性感染症(STD)に要注意!今さら聞けない性病予防の基礎知識 

性感染症(STD)に要注意!今さら聞けない性病予防の基礎知識 

風俗好きや女好きなら一度は心配したことがある性病。STD(性病・性感染症)ともいわれ、細菌やウイルス、寄生虫など原因も様々です。

クラミジア、梅毒、淋病、HIVなどは一度は聞いたことがあるのでは?

性病は恥ずかしさから医者に相談しにくいことや自覚症状が少ないため、知らずにパートナーに感染させる恐れも高いやっかいなもの。

今回は感染しやすく、症状が出にくい性感染症をピックアップして予防策をお伝えしていきます。

性感染症(STD)とは

性病ときくと、セックスをして感染る病気のイメージはつくでしょう。

性病は、STD(Sexually Transmitted Diseases)や性感染症とも言われます。

どの呼び方も性行為から感染する病気という意味では同じです。

なお近年は「病気」という言葉を避ける意味で、性感染症と呼ばれるのが一般的となっています。

性病は挿入以外でも感染する

性器同士が接触することが性病感染の直接原因であることは容易に想像がつくでしょう。

しかし、挿入無しでも性病に感染する可能性は十分にあるのです。つまりコンドームだけでは防止しきれないということです。

その点を理解していない方が多いために、STDが蔓延しているともいえます。

性行為に近い行為や、他人の唾液(だえき)やせき・くしゃみのしぶきなどが偶然、口や目に入ったりしても感染する可能性はあるのです。また、消毒処置が不十分なままでのピアスの穴あけや、刺青の刺入(しにゅう)でも感染があり得ます。引用:性行為感染症(STD)性行為以外でうつることも|朝日新聞公式ホームページ

小さな傷口や粘膜からも感染する

STDは口などの粘膜からも感染します。鋭い方はすぐにピンときたと思いますが、本番なしでも「生フェラ」サービスが受けれる風俗店なら性病に感染する恐れがあるのです。

また、フェラ無しでも入店時や帰る際のキスだけでも感染する確率があるわけです。

性病を予防するためには、生行為やオーラルセックスを含めて不要な風俗遊びは控えるべきでしょう。

代表的な性病と予防策

性病といえば

・クラミジア
・ヘルペス
・淋病
・梅毒
・毛じらみ
・HIV

が有名でしょう。この中で気をつけなければならないのが、クラミジアやヘルペス、淋病は症状が出にくいため、自分が感染していると気づかないことが多いのです。

そのため自覚症状なしに、他人に感染させてしまう可能性が高い性病なのです。

また、相手も自分が感染しているとは気づいていないことが大半。不意に「もらう」可能性もあるのです。

次にクラミジア、ヘルペス、淋病と3つの身近な性病の感染経路や治療の方法について詳しくみていきます。

クラミジア

クラミジアはもっとも身近な性病の一つで、コンドーム無しの生セックス、フェラなどのオーラルセックス、アナルセックスで感染する可能性があります。

感染した場合、目立った症状が現れないことがあり、感染に気づきにくい性病の一つとされ、10代への感染が蔓延していることが懸念されています。

症状としては、尿道炎を引き起こし、排尿に痛みを感じたりすることが大半のようです。

なおクラミジアは日本の中ではもっとも感染率の高い性病で、年間1万人以上が感染しているという報告があります。

クラミジアの予防策

性器周辺が感染源となります。セックスの際にコンドームを装着することで高い確率で感染を防止できます。

フェラやクンニなどのオーラルセックスを行う場合、口内から感染する場合がありますので注意が必要です。

喉粘膜クラミジアが感染している場合もあり、ピンサロなどの生フェラ抜きサービスでも感染してしまう場合があります。

気持ちよさは半減してしまいますが、フェラ抜きサービスありの店でもゴムフェラでプレイすることで感染が予防できます。

禁欲することが最大の予防策といわれており、不要な性交渉をひかえることで感染率を大幅にさげることができます。

クラミジアの治療方法

抗生物質の投与で治療可能です。男性の場合は性病科や泌尿器科の受診、女性は性病科や産婦人科、喉粘膜への感染の場合は耳鼻咽喉科で受診してください。

ヘルペス

ヘルペスはかゆみや痛みをともなう水疱の症状が現れます。

スポンサードリンク

ヘルペスには種類があり、唇に感染するものを1型、性器に感染するものを2型と分類します。

以前はそれぞれ場所をまたいで感染することはないと言われていましたが、それは誤解。

型に関係なく感染することが確認されています。そのためオーラルセックスでも感染する性病として認識しておきましょう。

ヘルペスもクラミジア同様自覚症状が少ないため、気づかないうちに感染が拡大しやすい傾向にあります。

自覚症状は感染者の3割り程度。7割が無自覚です。

ペルペスの予防策

ヘルペスが発症していなければ、感染率はさほど高くありません。

ただし水疱などの症状が出ている場合、感染率がぐっと高まります。

水疱の中には大量のウイルスが含まれており、セックスなどの摩擦によって水疱が破れやすいためです。

もしヘルペスが出ている時は感染を避けるために、セックスは控えて下さい。

ヘルペスの治療方法

ヘルペスは抗ウイルス薬で比較的に抑えることができます。口唇は1〜2週間程度で自然治癒も可能ですが、再発を繰り返す場合もあり、薬をつかってしっかりと対策するのがよいでしょう。

また、発症を抑えるためにも、感染後の抗ヘルペス薬の使用は必須でしょう。

発症さえしなければ、比較的感染率は低く、コンドームなどで容易に感染を防止できます。

淋病

淋病も上記の性病同様に、生セックスやオーラルセックスで感染する可能性があります。

淋病は感染すると症状が出やすく、通常感染後3日から5日の潜伏期間を経て症状が出てきます。

クラミジアの症状同様に、尿道炎を発症し排尿が困難になる場合が多いです。

特徴的なのは、淋病の症状は男性に現れることが多い反面、女性には目立った症状が見られない点です。

そのため女性側が感染していても、それに気づくこと無く男性に感染させてしまうことが多々あります。

淋病の予防策

他性病同様にコンドームの着用で大幅に感染率を下げることができます。

また女性側のマンコに問題がある場合も多いため、風俗や一夜限りの関係の際はクンニなどのオーラルセックスは控えるようにして下さい。

淋病の治療方法

男性は症状がでるため、気づきやすいのがポイント。

発症した場合は抗生物質で完治させることができますので、痛みや違和感を感じたらすぐに性病科や泌尿器科を訪れるようにしてください。

また発症した場合、パートナーへの感染も高く疑われることから、相手に対しても適切な薬の処置をするのがよいでしょう。

性病検査キットで感染を確認する

性病は目に見えるような症状が出にくく、感染に気づきにくいのが特徴。

さらにディープキスなどでも感染してしまうため自分が感染しているのでは?と気になる方も多いハズ。

風俗店に行ったことのある方は、いま「ドキッ」としているのでは…!?

もしかしたらやばいかな?と心当たりがある方には性病検査キットがおすすめです。

キットを郵送するだけで性感染症なのかを確認できるためお手軽で、アマゾンなどでも数千円で売られています。

パートナーに対しての責任も含めて、風俗や女遊びが激しい方は検査をしてみるべきです。

性感染症(STD)まとめ

性病は誰でも感染する可能性がある身近な問題です。

「まさか自分は大丈夫だとう」と安易には考えずに、コンドームの着良を義務付けてしっかりと対策することが大切。

自分の身体を守るのと同時にパートナーも守ることを意識しましょう。


よく効く増大サプリを本物の口コミから徹底検証

ペニス増大トレーニング方法生の口コミ体験談を基に責任を持って監修する「増大サプリおすすめランキング」大公開!モテる男は知っている本当に実力のあるペニス増大サプリを余すこと無くご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です