生セックスでの妊娠の確率は?信頼できる避妊方法4選

生セックスでの妊娠の確率は?信頼できる避妊方法4選

本来セックスは子供を作るためにするものですが、そこはそれ、快楽と現実の生活は別のハナシ。ということで、大事になってくるのが「避妊」です。

避妊の最も一般的な方法は「コンドームの使用」ですが、コレ、男性にとってはあまり嬉しい道具ではないんですよね。薄いゴム一枚被せただけで、気持ち良さになんと差の出ることか……。

とはいえ、ゴム無しのセックスには危険がいっぱい。

なにしろ我慢汁だけでも妊娠する可能性があるのですから、中出しを避けたところで避妊をしたことにはなりません。

ならばピルはどうか?

もちろん妊娠を避ける手段としては有効ですが、これは女性に前もって飲んでもらわなければならないので、突然訪れたセックス・チャンスでは役に立ちません。

となると、子供を持つ覚悟ができない限り、男性主導で生のセックスを楽しむことは不可能なのか?

と、お悩みの皆さまのために。ここでは妊娠のメカニズムを解説しつつ、より確実な避妊方法を紹介していきます。

「我慢汁」でも妊娠?!生セックスの危険性

「我慢汁」でも妊娠?!生セックスの危険性

我慢汁とは、性的興奮状態になると尿道球腺から尿道内に分泌される無色透明な液体。

尿道球腺を発見したカウパー氏にちなんで、カウパー腺液とも呼ばれています。
精液とは別物で、もちろん精子も含まれていません。

ただ、元気過ぎる精子がうっかりこのカウパー腺液と一緒に出てきてしまうことがあり、これが膣外射精でも妊娠してしまう原因になっています。
ペニスが勃起すると精子は射精に備えて「精管膨大部」に待機するのですが、待ちきれずにそこから飛び出し、我慢汁の流れに乗ってしまうコがいるんですね。

排卵日前後のいわゆる「危険日」であれば、我慢汁でも妊娠する可能性は4~18%。膣外射精は避妊ではない、というのは、実に真実であるといえます。

若い女性ほど妊娠しやすい

30歳未満:25~30%
30代:18%
40~44歳:5%
45歳以上:1%

というように、妊娠する確率は女性の年齢が低いほど高くなります。相手が30代以下の女性の場合には、細心の注意を払う必要があるでしょう。
もちろん、40過ぎの女性でも油断は禁物ですが。

セックスでの「絶対確実」な避妊方法はある?

残念ながら、妊娠の可能性を完全にゼロにする避妊方法はありません。
セックスとはそもそも子供を作るための行為なので、そこは仕方のないところでしょう。

とはいえ、避妊具を使用したり、妊娠のメカニズムを理解することで、その確率を限りなくゼロに近づけることは可能です。

以下にその方法を紹介していきますので、ぜひ参考にして、安全なセックスライフを楽しんでください。

妊娠確率を下げるより確実な避妊方法4選

妊娠確率を下げるより確実な避妊方法4選

その1 「危険日」を避ける

危険日とは、女性が排卵する前後の日を指します。つまり一番妊娠しやすい日です。

セックスだけを楽しみたい男性目線でいえば、まさに「危険」な日。その日を知ることで、妊娠率はぐっと減ります。

危険日・安全日とは

女性の卵巣にはおよそ800個の卵子が生まれつき備わっていて、初潮を迎えた後、およそ28~38日に1回ずつ排卵します。

排卵が起こる日のことを「排卵日」。その前後2~3日間、女性が最も妊娠しやすい期間を「危険日」。それ以外を、妊娠する確率の低い「安全日」と呼びます。

まずは排卵日の把握を

一般的に、女性の排卵日は次の生理開始日から14日前あたりです。1~2日程度の誤差は生じますが、ほとんどの女性はその周期で排卵が行われると思ってよいでしょう。

ただしこれは、生理周期が常に一定な場合の話。

やっかいなことに女性の生理周期というのは、必ず毎月〇〇日、と決まっているわけではありません。

1~3日程度なら簡単に狂いますし、ストレスや体調の変化などで数週間単位でズレることもあります。

要するに、次の生理開始日を聞いて逆算しても、その日が必ず排卵日だとは限らないのです。

「今日はオッケー♪」と思ってセックスしたのに、まさにその日が排卵日だった……という事態も起こり得ます。

いわゆる「安全日」を安易に判断して取り返しのつかないことにならないよう、十分注意してください。

安全日を確実に狙ってセックスをしたいなら、女性に基礎体温を測ってもらうしかありません。

女性の体温は、生理開始日から排卵期までは低温期、排卵日から生理開始日までは高温期、というサイクルで変化しています。

体温が上がり始める日が排卵日ですから、基礎体温票を付けることができれば、比較的正確に把握することができるでしょう。

危険日の妊娠確率は

排卵日の3日前~3日後は妊娠の可能性あり、中でも前々日・前日は最も確率が高くなります。
実に30%といわれていますから、妊娠を望まないのであれば、例え避妊具を使用するとしても避けた方が無難でしょう。

ちなみに、排卵日3日前のセックスでは妊娠の確率は15%。当日では12%といわれています。

その2 コンドームを使用する

コンドームを使用する

生でする方が気持ちいいのは分かりますが、男性主導で確実に避妊をするならやはりこれでしょう。

コンドームは、避妊はもちろん、性感染症などの予防にも絶大な信頼のおける優秀なアイテムですから、妊娠を望まないセックスの必需品ともいえます。

ただし、本当に確実な避妊をするなら、挿入前から射精してペニスを抜くまでしっかりと装着しておく必要があります。

射精が近づくまでは生の感覚を楽しみたいと、はじめはコンドームを装着せずに挿入する男性も多いようですが、これでは完璧な避妊とはいえません。

なにしろ危険日であれば、我慢汁でも4~18%は妊娠の可能性があるわけです。しかもその日が安全日かどうかは、女性が基礎体温を継続して記録してでもいない限り、正確には分かりません。

「これくらいでまさか妊娠なんて…」などという安易な気持ちで快感を優先してしまうと、取り返しのつかないことになりかねませんよ~。

更にいうなら、射精も膣外でした方が確実です。射精後はペニスが小さくなりますから、抜くときにコンドームが外れてしまい、中の精液が膣内に漏れてしまうケースがあるのです。

また、コンドームのサイズにも注意が必要。きつすぎると快感の妨げになりますが、緩すぎると膣内で外れてしまうこともあります。
自分に合ったサイズのコンドームを事前にきちんと用意して、いつでもコトに臨めるよう準備しておきましょう。

その3 女性にピルを飲んでもらう

女性にピルを飲んでもらう

ピルとは避妊用のホルモン剤のことで、これを正しく服用している女性が妊娠する確率は0.1%程度。外れる・破れるといった危険のつきまとうコンドームよりも、むしろ確実な避妊方法であるといえるでしょう。

ですが、もちろんリスクもあります。

まず第一に、女性主導の避妊方法なので、相手が薬を飲み忘れてしまった場合には避妊は成立しません。

「ピルを飲んでるから大丈夫よ」と言われて安心して中出ししたのに、後になってから「実は…」なんていう事態も起こり得ます。

スポンサードリンク

ピルを使って避妊をするなら、信頼できる女性とよく話し合ってからコトに及びましょう。

また、ドラッグストアなどで簡単に購入できないところもやや不便。ピルは医師の処方箋が無いと手に入らないので、手軽さという面ではコンドームに劣ります。

更にいえば、ピルはホルモン剤ですから、いかに低用量とはいえ副作用はゼロではありません。ホルモンバランスに狂いが生じて、肌荒れや不眠などの体調不良を感じる女性も多いようです。

確実な避妊方法だからといって、乱用はおすすめできません。

とはいえ、生で安心してセックスできるというのは確かに魅力的ですよね。

もしピルを利用するのであれば、女性とよく話し合って計画的に。例えば、普段はコンドームで避妊するが、一定の期間を設定して生でできる日も作る、というように、女性が長期に渡ってピルを飲み続けなくても済むように配慮しましょう。

その4 パイプカット

パイプカットのメリット

パイプカットとは

要するに、「男性版避妊手術」のこと。睾丸で作られた精子を尿道に送る「精管」を外科的に切断することで、精子を含まない精液を射精することができるようになります。

今後子供を望まない男性にのみ選択可能な避妊方法で、絶対的な避妊が必要、コンドームにアレルギー反応がある、生でないとセックスができない、といった場合に有効です。

包茎手術を行っているクリニックであれば、パイプカット手術の取り扱いもあるでしょう。

パイプカットのメリット

なんといっても妊娠の心配を一切することなく、思う存分生のセックスを楽しめることです。

避妊のためにコンドームを買う必要も無ければ、セックスの最中に付ける必要も無し。
イイ感じに盛り上がったところで「ちょっとタンマ」とゴムを付けるあの煩わしさから、一生解放されるわけです。

コンドームにアレルギーがあったり、装着によって感度が落ちてしまうせいで遅漏になったりイケなかったり、といった悩みも一気に解決。これまであきらめていた方も心ゆくまでセックスを楽しめます。

また、家族計画の実現にも貢献度大。経済的な理由などで今後の妊娠を望まない、という夫婦であれば、夫がパイプカット手術を受けることで、避妊に煩わされない気楽な夫婦生活を送ることができるでしょう。

夫婦間のセックスは日常生活の一部ですから、常に避妊が必要となると意外に負担の大きいものです。

夫のパイプカットでコンドームの煩わしさやピルによる副作用の心配から解放された結果、セックスが増えた! というケースも。パイプカットは夫婦円満にも一役買うようです。

もう一つ、浮気の際のリスク軽減という意味でも、パイプカットは非常に大きな威力を発揮してくれます。

なにしろ相手が妊娠することは絶対にないので、慰謝料や養育費の支払いを迫られるという怖ろしい体験をする可能性はゼロ!

だからといって浮気をしてもOKということにはなりませんが、望まれない子供を妊娠してしまう女性も減るわけですから、ある意味ではこれもメリットといえるでしょう。

最近では、浮気性の夫が他所に子供を作ってしまうことを心配した妻が、夫にパイプカット手術を受けさせる、といったケースも多いようです。

パイプカット手術について

  1. 局所麻酔
  2. 陰嚢に5mm程度の穴を開ける
  3. 精管を取り出し、10mmほどカットする
  4. 止血・縫合

で終了。

陰嚢は左右にあるので処置は×2になりますが、それでも所要時間は30分程度。
術後の安静を含めても来院から2時間程度で済むため、日帰りで受けられるシンプルな手術です。

手術後の過ごし方

その日の内に帰宅でき、いつも通りに生活することができます。

ただし、術後1週間は傷口が開いたり痛みを感じたりすることがあるため、セックスは禁止。

その後コトに及んでも特に違和感を感じないようなら、パイプカット手術は成功です。

ただし、手術の直後は精管に精子が残っていることも。

生でセックスを楽しめるからと、すぐに本番に臨むのは危険です。まずはオナニーなどで5~10回程度射精をしてから、セックスに及んでください。

手術を受けた病院で、精液に精子が混じっていないことを確認してもらうのもGood。

まずありえないことですが、万が一手術になにかしらの問題があり、精子が完全に遮断されていない、なんてことがあったら大変ですから。

万全を期すなら定期的な検査を

パイプカットによりセックスで相手を妊娠させる可能性はゼロになりますが、ごく稀に精管が再生し、精液に精子が含まれてしまうケースがあります。

1%にも満たない確率なのでそれほど問題視する必要はありませんが、避妊に万全を期すのであれば定期的な精密検査をおすすめします。

手術費用の相場とは?

およそ5~30万円程度です。クリニックによりますが、10万円を目安に検討すると、手術を受けるべき病院を選びやすくなるでしょう。

クリニックによって費用に差があるのは、主に麻酔方法やアフターケアの違いによるものです。

パイプカット手術は局所麻酔で十分に行える手術ですが、患者の恐怖心に配慮して初めから全身麻酔を設定しているところもあります。

そちらを希望する場合には費用は割高になるということを踏まえて、クリニックを選択してください。

また、あまりにも安い金額で手術を行うクリニックには、衛生管理や安全面に問題のある可能性があります。比較的気軽に受けることができるとはいえ、体の機能を変更するわけですから、信頼できるクリニックを選ぶことが何よりも重要です。

関連記事:パイプカット後でもペニスメンテナンスは必須

パイプカット手術が可能な条件とは

メリットいっぱいのパイプカットですが、病気の治療ではなく、健康な体に対して行う手術であるため、受けるにはクリアしなければならない条件がいくつかあります。
以下に記載しますので、該当するかどうかを事前に確認してから検討に入りましょう。

  • 30歳以上であること
  • 既婚者であること
  • 配偶者の承諾を得ていること
  • 子供が1人以上いること
  • 以上の条件を満たした男性のみ、パイプカット手術を受けることができます。

    「結婚はしないし子供もいらないが、セックスは心おきなく楽しみたい」という男性は、受けられないようになっているんですね。

    いうまでもないことですが、それらの条件を確認することなく手術を行うことは違法です。

    安全性に問題があるケースも多いので、そのようなクリニックの受診は絶対に避けましょう。

    より確実な避妊方法まとめ

    健康な大人の男女にとって、セックス・ライフというのは非常に大切なものです。

    ある意味人生の良し悪しを決定づけるといっても過言ではないでしょう。

    とはいえそこには、「望まない妊娠」というリスクが常にあることも事実。

    状況に応じたベストな避妊方法を実践して、充実したセックス・ライフを楽しんでください。


    よく効く増大サプリを本物の口コミから徹底検証

    ペニス増大トレーニング方法生の口コミ体験談を基に責任を持って監修する「増大サプリおすすめランキング」大公開!モテる男は知っている本当に実力のあるペニス増大サプリを余すこと無くご紹介します。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です