立ち会い出産でセックスレスに!その原因と女として見られるための対処法

立ち会い出産でセックスレスに!その原因と女として見られるための対象法

出産は夫婦にとって重要なライフイベントです。女性は妊娠すると、不安な気持ちが大きくなります。

特に初めての出産のときは、できれば旦那さんに付き添って欲しいという人も多いでしょう。

ところが、出産の場に付き添ったことが原因でセックスレスになってしまったという話をよく耳にします。

果たしてそれは本当なのでしょうか?

ここでは立ち会い出産の男性の本音と、立ち会い出産後本当にセックスレスになってしまうのかということについてまとめました。

立ち会い出産とは

立ち会い出産とは、文字通り旦那さんが出産の場に立ち会うことを指します。出産は大きな痛みを伴い、奥さんは子供が無事に生まれてくるのかという不安に襲われます。

そんな苦しいときに愛する旦那さんに側にいて支えて欲しい、一緒に子供を生んだんだという実感が欲しいという気持ちから立ち会い出産を望む人が増えています。

半数以上の夫婦が、立ち会いでの出産を経験しています。

立ち会い出産の男性の本音は

子供を産む女性の立場からすれば、側にいて支えて欲しいと思うものですが、男性は立ち会い出産についてどう思っているのでしょうか。

立ち会い出産を経験した男性の声を1つずつ見ていきましょう。

女性として見れなくなった

立ち会い出産を経験して、生命の神秘を見たことで、奥さんのことを強い母親として強烈に印象づいてしまったというケースです。

全力で子供を産んだ姿が頭の中に残っていて、この人は母親だという目で見てしまい、興奮できなくなったという人もいます。

家族になったという意識が悪いように出ているパターンであると言えるでしょう。

想像以上の壮絶さに見るのがつらかった

旦那さんは知識で出産が大変なものだとわかっていても、実際どれくらいのものかイマイチ想像できていません。

自分の想像以上に出産の現場が壮絶なために、その場にいるのがつらいと思ってしまうようです。

自分の奥さんが泣き叫び、苦しんでいる姿を見ることが耐えられないという本音があります。

トラウマのように思い出してしまう

分娩室で奥さんは、叫び声をあげて、ひいひい言いながら子供を産みます。長時間に渡る場合もあり、旦那さんはそんな奥さんの様子が映像として頭に残ります。

その場では必死だったこともありなんとか奥さんと一緒に出産を乗り越えることができたとしても、後で奥さんや子供を見たときなどふとしたきっかけで出産時のことを思い出してしまい、気分を悪くしてしまいます。

立ち会い出産を経験してそういった場面に強くなるかと思いきや、逆にトラウマのように思い出してしまうということがあるわけです。

大切にしようという気持ちが生まれた

壮絶な出産現場を目撃して、悪い感情だけが浮かぶわけではありません。命の大切さ、自分の奥さんの強さに触れたことで、家族を大切にしようという気持ちが生まれます。

父親としての自覚がわき、家族を大切にして幸せを守っていきたいという気持ちが芽生えます。

出産に立ち会うことで責任感が出て、立ち会い出産前に比べて細かいところに気が利くようになったという旦那さんもいます。

立ち会い出産でセックスレスになるの?

立ち会い出産でセックスレスになることはずばり、あります。

奥さんのことを女として見れなくなり、母親としてしか見れなくなったというケースの場合、セックスをしたいという気持ちにはなりにくいです。

また、出産での壮絶な姿を見てしまったために、そのことが頭に浮かんで気持ちが萎えてしまうという人もいます。

しかしながら、立ち会い出産をした夫婦がみんなセックスレスになるかと言うと、そんなことはありません。

立ち会い出産をした夫婦の方が、立ち会い出産をしなかった夫婦よりもセックスレスになっていないというアンケート結果があるくらいです。

立ち会い出産は、奥さんのことを女として見れなくなりセックスレスになるという危険性がある反面、奥さんのことを大切に思う気持ちが強くなって愛する気持ちが高まりセックスをしたくなるという一面もあります。

立ち会い出産でセックスレスになるかどうかは、本人たちの性格や考え方に左右されると言えます。

立ち会い出産を避けた方がいいケースは?

旦那さんに立ち会ってもらうことを避けた方がいいケースがあります。立ち会い出産で心に傷を負ったり、セックスレスになったりすることが明らかな場合は、立ち会い出産は避けた方がいいでしょう。

旦那さんが血やストレスに弱い

旦那さんが自分の血を見ることも苦手な場合や、ストレスに弱く打たれ弱いという場合は、立ち会い出産は避けた方が無難です。

無理に立ち会わせた場合、出産後に旦那さんが体調を崩してしまうということもありえます。

出産後の大切な時期に旦那さんに調子を崩されては、奥さんも、生まれたばかりの子供も困ってしまいます。立会うこと以外のことでサポートをしてもらうようにしましょう。

旦那さんがセックスレスにならない自信がない

立ち会い出産を考えている場合、立ち会い出産前に思い切ってセックスレスになる可能性についてぶつけてみるといいでしょう。

この記事に書かれているような内容を教えて、どう思うか聞いてみるといいでしょう。

そこで旦那さんが自分は大丈夫と言えればいいですが、この時点で、無理だと思うと答えるような場合は、立ち会い出産を経験してしまうと気持ちが萎えたままになってしまう恐れがあります。

立ち会い出産をするには話し合いが必要不可欠

立ち会い出産をする際には、夫婦でよく話し合う必要があります。奥さんが立ち会い出産を望んでいても、旦那さんが立ち会い出産に向いていない可能性があります。

また、逆に旦那さんが立ち会い出産を望んでいても、奥さんが出産の様子を見られたくないということもあります。一方的に気持ちをぶつけるのではなく、夫婦でよく話し合うことが大切です。

お互いに思っていることを話して、本音をぶつけあいましょう。立ち会い出産をすると他の夫婦はこうなったらしいということを情報として提示して話し合うことがおすすめです。

そのうえで実際に立ち会い出産をするかどうか決めるといいでしょう。

セックスレスにならないようにするには?

立ち会い出産を経験してセックスレスにならないようにするために気をつけるべきことがいくつかあります。この中から実践できそうなものを選んで、無理のない範囲でやってみましょう。

妊娠線予防をする

出産で気になるのが、お腹に残る妊娠線です。妊娠線は予防クリームとマッサージでかなり防ぐことができます。

実は妊娠線予防は、妊娠初期からやると実感的なんです。できるだけ早い時期から予防クリームなどで妊娠線予防を行いましょう。

ファッションに気を使う

出産を経験すると、母親としての意識が強くなり、ファッションなどオシャレがどうでもよくなるという人がいます。

いつまでも女性として旦那さんに見てもらうために、ファッションに気を使うようしましょう。

心のゆとりを持つ

出産後は子供のことで頭がいっぱいになって旦那さんのことは後回しになりがちです。

できるだけ心のゆとりを持って、旦那さんのことも見てあげるようにしましょう。

旦那さんのことを愛していて、そんな愛する旦那さんと一緒に子供を育てられることは幸せだというような、愛ある本音を言葉にするようにしましょう。

まとめ

立ち会い出産でセックスレスになるという声がよくありますが、必ずしもセックスレスになるというわけではありません。

逆に立ち会い出産を経験したことで夫婦の絆が深まってセックスを続けることができている夫婦もいます。

セックスレスになるかどうかは、旦那さんの性格や考え方に寄るものが大きいです。立ち会い出産をするかどうか旦那さんとよく話し合って決めるといいでしょう。

出産で立ち会うことも、セックスをすることも、大切なのはコミュニケーションです。心のゆとりを忘れないようにしてコミュニケーションを深めるようにしましょう。

お互いの気持ちを思いやることを忘れないようにすれば、自然とセックスレスも解消されるでしょう。


よく効く増大サプリを本物の口コミから徹底検証

ペニス増大トレーニング方法生の口コミ体験談を基に責任を持って監修する「増大サプリおすすめランキング」大公開!モテる男は知っている本当に実力のあるペニス増大サプリを余すこと無くご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です