早漏や遅漏を克服・改善するには?今日からできる対策方法11選

早漏や遅漏を克服・改善するには?今日からできる対策方法11選

早漏と遅漏。どちらも勃起不全(ED)と並び、男の自信をすり減らす深刻な悩みです。

早漏の場合、問題になるのが女性を満足させられないという劣等感。

また遅漏も大問題で、男性のみならず女性の身体や精神に負担をかけるだけでなく、最悪の場合にはEDを引き起こすことも。

今回は今日からできる具体的な対策を徹底解説します。

早漏とは?

自覚しているといわれる「早漏」。

実は日本人男性の半数以上がその症状を自覚しているといわれる「早漏」。

性交時にパートナーの女性が性的に満足しないうちに、射精がコントロールできずにイッてしまう事を指します。

具体的には、挿入後30秒射精を我慢できない状態の事で、一瞬でセックスが終了してしまうのです。

EDなどの勃起不全に悩む方がいる一方で、ペニスの感度が「良すぎる」ために心ゆくまでセックスを楽しめない男性も多いんです。

早漏の場合、色々な体位を試したり、女性の反応を見ながらゆっくりコトを進めるといったセックスの楽しみを味わうことが難しく、勃起不全と並んで「男の病」として認識されている早漏。

中でも一問題になるのが、女性を満足させられないという劣等感。

三こすり半で暴発してしまっては、たまったものじゃありませんね。

さらに、ひどい場合にはそれが原因でEDを招いてしまう例もあるとか…。

そんな悩める男性のために、ここでは自分でできる早漏の治し方を6つご紹介します。

病院等に行かずとも自宅で手軽に行えますので、ぜひお試しください。

1.寸止め訓練

寸止めで早漏防止

限界のラインを把握し、射精をコントロール

早漏改善方法としてまず挙げられるのが、「寸止め訓練」です。早漏とはそもそも、この「寸止め」ができない状態のこと。オナニーの際に繰り返し訓練することで暴発を克服できれば、早漏問題は即解決です。

具体的には、自慰行為の際に「イキそうになる」→「刺激をストップ」→「落ち着いたら再開」を繰り返すというもの。早漏改善への高い実感が期待できます。

まずは自分が射精せずに済むギリギリのラインを知り、刺激をストップするコツを掴みましょう。

アップス
快感に身を任せてしまってはダメ。ほんの少しの我慢が早漏改善につながることを意識して、頑張ってもたせましょう。お気に入りのエロ動画の抜きポイントでも我慢できるくらいになるべきです!

射精直前の状態に体を慣らす

早漏はセックス初心者に特に多く見られます。原因は、射精直前の刺激に体が慣れていないから。

普段エレベーターしか使わない人が、突然階段で3階まで上がると息が切れます。ですが、同じことをしても、いつも階段を使っている人の体には何の変化も起きませんよね。

ペニスへの刺激も何度も受けているうちに慣れてきて、過剰に反応することは少なくなっていきます。

寸止めを繰り返すことで体は射精直前の快感に慣れていき、それを意識的にコントロールできるようになるのです。

2.スローオナニー

自分で挿入時間の目標を決める

まずは自分で挿入時間の目標を決めましょう。そしてその時間内はたとえオナニーだとしても、快感に耐え忍ぶのです。

目標挿入時間の2倍が目安

相手が存在しない自慰行為は、自分の好きなタイミングでフィニッシュできるというのが大きなメリット。

ですが、早漏対策を取り入れたいのであれば、自分に負荷を掛けたオナニーを行いましょう。

例えば、本番のセックスで挿入時間を15分以上にしたいのなら、オナニーでは気持ちが高まってから30分は射精を堪えます。

スポーツなどでも同じですが、練習でできないことは本番でも絶対にできません。普段の練習で自分に高い負荷を掛け、余裕をもって本番に臨むからこそ、満足のいく結果が得られるのです。

もちろん、はじめから30分我慢すべし! ということではありません。10分、15分、20分と徐々に増やしていき、目標の30分に到達したら、あとはそれを習慣にしていきましょう。

大切なのは継続すること。せっかくトレーニングを始めても、日によってムラがあるとなかなか定着しません。「今日はいいや」「また今度頑張ろう」などと努力を先延ばしにするのは禁物です。

完全に勃起してから時間計測を開始

スローオナニーは挿入時間を長くするための訓練ですから、勃起した状態で行わないと意味がありません。ペニスが完全に勃起してから時間を計り始めましょう。

どうしてもすぐにイってしまう、という方は、「ギリギリのところで一旦休憩」→「少し治まってから再開」というサイクルを繰り返します。

ここで重要なのが、自分に厳しくあること。相手がいないからといってあっさりイってしまうことのないよう、自分を厳しく律することが大切です。

興奮状態を維持する

射精を遅らせるために気分を落ち着けるのは有効ですが、それに伴ってペニスの勃起まで弱くなったのでは、本番での挿入時間の延長は実現しません。

スローオナニーでは、気持ちは冷静に保ちつつも、手による物理的な刺激と目からの視覚的な刺激を加え、ペニスを強い興奮状態に保つことが重要です。

30分の間ずっと手を動かし続ける必要はありませんが、「今にも射精しそう」というギリギリの状態を維持するよう心掛けましょう。

なお興奮状態がイマイチキープできない場合は、精力不足の可能性があります。

その際は、クラチャイダムなどの天然系精力剤を使用し、根本から精力を回復させておくべきです。

実感的なサプリの飲み方も一度確認しておくと良いでしょう。

3.頻繁にペニスを触る

亀頭を露出させてこまめに刺激する

日本人男性の約70%にあたるといわれる包茎。これが、早漏の原因の1つでもあるといわれています。なぜなら、皮に守られているために、ペニスに対する外的刺激が不足するから。

包茎のペニスは勃起することで亀頭が出現しますが、通常皮で守られているため、外的刺激に慣れていません。そのため、セックスによる刺激に過剰に反応してしまうのです。

そこで、あえて「ペニスタッチ」を繰り返しペニスを剝いて触るのです。

普段から意識してペニスを刺激することで、セックスの際の耐性を上げることができます。

トイレで用を足すついでにペニスを剝いて刺激する、気付いた時に下着に手を入れて皮を剝くなど、ペニスへの外的刺激を習慣付けましょう。

特に亀頭は、勃起の有無に関わらず、本来であれば下着とこすれたりして常に刺激を受けるべき部分。勃起の有無に関わらずこまめに露出させて刺激に慣れさせることが、早漏対策では必要不可欠です。

「ペニスタッチ」と「チントレ」で、ペニス増大&早漏改善

ペニタッチによって繰り返し剝けた状態にすることで、皮に圧迫されて委縮していた亀頭部分の増大が期待できます。

また、同時にペニスそのものを刺激して大きくする「チントレ」をスローオナニーとして行えば、早漏の改善とペニスの増大が同時に狙えることに。

「チントレ」の方法には様々なものがありますので、こちらをぜひご確認下さい。

4.セックスを想定したオナニー

セックスを想定したオナニー

オナニーでは目標挿入時間を我慢できるのに、本番のセックスでの早漏が一向に改善されない、という方も稀にいます。

原因として挙げられるのが、オナニーとセックスの刺激の違い。

当然のことですが、実際の女性とのセックスをオナニーで再現することはできません。そのため、体がセックスの刺激に対応しきれず、過剰に反応してしまうのです。

これを防ぐには、少しでも本番のセックスに近い状態でオナニーをすること、様々な刺激にペニスを慣らすことが重要です。

以下にその方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ローションを使用する

例えば、いつも乾いた手でカリの部分ばかりを刺激する、といったオナニーをしていると、女性とのセックスではそれとは全く違った刺激を受けることになります。

早漏対策の重要なポイントは「刺激に慣れる」というところにありますので、これでは対策になりません。

温めたローションなどを利用して根元から指を滑らせるなど、本番のセックスに少しでも近づけた状態でオナニーを行うようにしましょう。

触り方に変化を付ける

オナニーでは、ついつい一番気持ちのいい部分ばかりを刺激してしまうもの。

ですが、いつも同じ場所を同じように触っていたのでは、実際のセックスで受ける刺激には対応しきれません。

時間をかけてじっくりと性感帯を探し、まんべんなくペニスを触るようにしましょう。手を動かすスピードや握り方なども様々なパターンを試し、体に記憶させていくことが早漏対策のポイントです。

オナホールを活用する

オナホールを活用する

TENGAに代表されるオナホールは、近年非常に開発が進み、本物の膣に限りなく近い形状と質感を実現しています。

手で行うオナニーでは射精を我慢できるのに、実際に女性の膣内にペニスを挿入するとすぐにイってしまう、という方は、オナホールを使用した早漏対策がおススメ。
TENGAなどを使ってスローオナニー及び寸止め訓練を行うことで、より実感的に早漏を改善することができます。

5.風俗で鍛える

風俗で早漏を鍛える

医学的見地から早漏改善を目指すクリニックでは、包茎の外科的治療や、SSRIなどの投薬によって射精を遅らせるのが一般的な治療方法です。

ただしそれらの治療には保険が適用されないケースが多いため、かなり高額な費用が掛かることも。

そこで提案したいのが、風俗を使って手っ取り早く、しかも経験値をあげる方法です。

風俗なら一般的なクリニックとは違い、実践に基づいた早漏治療(抜きサービス)を受けることができます。

早漏改善のカギは何といっても性的刺激に体と心を慣らすことです。生身の女性に性感帯を刺激される風俗は、早漏対策の訓練を行うにはもってこいの場所といえるでしょう。

サービスを受ける時間が短いため、早漏の男性は風俗に行くと損をしたような気持になる方が多いようですが、そこは考え方次第。

医学的な治療に掛かる費用を思えば、風俗店で支払う金額はそれほど高いものではありません。早漏を治すための治療費と割り切って、訓練に励んでみても良いでしょう。

せっかく風俗にいくのであれば、巨根化したペニスで挑むとさらに楽しさも倍増します。

アップス
これ、けっこうおすすめです。風俗嬢になら思い切ってお願いできますよね!?ここは嬢を先生だと思ってじんわりと攻めてもらいましょう

6.セックスの際、厚手のコンドームを使用する

セックスの際、厚手のコンドームを使用する

一般的なコンドームの厚さは0.03mm。薄ければ薄いほど生に近い感触を味わえるため、各製造メーカーは薄さの追求に血道を上げており、中には0.01mmという極薄商品の開発に成功した会社もあります。
早漏男性にとっては誠に有難迷惑な話ですね。

一方、早漏の治療として、感度を鈍らせるためにペニスにコラーゲンなどを注入する手術を行っているクリニックもあります。

それと同じ原理でペニスへの刺激を抑えてくれるのが、「厚手のコンドーム」。早漏対策として最も具体的かつ確実な実感を発揮するといわれており、早漏男性がコトに臨む際の必需品となっています。

その名も『ゴクアツ』。ゴム製品で有名な株式会社オカモトが製造・販売しており、厚さはなんと0.1mm。装着することでペニスが受ける刺激を低減し、射精を遅らせてくれます。

早漏男性の必需品として名高いだけあり、amazonや楽天の口コミでも軒並み高評価。参考までに、いくつか紹介しましょう。

amazon
通常2~3分なのに、これを使うと軽く10分以上になります。
楽天
20秒だったのが、3分くらいになりました。もっと厚みがあってもいいです。元々1~2分くらいの人でちょうど良いのでは。
amazon
この商品のおかげで5分も長くプレイできるようになりました。ありがとうございます。

ちなみに、ラブホテルなどに用意されているコンドームはほとんどが0.03mmの商品です。

また、ドラッグストアなどで厚手のものを探しても、必ず見つかるとは限りません。

セックスのチャンスはいつどこで訪れるか分からないものです。自分が早漏であると感じている男性は、常に『ゴクアツ』を1、2枚、財布の中に常備しておくことをお勧めします。

遅漏とは

イクことのできない『遅漏』に悩む方も多い

早漏に悩む男性がいる一方で、なかなかイクことのできない『遅漏』に悩む男性が増加しています。

『遅漏』とは、射精したくてもできない状態が長時間続くこと。「セックスの途中で一旦休憩する必要がある」「挿入から射精するまでに30分~数時間掛かる」などの症状があれば遅漏といえるでしょう。

また、女性の膣内ではイケないのに、手や口での刺激なら射精できるという症状も特徴として挙げられます。

遅漏はパートナーの女性にも負担がかかり、長い時間のセックスで下半身がモタないなどの弊害も出てきます。

セックスを長く楽しめるという印象が強いせいか、早漏に比べて問題視されることが少ない遅漏ですが、実は早漏よりも更に深刻な場合もあることをご存知ですか?

スポンサードリンク

遅漏は、セックスの最中に勃起が不足してしまう「中折れ」や、結局射精に至ることのできない「膣内射精障害」、最悪の場合には「ED(勃起不全)」を引き起こすことも。

特に、経験を重ねるにつれて遅漏が目立ってきたという方は要注意です。もしかするとそれは、EDの前兆であるかもしれません。

イザという場面で十分な勃起ができないEDは、男性にとって非常に大きな問題となります。これが原因で鬱などの病気を併発してしまうケースもあるほど。

そのきっかけともなり得る遅漏を、侮ってはいけません。

ここではその原因と改善法を解説していきますので、ぜひ参考にして、必要な対策を講じてください。

遅漏の原因の大半がオナニー

オナニーの際に強い刺激を与えないとイケない、という方のほとんどが遅漏といえるでしょう。そうなるとオナニー以外では射精できないのもあたり前の話。

自分がイケないだけならまだしも、女性としても自分に魅力がないために射精できかなかったと心を痛めてしまいます。その意味では遅漏は早漏よりも深刻な問題です。

アップス
早漏が羨ましいくらい遅漏は大問題!イケないならしないほうがマシって考えてしまう人もいるくらいです。でも待って。それはあなたのオナニーグセが悪すぎる事が原因かも。遅漏も日々の努力で改善できるんです。諦めずにオナニーを改善させて性感を取り戻しましょう

過剰な物理的刺激による遅漏

オナニーは、自分の手で自分の好きなように刺激を加えられるため、実際のセックスよりもむしろ容易に物理的快感を得ることができます。

そのため、オナニーの感覚にあまりにも慣れ過ぎてしまうと、生身の女性とのセックスで得る刺激が物足りなく感じることもあるようです。

また、強い力で行う手コキや、床やベッドなどにペニスを押し付けて行う床オナでは、女性の膣内の何倍もの圧力がペニスにかかります。

それらを習慣として繰り返していると、ペニスの感覚が鈍り、通常の刺激では射精に至るのが難しくなるといわれています。

過剰な視覚刺激による遅漏

近年特に問題になっているのが、脳への過剰な視覚的刺激によって起こる遅漏です。原因は、発達しすぎた視覚メディア、いわゆるエロ動画サイト。

オナニーしたい時はgoogleで「無料エロ動画」と検索、あなたも覚えがあるでしょう。

現実のセックスではまずありえないような非現実的・刺激的なシチュエーションのAVが、大画面にリアルに映し出される現代。

インターネットの普及にも後押しされ、一般のユーザーも簡単にそれらを鑑賞することができるようになりましたよね。

キレイに言えばそんな感じですが、遅漏の主な原因の一つがいわゆる無修正の過激なエロ動画などの見すぎってやつですね。

正直、いつも非現実的なパコパコ動画を見すぎていると、脳がその刺激に慣れてしまい、通常のノーマルなセックスでは満足できなくなることもあるんです。

また、エロアニメ好きの場合、2次元じゃないと抜けないなどの問題も出てきてしまいます。

そうなると、現実の女性との普通のセックスではなかなかイクことができない『遅漏』を発症してしまうんです。

遅漏の悪化で起こる膣内射精障害

遅漏が進み、膣内ではどう頑張っても射精できない状態を『膣内射精障害』といいます。

症状や感覚は遅漏と似ていますが、時間を掛ければ射精できる遅漏とは違い、膣内射精障害は最後まで射精に至らないのが特徴。

また、女性とのセックスの最中でも、最後は自分の手でないとフィニッシュできない、という方は、膣内射精障害である可能性が高いでしょう。

原因はやはりオナニーにある場合が多いようです。膣内射精障害は強すぎる物理的・視覚的刺激を繰り返し受けることで発症しますので、自慰行為の際には注意が必要です。

EDと遅漏

EDと遅漏

勃起はするものの射精に時間が掛かる、あるいは射精に至らないのが「遅漏」。

そもそも勃起ができない状態が「ED(勃起不全)」です。

男性機能の低下は、遅漏→膣内射精障害→EDの順に症状が進みますので、遅漏が最悪の状態まで悪化した状態がEDであるともいえます。

加齢などにより十分な勃起を得られなくなるのは自然の摂理ですが、近年では若年層のEDも増えており、問題視されています。

遅漏性のEDの主な原因は以下の4つが考えられます。

1.精神的な問題

緊張や不安などのストレスによって発症する勃起不全を『心因性ED』と呼びます。

特に若年層に多く見られる症状で、多忙な日常や過去のトラウマなど原因は様々ですが、原因となっているストレスを取り除くことで、比較的簡単に改善が見込めるといわれています。

2.肉体的・物理的な問題

加齢や生活習慣病などによって起こる血流の悪化は、ED発症の大きな原因です。

勃起はペニスの海綿体に血液が流れ込むことで成立するため、その血流が阻害されると、ペニスは十分な勃起を得ることが難しくなるのです。

原因が加齢の場合には具体的な対処法はあまりありませんが、肥満や動脈硬化などの生活習慣病に起因するEDであれば、それらを治療することで改善することができます。

3.男性ホルモンの低下

主に睾丸で分泌される男性ホルモン・テストステロンは、勃起などの男性機能を司る重要な物質。しかし加齢やストレス、睡眠不足や偏った食生活などで体内環境が乱れると、正常に分泌されなくなり、勃起不全などの症状を引き起こします。

改善方法としては、まず規則正しい生活、禁煙、食生活の改善など。健康的な生活習慣を心掛けることが、男性ホルモンの分泌促進、ひいてはEDの改善につながります。

テストステロンを増やす方法としては、アルギニンをたくさん含むサプリを使用するのも一手です。

バイタルアンサーはアルギニン量が業界トップクラスのサプリメント。男性ホルモン低下からくる勃起力低下などの症状改善が期待できます。

関連記事:

4.アダルトコンテンツの見すぎ

アダルトコンテンツの過剰視聴

インターネットの普及により、現代では子供から大人まで、その気になれば簡単にエロ動画を視聴できるようになりました。海外勢のPornohubやXvideosなんかは市民権すらえていますよね。

購入する、あるいはレンタルするといったハードルが無くなったためか、一昔前に比べて需要も格段に上がったといわれています。

そうなると、供給する側の競争も激しくなるもの。他作品よりも抜きんでるため、より過激に、より刺激的にと変化してきました。

現実のセックスではありえないようなシチュエーションや行為が繰り広げられる作品も当たり前のように流通しています。

どんなセックスで興奮するかは人それぞれですから、違法でさえなければそういったコンテンツを楽しむことには何の問題もありません。

とはいえ、これらを日常的に視聴することであまりにも強い視覚的刺激に慣れ過ぎてしまうと、現実の女性とのノーマルなセックスでは満足できなくなり、EDを発症してしまうケースもあります。

遅漏の予防と改善

加齢や血流の悪化などの肉体的な問題や、精神的ストレス、トラウマなどの精神的な問題によって引き起こされる遅漏は、専門医による治療や生活習慣の見直しなどで改善を目指します。

一方、あまりにも頻回のオナニーやペニスへの過度の刺激、現実ではありえないような過激なAVの視聴などを繰り返すことによって発症した遅漏の場合には、対処方法が全く違ってきます。

以下に予防法と、なってしまった場合の対処法を5つ紹介しますので、参考にしてください。

1.オナニー禁止でムラムラに

溜まったものを外に出したくなるのは自然の摂理。それまで毎日のように繰り返していたオナニーを、パタリと止めてしまったらどうなるか……。

まだ自分の性欲をどう扱ってよいか分からず、オナニーも知らなかった10代の頃、道で前を歩いているだけの女性のお尻にムラムラしたことはありませんか?

遅漏などの男性機能の低下を改善する方法としてよく取り上げられているのが、オナニー禁止、通称「オナ禁」。回数を8日間に1回とし、日常で受ける性的刺激に敏感になろうというものです。

オナニーを我慢することでテストステロンの分泌も促進されるといわれており、遅漏や膣内射精障害の改善に高い実感が見込めます。

また、それまで頻繁に繰り返していたオナニーの回数を減らすことで、ペニスが物理的刺激に敏感になっていくというメリットも。

そしてなんといっても、「オナニーをしない」=「AVも視聴しない」ということですから、非現実的な性的刺激からも解放され、リアルな女性に目が行くようになります。

EDのようにそもそも勃起をしない、という場合には成り立たない方法ですが、遅漏や膣内射精障害の改善には非常に有効です。

また、オナ禁時に精力剤を使って、さらにムラムラ度を高めるのも一つの方法です。

2.コンドーム・マス法

オナニーによる強い圧力と摩擦が原因で発症した遅漏・膣内射精障害に高い実感を発揮するといわれており、医療現場でも採用されている方法です。

必要なものはコンドームとローションのみ。自宅でも簡単に実践できますので、「中折れ」などの症状がある方はぜひお試しください。

  1. コンドームの中にローションを流し込む
  2. そのままゆっくりとペニスに装着する
  3. 摩擦と圧力が掛かりすぎないよう注意しながら、コンドームごと滑らせる

3.撫でて抜く

ペニスにローション

強く掴んでしごくなど日常的に強い刺激を加え続けていると、ペニスの感覚が鈍り、通常のセックスでの刺激では快感を得ることが難しくなります。

これを解消するために有効なのが、「撫でて抜く」オナニー。
方法としては、

  1. ペニスにローションを付ける
  2. 人差し指と中指を揃えてペニスにあてる
  3. 根元から先端まで、ゆっくりと擦るように滑らせる

だけ。自宅で簡単に行えます。

ただし、圧力の掛け過ぎは厳禁。目的は「弱い刺激」からでも十分な快感を得られるようになることですから、指でペニスを挟んだり、下腹部に押し付けて圧力をかけないように注意しましょう。撫でる部分はどこでもOK。快感を得やすいポイントを探りながら、ゆっくりと行います。

はじめは物足りなく感じますが、時間をかけて慣らしていくことでペニスが弱い刺激に馴染み、極端な圧力を掛けなくとも射精できるようになります。

生身の女性とのセックスでも十分な快感を得ることができるようになりますので、遅漏や膣内射精障害の改善に実感絶大です。

関連記事:VITOXローションで遅漏を改善させつつ増大も狙ってみましょう。

4.オナホールの使用

手を使ったオナニーでは、自分の好きなように圧力を加減できてしまいます。

が、生身の女性とのセックスではそうはいきません。そのため、オナニーによる刺激に慣れ過ぎてしまうと、女性の膣内で射精することが難しくなってしまうのです。

この症状を改善するために有効なのが、TENGAなどのオナホールの利用。近年では非常に開発が進み、女性の膣そっくりの質感と形状を備えたものが流通しています。

実際のセックスに限りなく近い感触をペニスに与えることになるので、手コキでないとイケない方や、中折れでお悩みの方には特におススメの対策法といえるでしょう。

ポイントは、極力シンプルなオナホールを使用すること。かなり強い快感が得られる「次世代型オナホール」と呼ばれる商品も出回っていますが、現実のセックスよりも満足度が高くなってしまっては本末転倒です。

また、オナホールの使用にあたってはイメージトレーニングも重要。実際のセックスの際にスムーズに射精に至れるよう、脳に膣内射精のイメージを植え付けていきましょう。

5.妄想オナニー

遅漏には妄想オナニーが実感的

アダルトビデオとのギャップにより、現実のセックスで快感を得ることが難しくなってしまった方に有効な方法です。

AVは何といっても「商品」ですから、不特定多数の人に支持されるよう、女性の美しさや画面の構図、設定や演出などに工夫を凝らして作られています。

視覚からの情報というのは非常に強烈で、自力での想像の余地を無くしてしまうもの。エロ動画のイメージが脳に定着してしまうと、それとは違ったイメージ=現実のセックスを、上手く受け入れることができなくなってしまうのです。

そこでおすすめなのが、AV無しで想像だけをオカズに射精を目指す、「妄想」オナニー。

自分の頭の中でシチュエーションや展開をイメージしていくのがポイントです。

ただ、AVによる直接的なイメージに慣れ過ぎている方は、脳内の妄想のみで射精に至るのは難しいかも知れません。その場合には、女性のヌード写真などでイメージを喚起しながらトライしましょう。

妄想した場面はAVとは違い、確定した情景として記憶されるわけではないので、実際のセックスの際に邪魔になることはありません。むしろ生身の女性による刺激が脳をより興奮させ、ペニスの感度を増してくれます。

早漏・遅漏の改善のために

早漏は訓練としてオナニーを取り入れることで、遅漏はオナニーによる過度の摩擦や圧力を避け、過激なAVなどから遠ざかることで改善が見込めます。

男性が「自由に心ゆくまでパコパコしたい!もっとセックスを楽しみたい!」と思うのは当然のこと。

ペニスのコンディションによってそれが叶わないような状況は避けるべきです。

今回の内容を参考に、遅漏や早漏の解決につながれば、きっとあなたのセックス・ライフをより良いものになるはずです。


よく効く増大サプリを本物の口コミから徹底検証

ペニス増大トレーニング方法生の口コミ体験談を基に責任を持って監修する「増大サプリおすすめランキング」大公開!モテる男は知っている本当に実力のあるペニス増大サプリを余すこと無くご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です