勃起不全(ED)と飲酒や喫煙の関係はある?嗜好品による勃起力低下の原因と対策

勃起不全(ED)と飲酒や喫煙の関係はある?嗜好品による勃起力低下の原因と対策

酒やタバコを代表する嗜好品。

毎日の仕事の辛さや家庭での悩みがあっても、嗜好品をたしなむことでどうにか明日も頑張ろう、と思えたりしますよね。

だからといって、飲み過ぎ食べ過ぎ吸いすぎなどの過度な嗜好品の利用は健康リスクが非常に高まります。

特にお酒やタバコは、大きな健康被害をもたらず原因にもなりかねません。いろいろな病気を引き起こしやすくなるのはもちろんのこと、なんと男性機能を低下させる可能性まであるのです。

今回は、アルコールやタバコが男性機能にどのような影響をもたらすのかをご紹介します。普段お酒を飲む機会が多い人や、ついタバコの本数が増えてしまっている人はしっかりと読み進めて下さい!

勃起するには血管と脳が正しく働かなくてはいけない

アルコールやタバコによる健康への被害を見ていく前に、まずは勃起の原理についてご紹介しましょう。

簡単にいうと、勃起は下記の2つの流れで起こります。

「脳をきちんと興奮した状態にしてあげること」
「ペニスにある血管に、血液が流れること」

この二つが正しく働かないと勃起不全となり、いざという時にふんにゃり…男の自信をぶち壊すことになります。

男性機能向上のためにアルコールやタバコは悪影響!

タバコはまだしも、酒があったほうが勢いが出てセックスしやすい!

と、ショックを受ける人も多いかもしれませんが、飲酒・喫煙ともに、男性機能にいい影響を与えることはありません。

これは現実として受け止めて、いきおいまかせのセックスは控えるべきです。

なお、これら2つを同類にはできません。飲酒と喫煙には明らかな違いがあります。喫煙は直接的な勃起不全(ED)の原因になりえますが、飲酒は間接的にインポになりやすいとされます。

喫煙は直接EDの原因?喫煙とEDの関係

愛煙家の人には手厳しい話ですが、喫煙は脳出血、動脈硬化、肺ガン等の病気を引き起こすきっかけになります。

そしてEDさえも引き起こす可能性あるのです。つまり、百害あって一利なし。その仕組とは?

喫煙習慣のある人の方がEDになりやすい

タバコには200種類を超える有害物質が含まれていますが、一番有名で悪名高いのは、やはりニコチンでしょう。この物質は血管を狭くしてしまうため、EDにも影響をもたらします。

急に禁煙するのは難しいと思いますし、本数を減らすだけでも実感があることがわかります。少しずつでも、1日あたりの本数を減らしていき、EDのリスクを抑えていきましょう。

禁煙のためには、病院の「禁煙外来」を利用するのも一つの手!

ニコチン依存の中毒性はとても強力で、一人で禁煙に立ち向かうのは、想像以上に難しいのです。

その依存性は麻薬レベルともいわれていますね。

タバコがEDを引き起こす可能性は高い

タバコには、ニコチンを始めとしたたくさんの有害物質が含まれています。

直接的にED発症に関係しているのかは、まだはっきりしたことはわかっていないのが現状ですが、タバコを吸うことで血こう不良を引き起こし、チンコへの血流が減ってしまうことは想像できるのでは?

実際、インポの原因は血流の滞りが大きな原因といわれます。

ED気味だと感じている人、少しでもEDになる可能性を減らしたい人は、今からでも禁煙を目指したり、吸う本数を減らした方がいいかもしれません。

喫煙による健康被害を少なくするには

周りに喫煙者が多いと、やはりタバコも付き合いの一つ。つい一緒になって吸ってしまいますよね。

飲み会などの機会が多い方も、アルコールが入るといつも以上に吸いたくなってしまったり、また楽しい席で会話に花を咲かせていると、ついタバコの本数も増えてしまいがちです。

吸う本数を減らそうと思っても、タバコがコミュニケーションツールとして定着している場合、どうしても本数が増えてしまいます。

そこで以下では、タバコの健康被害を減らす方法をご紹介していきます。

電子タバコにしてみる

今話題の電子タバコ。タールなどの身体に健康被害を及ぼす成分が大幅にカットされているため、今までのタバコから切り替えてみてはどうでしょうか。

iQOSやVAPE、PloomTECHなどが有名ですが、実はその他さまざまな電子タバコを日本国内でも買うことが出来ます。

電子タバコは、大きく分けると次の二つに分類できます。

①タバコの葉を加熱:ニコチン含有(PloomTECKやiQOSなど)
②リキッド加熱:ニコチン含有無(その他のたくさんの電子タバコ)

電子タバコには、本当にたくさんの種類があるため全てを網羅できませんが、ざっくり言うとこのように分けられます。

おすすめは、やはりリキッド加熱タイプの電子タバコ。

中毒性を生んでしまうニコチンが含まれておらず、このタイプなら勃起不全に悩むことはないでしょう。

また、いつものタバコに慣れてしまうと、電子タバコなんて物足りない・・・と思う方も多いでしょうが、リキッド加熱式の電子タバコは、従来のタバコのように煙が十分に出ます。そのためそこまで物足りなさを感じることもないでしょう。

ぜひEDの心配をなくすためにも、まずはタバコを電子タバコに切り替えてみることをお勧めします。

ただし、電子タバコが無害かというと、全く無害とは言い切れません。電子タバコはまだ新しく出てきたばかりの製品で、安全性は研究途のため、健康リスクは未知数なのが現状です。

血行改善に効く成分を摂取する

血行改善に効く成分として有名なのが、シトルリン。身体の血管の中で、一酸化炭素を作り出す作用があるため、血行が良くなるのです。

タバコを吸うと、どうしても血管が細く、そして弱くなってしまいます。そのため、タバコを吸う人はこのシトルリンを意識的に摂ることが健康のために重要になってきます。

シトルリンは血管の流れを改善する実感だけでなく、生活習慣病の予防や疲労回復、筋肉増強にも実感があります。そのため、健康的な生活を送るためにも、ぜひ積極的に摂取したい成分なのです。

禁煙のための治療を受ける

喫煙は中毒と関わってきます。そのため、やはり自分の意思だけで止めるのは難しいかもしれません。

そんな時は、病院で禁煙の治療を受けてみるのもいいでしょう。

実は禁煙治療も、一定条件を満たしていれば保険対象になるのです。つまり禁煙治療であっても3割負担でいいといいうこと。

禁煙のために病院なんて、やたらお金がかかりそうなイメージだったかもしれません。ですが保険対象なら受けてみようと思う方もいるかもしれませんね。

保険適応になる条件は次の4つです。

どうでしょうか。条件に当てはまり、禁煙したいのに費用面が心配で受診できなかった方。ぜひ一度禁煙治療を受けてみてはどうでしょうか。

もし8~12週間にわたって治療を受けた場合。費用は約13,000~20,000円くらい。その期間、毎日1箱(430円)のタバコを吸ったとしたら、禁煙治療の方が安くなるのだ。

EDは飲酒とも関係している

飲酒は喫煙とは違って、EDとは直接関係はないのですが、アルコールの飲みすぎ等は生活習慣病を引き起こします。

また、持続的なEDではないにしても、飲酒は一時的に勃起する能力を弱めてしまいます。そのためお酒と上手に付き合うのが勃起力のためには大切と言えるでしょう。

飲酒による勃起不全の仕組みは?

飲酒によってEDになるのは、アルコールの飲みすぎで高血圧や糖尿病といった生活習慣病が引き起こされ、それによって神経や血管にダメージが与えられてしまうのが原因です。

実際、生活習慣病を患う人は、そうでない人をと比べてもEDになる確率が高いという結果が出ています。

また、飲み過ぎによる性感の低下も問題です。性感低下により、遅漏になりやすくなり、結果中折れを引き起こすケースもあるのです。

実際、アルコールが分解される際に生成されるアセトアルデヒドは男性ホルモンの分泌に悪影響をあたえるという意見も。

お酒は勃起にとっては毒にもなりえるわけです。

アルコールは性欲を高めるけれど、感度が鈍くなる

飲み会から帰り奥さんとセックスしようとしても全然起たずに終わってしまった、なんて話もよく聞きますよね。

お酒には血管を拡張させ、血の巡りをよくする作用がありますが、先にも書いた通り、性感を低下させてしまい、感じにくくなってしまうこともあります。

もしもパートナーとのセックスの際にお酒をガッツリのんでしまった場合、水をたくさん摂取して体内のアルコール濃度を下げたり、時間が経って酔いが覚めるのを待ちましょう。

また、飲み会の席で、いつもはなんとも思わない女の子が、やたらと可愛く見えてしまうことってありますよね。

これは、お酒を飲むと理性が効きにくくなり、性欲の方が強まるのが原因かもしれません。

ですが性欲は強まっても中枢神経や末梢神経といった神経系の働きが弱まってしまうため、ペニスは気持ちよさを感じにくくなってしまいます。

また、そもそもアルコールが入ると勃起自体がしにくくなるので、その点はよく心に留めておいたらいいですね。

結論!お酒は適量、ほどほどに!

このように、お酒とEDの関係について見ていきました。

ですがお酒がすべてにおいて悪いかというと、そんなことはありません。「百薬の長」ともいわれているのがお酒ですから、適度なアルコール摂取は健康的なのです。

ですがここで問題なのは、どの程度が「適度」なのか、ということ。

厚生労働省は「適度」の目安として「約20gの純アルコール(1日あたりの平均)」という目安を出しています。

ただし、アルコールに弱い・強いは個人差があります。また、アルコール度数は平均的なものであって、同じ清酒でも度数にはばらつきがあるでしょう。

そのため、吐いたり気分が悪くなったりといったことが起きず、気持ちよく楽しく飲める量が、自分に合った適度な摂取量と言えるでしょう。

お酒は、百薬の長ともいわれる一方で、健康被害も及ぼしかねない二面性を持っていることを忘れずに、健康的な飲酒を心がけたいですね。

まとめ 飲酒・喫煙と上手に付き合い、健康的に過ごそう

お酒やタバコはEDの原因になり、その上過度な摂取は健康にも悪影響を与えてしまうことをお分かりいただけたかと思います。

ただその一方で、お酒もタバコもきちんと自制して摂取するようにすれば、毎日をより彩り豊かなものにしてくれる存在になります。

ぜひうまく摂取量をコントロールして、心身ともに健康的な生活を送るように心がけましょう。そうすることで、飲酒・喫煙のためにEDに悩む確率もぐっと減るかもしれませんよ。


よく効く増大サプリを本物の口コミから徹底検証

ペニス増大トレーニング方法生の口コミ体験談を基に責任を持って監修する「増大サプリおすすめランキング」大公開!モテる男は知っている本当に実力のあるペニス増大サプリを余すこと無くご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です