの方法を

仮性包茎に悩む男性にとって、安くて気軽に試すことのできる「包茎リング」は魅力的なアイテムでしょう。

ですが、包茎リングはあまり実感を望めないばかりか、ペニスを傷つけることもあり、決してスグレモノではありません。

仮性包茎の治療には、包茎矯正器具・包茎リング以外の方法を選択すべきでしょう。

また、ペニスにダメージを与えること無く、さらに自然に精力を取り戻せるペニス増大サプリメントを使用して、じっくりと仮性包茎改善していくのも一手ですよ。

関連記事:


よく効く増大サプリを本物の口コミから徹底検証

ペニス増大トレーニング方法生の口コミ体験談を基に責任を持って監修する「増大サプリおすすめランキング」大公開!モテる男は知っている本当に実力のあるペニス増大サプリを余すこと無くご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です