主婦はW不倫が基本!独身男と付き合う5つのデメリット

主婦はW不倫が基本!独身男と付き合う5つのデメリット
この記事の3つのポイント

 独身男はわかってくれない
 独身男に振り回される不倫は×
 W不倫の方が絶対安心

あ~あ、不倫したい。平凡な毎日や、オッサン化してきた旦那にもウンザリ。できれば独身の若い男の子と、新鮮でドキドキな恋がしたい・・・!

主婦だって、どうせ不倫するなら「若くて」「カッコイイ」独身男がイイ!と思ってしまいますよね。

ですが・・・

主婦が不倫するなら「W不倫」が基本です!独身男と付き合うのは、主婦にはデメリットが多すぎるのです・・・。

独身男と付き合う5つのデメリット

主婦が独身クンと不倫してしまうと、いったいどのようなデメリットがあるのでしょう?
ここではその5つのデメリットをご紹介いたします。

1. 嫉妬されやすい

主婦が独身男と不倫するデメリットのひとつに「嫉妬されやすい」というのがあります。

彼が「彼女持ち」であるとか「完全に遊びである」というのなら良いのです。
しかし、「他に彼女がいない」「あなた以外に遊び相手の女性もいない」という独身男の場合は要注意。
「夫」を持つあなたとの立場の差に嫉妬を見せてくることがあります。

あなたが夫の愚痴や家族の不満を漏らしている間は、相手も平穏です。
独身という自分の立場に「余裕」さえ感じ、家庭に疲れたあなたを癒やしてあげようという態度でいるでしょう。

でも、もしあなたが夫や家庭を気遣ったり、そちらを優先させるような態度を見せると、途端に不機嫌になる場合があります。

急に立場が変わって「自分が遊ばれてる側」という意識になってしまうんですね。

男の嫉妬は面倒です。
不倫相手に余計な気を遣っているようでは、心が休まりませんよね。

不倫に「癒やし」を求めるのなら、独身男を相手に選ぶのは避けた方が無難なのです。

2. 不満をもたれやすい

独身男性は、あなたの主婦としての「立場」や「家庭の事情」を理解してくれないことが多いでしょう。

そのため、独身クンと不倫してしまうと「不満をもたれやすい」というデメリットがあります。

なんせ相手は結婚していませんから、「家庭の有り様」がわかりません。

たとえば、あなたからすれば「土日はいっさい応答不可」とか「逢瀬は昼間の2時間のみを厳守」であるとして、それを当然相手もわかってくれるだろうと考えますよね。

しかし、独身男には意外とそれが伝わりません。

「合間にちょっとくらい連絡できるだろう」とか「少しくらい帰宅が遅くなっても何かしら言い訳できるだろう」とか。

「いやいや、それがムリなんだってば!」という主婦の立場を理解できないのです。

小さな不満を漏らされると、それにいちいち言い訳するのも面倒になってきます。
「家庭の主婦」という立場を理解してくれない独身男との不倫は、かえってあなたのストレスになるかも知れません。

3. 罪悪感が湧きやすい

「W不倫」であったり、相手が独身でも「彼女持ち」であったりすれば、自分に夫がいることも「お互いさま」と思えます。

しかし、独身な彼の付き合っている相手が「主婦の自分だけ」だとすれば。
あなたの中に変な「罪悪感」が湧いてしまう、というデメリットも考えられます。

「なかなか会う時間が作れなくて申し訳ないなぁ」とか。
「私と不倫していなければ、ふつうに彼女とか作るんだろうになぁ」とか。

自分のワガママで、独身の彼を「占領」してしまっている気分になってしまうんですね。

不倫相手の男性が「いい人」であればあるほど、その罪悪感に駆られてしまう可能性が高くなります。

男女の付き合いは、基本的に「立場が同等」であるべき。

独身男との「バランスの取れていない関係」は、いずれあなたの中に妙な罪悪感が生まれる原因になりかねないのです。

独身男との「バランスの取れていない関係」は、いずれあなたの中に妙な罪悪感が生まれる可能性が

4. 相手に合わせて無理をしやすい

独身クンとの不倫では、相手から「嫉妬されたり」「不満を持たれたり」して、なんとなくあなたが「罪悪感を抱き」がち。

そうなると、今度はあなたが「相手に合わせようと無理をしやすい」というデメリットが生じます。

誰だって不倫相手とはできるだけ楽しく付き合いたいと思いますからね。
なるべく相手に不満を持たせないように出来る限り自分も努力しよう、となるのです。

でも、主婦のあなたの「出来る限り」は、本当に限られているハズ。

たとえば逢瀬の時間を30分伸ばすのだって主婦には大変なことでしょう。そして、その30分のために、自分の家庭のことを犠牲にする必要だって出て来るはずです。

そうなると、いろんな弊害が出てきます。
不倫相手のために時間を多くとることで、逆に家庭内で「不満」が生まれることもあるでしょう。
不自然な言い訳が増えて、不倫がバレる可能性が高くなるかも知れません。
何より、家庭に対しても不倫相手に対しても「ムリ」をする自分に、あなた自身が疲れてしまうでしょう。

そうなると、もう不倫自体が楽しめなくなっちゃいますよね。

「家庭持ちの自分」と「独身の彼」という関係では、あなたが無理をしてその差を埋めようとしてしまう可能性が高いから、不倫相手には独身男を選ぶべきではないのです。

5. 相手が本気になりやすい

「家庭」を持たない独身男は、時に信じられないような行動に出ることがあります。

あなたが彼の前で「夫の不満」などを語っていた場合、それを本気に捉えて「俺が救ってあげなければ!」なんておかしな正義感に駆られてしまうことがあるんですね。

あなたにしてみれば「よくある主婦の愚痴」であって「言って発散してるだけ」のつもり。
しかし彼にとっては「困っているから俺に助け出して欲しいのサイン」だと勝手に勘違いしてしまうことがあるのです。

また、たとえばあなたがベッドの中で「夫より先に出会いたかった…」などと彼に言ってみたとします。もちろんあなたとしては不倫セックスを盛り上げるためのリップサービスのつもり。
でも独身クンはそれを本気に捉えて「彼女は夫と別れたがっているんだ」と解釈してしまうかも知れません。

どちらも、家庭を持たない人間との「感覚の違い」から来るもの。

そして本気になってしまった独身クンは「何をするかわからない」という怖さもあります。

「家庭」という失うものを持たない独身男は、あなたの家庭を壊すこともいとわない危険な行動に出がち。ある日突然夫に対して戦いを挑んで来たり、ね。

ある意味「身軽」な独身男性は、あなたとの不倫に本気になって何をするかわからない怖さがあるから、できるだけ付き合うのは避けた方が良いのです。

若い独身男と不倫したいなら

だけどやっぱりどうせ不倫するなら「若い男の方がイイ!」と思ってしまうのが女のホンネですよね!
どうしても独身の若い男の子と遊びたいなら、次の点に注意しましょう。

せめて「彼女持ちの男」にする

相手が結婚はしていなくても「他に本命の彼女がいる」という男性であれば幾分安心です。

もしくは、本命彼女はいなくても他にもガールフレンドがいて「あなたも彼のセフレの中のひとり」くらいの扱いでいてくれるなら良いでしょう。

男女が付き合う場合、いざこざが起きやすいのは両者のその恋に対する「熱量の差」があるから。自分の愛情の方が大きいと感じれば「嫉妬」するし、相手の愛情の方が大きいと感じれば「重荷」に感じます。

主婦のあなたが不倫する場合、「夫がいる」というあなたの立場とバランスを取るためには「他にも女がいる」独身男を選ぶようにしましょう。

数回の遊びで終わらせる

もちろん相手が「彼女持ちの独身クン」であっても、こちらに本気になられてしまう場合もあります。
「俺も彼女と別れるから、あなたも旦那と別れて」みたいな。

彼女と別れるのは簡単だろうけど、こちらが旦那と離婚するのは簡単ではありませんからね。「何バカなこと言ってるの」と一蹴したいところですが、そうなる前に手を打つ方が得策です。

独身クンと不倫する場合は、数回の遊びで終わらせるのがコツ。

もちろんこっちが彼にハマってしまう可能性もあるのですから。
「楽しいな、また会いたいな」くらいのドキドキがあなたに残っているくらいで終わらせるのがポイントです。

ドツボにハマってから別れる不倫ほど醜いものはありませんからね。

自分をうまくコントロールして「ちょっと惜しいけどバイバイ」が出来るかどうかが、あなたの不倫を「イイものにする」か「ドロ沼にする」かの分かれ道です。

「身軽」な独身男性は、あなたとの不倫に本気になって何をするかわからない怖さがある

W不倫が安心安全な理由

独身男との不倫は主婦にはデメリットが多いこと、わかっていただけましたでしょうか?

というわけで、やはり主婦が不倫するなら「W不倫」が基本です!
ここでは改めて「W不倫」が安心安全な理由をご紹介いたします。

既婚の相手がすぐに見つかる出会い系サイトPCMAXを徹底的に調べました。

リスクを共有できる

W不倫が安心なのは、やはり「リスクを共有できる」という点。
「バレたら困るけど不倫はしたい」という利害が一致しているから、付き合いがスムーズにいきます。

お互いに「家族に隠れて付き合う」のがどれだけ大変かわかっているから「今日は早く帰らないと」とか「来週は家族旅行だから連絡できない」などの状況も、相手に理解してもらいやすくなります。

また、不倫を楽しみつつも「家庭が一番大切である」という感覚も共有できますよね。
ひとたび不倫がバレれば家庭を失う危険がありますから、一時的な感情よりも「バレないことを最優先に」という冷静な判断ができるでしょう。

互いに「大切なもの(家庭)がある」という状態は、いろんな面でスムーズなのです。

対等な立場で付き合える

お互いに「夫がいる」「妻がいる」という対等な立場で付き合えるのも、W不倫が安心な理由です。

どちらか片方が独身だと「自分にはあなたしかいないのに…!」という激しい嫉妬が生まれやすいものですが、W不倫であればその心配がありません。また、相手に対して「自分は結婚していて申し訳ない」という罪悪感を感じる必要もありませんからね。

もちろん、立場が対等であっても多少の嫉妬は生まれることはあります。恋への熱量が2人とも完全に一致することなどありませんからね。

でも、たとえ嫉妬の感情が生まれても「立場が対等である」という点を思い出せば、気持ちの収めようがあるのです。
「相手が奥さんの元に帰る」ことを思えば切ない気持ちにもなるでしょうが、「私にだって帰れば待ってる人がいるもん」と思い直すことで、気持ちを立て直すことができるでしょう。

対等な立場で付き合えるW不倫なら、面倒な感情の起伏を抑えて気持ちよく付き合うことができるのです。

変な期待を持たれずに済む

暗黙の了解で「これは不倫だからいつか終わるもの」と互いに割り切ることができるのもW不倫が安心な理由のひとつです。
相手に「変な期待」を持たれずに済むんですね。

不倫がトラブルを生む一番の原因は「きちんと割り切りができないこと」です。
自分だけが本気になってしまい「相手の家庭を壊してやろう」という行動に出てしまったり…。これは不倫という関係をきちんと割り切れず、「自分だけを愛してくれるのではないか」という変な期待をしてしまうために起こる悲劇ですよね。

W不倫なら、相手にも家庭がありますのでそのような錯覚は起きにくいのです。

いくら相手からの愛情を感じても「まさか家庭を壊すことなどないだろう」と思えて変な期待を抱かずに済むから、トラブルが起きる心配も少ないでしょう。

「割り切り」を楽しめる

完全に「割り切り」だと承知して楽しめるのもW不倫が安心な理由です。

「割り切った関係」というと、どこかしら冷めた関係をイメージしてしまいがちですが、決してそうではありません。
お互いがきちんと割り切っているからこそ、不倫は最大限に楽しめるんです。

たとえば「愛のコトバ」。
相手とのセックスを楽しい時間にするために「もうあなたにしか抱かれたくない」とか「あなただけにしか、こんなことしないよ」など言ってしまうことがあるでしょう。

それは相手を喜ばせるためのリップサービスの場合もあるし、その場の雰囲気に盛り上がっちゃって思わず口から出てしまう、なんてこともあるハズ。
でも、もし相手がそれを本気で受け取ってしまうようだったら・・・面倒なことになりかねませんよね。そんな相手には、コトバも選んで発する必要が出てきます。

相手が本気にならないと割り切った関係だからこそ、敢えて「ちょっと大胆に」「刺激的なこと」も言えてしまいます。「今この時間を楽しむ」ためだけに、お互いが気持ちよくなれる「演出」ができちゃうんですね。

W不倫なら、お互いが完全に割り切りだと承知して付き合えるので、遠慮なく刺激的な不倫関係が楽しめるのです。

まとめ

ただえさえ忙しい主婦が不倫する場合、「面倒なこと」は極力回避すべきです。
そのためには「きちんと割り切れる相手」を選ぶのがポイント。
相手が独身男性の場合、立場の違いから割り切りが難しい場合があるので避けた方が無難なんですね。

家庭だってストレスいっぱいなのに、不倫にまでストレスを感じたくありませんからね!

ドロ沼化してから後悔しないよう、お相手選びはちゃっかり冷静に行いましょうね


よく効く増大サプリを本物の口コミから徹底検証

ペニス増大トレーニング方法生の口コミ体験談を基に責任を持って監修する「増大サプリおすすめランキング」大公開!モテる男は知っている本当に実力のあるペニス増大サプリを余すこと無くご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です